By Asher / 最後の更新 2021年11月10日

GPTパーティションスタイルとは?

現在、MicrosoftはWindows 10からWindows 11にアップグレードして正常に実行するには、UEFIが必要だと発表しました。したがって、Windows 11システムを体験したいユーザーはGPTパーティションスタイルを選択する必要があります。GPTパーティションスタイルとは何ですか?周知のとおり、一般的にハードディスクを使用する前に、パーティションを分割する必要があることがわかっています。MBR(マスターブートレコード)とGPT(GUIDパーティション対応)は、ハードディスクの2種類のパーティションスタイルです。

MBRは、ディスクパーティションを管理するための従来のパーティション構造であり、ほとんどのシステムと互換性があります。標準のBIOSブートモードを使用するため、したがって、MBRにBIOSブートモードをサポートするシステムをインストールする必要があります。GPTは、MBRに徐々に取って代わっている新しい標準です。GPTディスクはUEFIパーティションテーブルを使用するため、UEFIブートモードをサポートするシステムをインストールする必要があります。

MBRとGPTの詳細については、「MBRとGPTの違い:どちらがあなたに適する?」を参照してください。

GPTパーティションスタイルをMBRに変更する理由

GPTパーティションスタイルをMBRに変換する必要がある最も重要な理由の1つは、BIOS対応のWindowsシステムをGPTディスクにインストールしようとしますが、失敗しました。「このディスクにWindowsをインストールすることはできません。選択されたディスクはGPTのパーティションの形式ではありません。」というエラーが表示される場合があります。

GPTのパーティションスの形式ではありません

このエラーメッセージは、コンピュータがレガシBIOSモードで起動するように設定されていますが、OSをインストールするために選択したハードディスクがGPTパーティションスタイルであることを示しています。レガシBIOSは最新のGPTパーティションスタイルをサポートしていないため、レガシBIOSでは、オペレーティングシステムはMBRディスクにのみインストールできます。したがって、このエラーを修正するには、GPTパーティションスタイルをMBRに変更する必要があります。

提示:マザーボードがLegacy+UEFI/CMSブートをサポートしている場合は、UEFIブートモードを有効にしてBIOSでこのエラーを修正できます。
1. コンピュータを再起動し、ファンクションキー(Esc、Delete、F1、F2、F10、F11、またはF12)を押し続け、BIOSに入ります。
2. キーボードの矢印キーを使用して「ブート」タブを見つけ、「UEFI/BIOSブートモード」>「UEFI」を選択して、Enterを押します。

BIOSでGPTパーティションスタイルをMBRに変更する方法

BIOSでGPTパーティションスタイルをMBRに変換してWindowsを正常にインストールし続けるには、2つの方法があります。1つはWindowsの組み込みツールDiskPart.exeを使用する方法で、もう1つはサードパーティソフトウェアを使用する方法です。

方法1:DiskPart.exeツールを使用する(データ損失)

この方法では、GPTをMBRに変更する前にハードドライブを消去するため、すべてのデータを事前にバックアップする必要があります。

手順 1. エラーメッセージが表示されたら、「Shift+F10」を押してコマンドプロンプトウィンドウを開きます。これが機能しない場合は、インストールの最初の画面に戻り、「Shift+F10」を押します。

手順 2. コマンドプロンプトに「Diskpart」と入力し、「Enter」を押してDiskPartツールを開きます。

手順 3. 次のコマンドを順番に入力し、各コマンドの後にEnterキーを押します。

list disk:コンピュータに接続されているすべてのディスクを一覧表示します。

select disk #:「#」はGPTディスクの番号です。

clean:選択したディスクからすべてのパーティションとデータを削除します。

convert mbr:GPTパーティションスタイルをMBRに変更します。

コマンド

手順4.「DiskPartは選択されたディスクをMBRフォーマットに正常に変換しました」と表示されたら、「exit」と入力し、Enterキーを押してコマンドプロンプトを閉じます。

その後、Windowsのインストールを続行できます。インストールの種類を選択するときは、「カスタム」を選択してください。ハードディスクは、1つの未割り当て領域として表示されます。それを選択し、「次へ」をクリックします。Windowsのインストールが開始されます。

ヒント:ハードディスクのすべての領域をシステムパーティションとして作成したくない場合は、Windowsのインストール後に、データを失うことなくパーティションサイズを変更できます。

方法2:AOMEI Partition Assistantを使用する(データ損失なし)

DiskPart.exeを使用してBIOSでGPTパーティションスタイルをMBRに変更するとデータが失われるため、ここではAOMEI Partition Assistant Professionalと呼ばれる優れたディスクマネージャーを共有します。これにより、パーティションを含むハードディスクをGPTからMBRに変換したり、Windows11/10/8/7およびWindowsXP/VistaでMBRをGPTパーティションスタイルに変更したりすることができます。つまり、変換前にパーティションを削除する必要はなく、データが失われるリスクを負う必要もありません。

