By Asher / 最後の更新 2022年04月19日

ファイルシステムFAT32とNTFSについてのこと

ファイルシステムは、OSがファイルを管理する仕組みのことです。ディスク上のファイルの配置やファイルへのアクセスなどの機能を持っています。採用されているファイルシステムはOSによって異なります。ファイルシステムとして、WindowsのFATやNTFS、Mac OSのHFS+などがあります。

FAT32とは、Windowsで採用されているファイルシステムであるFAT(File Allocation Table)のひとつで、テーブル長が32ビット値のクラスタ識別子で管理される方式のことです。FAT32は、Windows 95のOSR2(OEM Service Pack 2)から採用されました。FAT16の後継であるが、領域の使用効率が高くなっているのが特徴です。最大2TB(2048GB)までの領域を管理することができ、最大2GBまでのファイルをサポートしています。FAT32は、Windows Me、Windows 2000、Windows XPなどでサポートされています。

NTFSとは、Windows NT、Windows 2000、またはWindows XPで、ハードディスクやフロッピーディスクにファイルやデータを保存するときに使われる仕組みのひとつです。NTFSは、FATに比べて信頼性が高いファイルシステムです。具体的には、ハードディスクにどんなデータを書き込んだか自動的に記録が残るため、トラブルが起きても元に戻せる可能性が高いことです。また、ファイルやフォルダに対して、ユーザーごとにアクセス権を設定することも可能です。

FAT32とNTFS

なぜWindows 11/10でUSBをFAT32からNTFSに変換するか?

USBフラッシュドライブの既定のファイルシステムはFAT32です。しかし、場合によっては、USBをNTFSにフォーマットする必要があります。実は、USBドライブをFAT32ファイルシステムからNTFSファイルシステムに変更する主な理由は、最大ファイルサイズ4GB、パーティション容量2TBの制限を回避することです。ご存知かもしれませんが、FAT32は1996年にリリースされ、ファイルの保存や検索方法を記述します。

ただし、古いファイルシステムであるため、FAT32は4GBを超えるファイルをサポートしていません。つまり、多くの映画、生写真、高品質の音楽を保存できない場合があります。また、2TBを超えるパーティションを読み取ることはできません。幸い、新しいテクニカルファイルシステム(NTFS)はFAT32を改良しています。NTFSの主な機能と利点を知ることができます。

より大きなパーティションサイズ:NTFS USBドライブの最大パーティションサイズは16TBに達する可能性があり、これはFAT32ファイルシステムよりもはるかに大きいです。

シャドウコピー:これにより、特定の時点におけるファイルの複製を自動的に作成し、専用の領域に保管して、追加のスペースを占有することなくなります。ファイルにエラーが追加された場合は、以前のバージョンに戻すことができます。

より高いセキュリティ:それはファイルとフォルダを暗号化して高いデータセキュリティを保証します。

パーティション、フォルダ、およびファイルの圧縮:この機能により、USBスペースを最大限に活用できます。

自己回復:システム障害が発生した場合、NTFSファイルシステムは使用を中断することなく、自らその障害を検出して修復できます。

NTFSはこれらの機能を提供し、FAT32のサイズ制限を破るからです。多くの人がUSBフラッシュドライブをFAT32ファイルシステムからNTFSに変更したいと思っているのは当然のことです。次に、これを行う方法を示します。

USBをFAT32からNTFSに変換する3つの方法

一般的に、これを行うのに役立つ3つの異なるユーティリティがあります。それは、Windows 11/10組み込みツールであるディスクの管理とDiskpart、第三者のパーティションソフトです。必要に応じて適切な方法を選択してください。

方法1:ディスクの管理でUSBをFAT32からNTFSにフォーマットする

ヒント:この方法では、USBフラッシュドライブがフォーマットされ、その中のすべてのデータが削除されるので、事前にUSB上のデータをバックアップするか、この方法をスキップして方法3に進んでください。

