ByAOMEI / 最後の更新日時 2019年07月01日

AOMEI Partition AssistantでWindows 7/8/10の未割り当て領域と結合 するによりCドライブまたは他のドライブを拡張して一番簡単な方法

いつ未割り当て領域を割り当ててドライブを拡張しますか。

未割り当て領域とはHDD上の未使用状態の空き容量であるので、それの存在はある程度のHDDの容量の無駄です。未割り当て領域があった原因は多いです。Windowsで検索ボックスにdiskmgmt.mscを入力して「ディスクの管理」ツールを開いて未割り当て領域の存在を確認できます。未割り当て領域はよくディスク上のパーティションの最後にあります。

セクタ単位のコピーでHDDをより大きなHDDへクローンすると、クローンした後の未割り当て領域が出るかもしれません。既存のHDDの状況をそっくり複製するので、クローン先のHDDの容量のあまりが未割り当て領域になります。もう一つの場合は2TB越えのHDDをMBRパーティションタイプに分割します。MBRは2TB以上のHDDを対応していないので、MBRをGPTへ変換しないと未割り当て領域をWindowsで直接に管理できません。どんな原因で未割り当て領域があっても、Windowsで未割り当て領域を割り当てる方法を見つめるべきです。

Windows 7で未割り当て領域を割り当てます

Windowsのディスクの管理ツールを使って割り当てたいのですか?確かに良い方法ですね。まず、上に言ったように、ディスクの管理を実行して、未割り当て領域の隣のパーティションを右クリックします。ボリュームを拡張を選択してパーティションを大きくさせます。

Extend Volume

簡単な方法なのにちょっと前提があるが、未割り当て領域は拡張しようとするパーティションと隣接しないと移行できません。でなければ、パーティションを拡張の選択肢はグレーでクリックできません。複数の未割り当て領域がバラバラでパーティションと隣接していない時は、どうやって一つのパーティションに結合 しますか。こういうときは強力な第三者ソフトウェアAOMEI Partition Assistant Professionalの出番です。

AOMEI Partition Assistantは頼もしいパーティションソフトウェアです。Windowsで未割り当て領域を使ってパーティションを拡張するのはすごく簡単になります。ユーザーフレンドリーのUIで分かりやすいウィザードにくりっくだけで全ての未割り当て領域を一回でパーティションと結合 できます。

AOMEI Partition Assistantで未割り当て領域をパーティションと結合する方法

1. AOMEI Partition Assistantをインストールして開きます。拡張したいパーティションを右クリックして[「パーティションを結合」を選択し、ここはCドライブを例に取ります。

Merge Partitions

2. 結合したい全ての未割り当て領域をチェックして「はい」をクリックします。

Select unallocated space

3. 仮想結果が出ています。適用をクリックして実行します。

Apply

Windows 7または他のバージョンのOSで、未割り当て領域を割り当てて使うのは超簡単です。AOMEI Partition Assistantは他の色々な機能が入っています。例えば、2つのパーティションを結合してパーティションを大きくして、Windows 10の場合はWindows 10を外付けHDDにインストールできます。最も利便なのは、SSDにアップグレードする時にOSをSSDへ移行する機能です。