ただし、制御できない問題や不適切な操作によって変換中に重要なデータが損傷した場合に備えて、ディスクをバックアップすることをお勧めします。

まず、無料のデモ版をダウンロードして体験してください。

Proのデモ版 Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速
動作確認の目的でのみ使用される

第一部分:起動可能なUSBドライブを作成する

注意:Windows PEブータブルUSBを作成するためにUSBメモリをフォーマットする必要があります。USBのすべてのデータが削除されるので、重要なデータがあれば、事前にバックアップを作成しておいてください。

手順 1. AOMEI Partition Assistant Proを起動して、空のUSBを動作中のコンピュータに挿入し、「ブータブルCD/USBを作成」をクリックし、ポップアップウィンドウで「次へ」をクリックします。

ブータブルCD/USBを作成

手順 2. USBドライブを選択し、「続行」をクリックします。

USBブートデバイスを選択

手順 3. プロセスが完了するのを待ちます。

はい

手順 4. 次に、USBを安全に取り外し、ディスクをGPTに変更する予定のコンピュータに挿入します。BIOSに入り、起動順位を変更し、起動可能なUSBデバイスからコンピュータを起動します。

起動順位を変更

手順 5. ログイン後、AOMEI Partition Assistantが自動的に実行されています。

第二部分:データを失うことなくGPTパーティションスタイルをMBRに変更する

これで、以下の手順に従って、内部データを安全に保ちながらGPTディスクをMBRに変換できます。

手順 1. まず、AOMEI Partition Assistantをダウンロード、インストール、起動します。GPTディスクを右クリックし、「MBRディスクに変換」を選択します。

MBRディスクに変換

手順 2. 次に「はい」をクリックし続行します。

GPTディスクからMBRディスクに変換するかどうか

手順 3. その後、メインインターフェイスの「適用」をクリックします。

適用

付き物:GPTディスクにインストールできるOS

GPTパーティションスタイルをMBRに変更すると、OSのインストール中に「選択されたディスクはGPTのパーティションの形式ではありません。」というエラーメッセージを取り除くのに役立ちます。ただし、将来この問題を回避するために、GPTディスクにインストールして正常に起動できるOSを知りたい場合があります。

1. Windows Vista 32ビット、Windows XP 32ビット、およびWindows 2000、Windows MS-DOS/NT、Windows95/98などの以前のOSは、GPTディスクから起動できません。

2. Windows XP 64ビットシステムでは、データディスクはGPTフォーマットを実行できますが、システムディスクはGPTフォーマットを実行できません。

3. Windows Vista/XP/7/8/8.1/10/11、Windows Server 2003/2008/2012/2016/2019/2022のすべてのバージョンは、GPTディスクを使用してデータを保存できます。ただし、GPTディスクにインストールして起動できるのは64ビットバージョンのUEFI対応のシステムのみです。

OS

データアクセス

システムブート

Windows XP 32-bit

GPTをサポートしません

GPTをサポートしません

Windows XP 64-bit

GPTをサポートします

GPTをサポートしません

Windows Vista 32-bit

GPTをサポートします

GPTをサポートしません

Windows Vista 64-bit

GPTをサポートします

GPTをサポートします(UEFIが必要)

Windows 7 32-bit

GPTをサポートします

GPTをサポートしません

Windows 7 64-bit

GPTをサポートします

GPTをサポートします(UEFIが必要)

Windows 8 32-bit

GPTをサポートします

GPTをサポートしません

Windows 8 64-bit

GPTをサポートします

GPTをサポートします(UEFIが必要)

Windows 10 32-bit

GPTをサポートします

GPTをサポートしません

Windows 10 64-bit

GPTをサポートします

GPTをサポートします(UEFIが必要)

Windows 11 64-bit

GPTをサポートします

GPTをサポートします(UEFIが必要)

まとめ

これは、BIOSでGPTパーティションスタイルをMBRに変更する2つの方法です。データを失うことなくGPTをMBRに変更する場合は、AOMEI Partition Assistant Proを選択します。また、データを失うことなくMBRからGPTへの変換をサポートします。

もし、この記事が役立つなら、友達や家族と共有しましょう!また、何か質問や提案がある場合は、以下のコメント欄に入力するか、または[email protected]までご連絡ください。よろしくお願いします。

AOMEI Partition Assistantそのほかのバージョン

Windows Server 2003、2008(R2)、2011、2012(R2)、2016、2019、2022のユーザーの場合、AOMEI Partition Assistant Server版を使用してください。また、社内の台数無制限のPC&Serverで利用可能なAOMEI Partition Assistant Unlimited版もあります。
更に、AOMEI Partition Assistant Technician版を購入するIT専門家、システム管理者、技術者はクライアントに技術サポートを有償サービスとして提供することができます。ニーズに応じて適切なバージョンを選択しましょう~(●'◡'●)