ステップ 1. 「Windows+R」を押して、実行ボックスに「diskmgmt.msc」と入力してEnterキーを押してディスクの管理を開きます。

ステップ 2. 変更するパーティションを右クリックして、「フォーマット」を選択します。

フォーマットをクリック

ステップ 3. ボリュームラベルを指定し、NTFSファイルシステムを選択し、アロケーションユニットサイズをデフォルトにし、「クイックフォーマットする」をオンにします。次に、「OK」をクリックします。

パーティションをフォーマット

方法2:コマンドプロンプトでUSBをFAT32からNTFSにフォーマットする

ステップ 1. 「Windows+R」を同時に押し、「diskpart」と入力して、「Enter」を押して、コマンドプロンプトウィンドウを開きます。

ステップ 2. コマンドプロンプトで、「convert drive: /fs:ntfs」と入力します。

たとえば、パーティションDをNTFSファイルシステムに変更する場合は、「convert d: /fs:ntfs」と入力するだけです。

パーティションDをNTFSファイルシステムに変更

ステップ 3. プロセスが完了したら、exitと入力してこのウィンドウを閉じます。次に、ディスクの管理を開いて、変更されているかどうかを確認できます。

ただし、ディスク容量が不足しているなどの要因により、変換が失敗する場合があります。または、一部のPCではコマンドを使用できません。その他、この方法では、NTFSファイルシステムをFAT32に戻すことはできません。

方法3:データを失うことなくUSBをFAT32からNTFSにフォーマットする

実際には、上記の2つの方法がすべての場合に機能するとは限りません。ディスクの管理では、USBドライブをNTFSファイルシステムに変換できない場合があり、変換後にすべての重要なデータを失う可能性があります。

より簡単にフォーマットせずにFAT32をNTFSに変更したい場合、この強力なツールであるAOMEI Partition Assistant Professionalを使用できます。このツールは、ユーザーフレンドリーなグラフィックインターフェースを備えていて、簡単に操作することができます。データを失うことなくFAT32をNTFSに変換するだけでなく、データを失うことなくNTFSをFAT32に戻すこともできます。

ダウンロードボタンをクリックしてデモ版を試してください。

Proのデモ版 Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ快適
注:デモ版は動作確認の目的でのみ使用されます。つまり、デモでは、すべての機能をプレビュー、すべての操作をシミュレートすることしかできません。

ステップ 1. AOMEI Partition Assistant Proをダウンロードし、インストールし、起動します。NTFSに変更するパーティションを右クリックし、「詳細処理」>「NTFSパーティションに変換」をクリックします。

詳細処理

ステップ 2. ポップアップウィンドウで「NTFSに変換」操作を確認し、「はい」をクリックします。

Convert to NTFS

ステップ 3. 「適用」をクリックして、変換の実行を開始します。

適用

これで、USBドライブがNTFSファイルシステムに変更されました。

または、ステップ1で左のパネルにある「NTFS to FAT32変換器」をクリックし、「FAT32 to NTFS」を選択し、「次へ」をクリックします。そして、変換するパーティションを見つけて、「次へ」をクリックします。最後に、「続行」をクリックして操作を開始します。この機能も、USBメモリのファイルシステムをFAT32からNTFSに変換できます。

NTFS to FAT32変換器

結論

USBのファイルシステムをFAT32からNTFSに変換する方法は以上です。これらの方法がお役に立てば幸いです。USBスティックが空であるか、重要なデータがない場合は、方法1を使用することは問題がありません。コマンドラインに習熟している場合は、方法2を選択できます。データを失うことなくより簡単にUSBドライブをFAT32からNTFSに変換する場合は、方法3を強くお勧めします。

実際、AOMEI Partition Assistant Proには、MBRとGPTの間でドライブを変換し、ディスクをクローンし、2つのパーティション間でアプリを移行するなど他にも多くの機能があります。

Windows Serverシステム用に特別に設計されたAOMEI Partition Assistant Server版もあります。サーバー内のファイルシステムを変換する必要がある場合は、このバージョンを使用できます。