By三浦大和 / 最後の更新日時 2020年08月21日

理由:NTFSをFAT32に変換

NTFSとFAT32の両方のファイルシステムを知っている人が多いですし、高度なセキュリティ機能、圧縮機能や優れた性能により、FAT32からNTFSに変換する人も多いです。それでも、コマンドプロンプトでNTFSからFAT32に変換する方法を知りたい人もいます。では、NTFSをFAT32に変換する理由、とその利点は何ですか?

FAT32、NTFSには、それぞれ長所と短所があります。NTFSと比較して、FAT32ファイルシステムには、多くのシステムと互換性があるという利点があります。例えば、Windowsの大体のバージョン(32ビットと64ビットの両方)、Mac、Linux、ゲーム機やUSBポートを備えたデバイスをサポートしています。だから、データを失うことなくNTFSをFAT32に変換する方法を知りたいと思っているMacユーザ、Linuxユーザまたはゲーム愛好家がいます。

コマンドを使ってNTFSからFAT32に変換

Windows 7/8/10/XP/Vitsaなどのパソコンにディスクやパーティションの問題が発生しましたら、コマンド(CMD)に助けを求めてくる人が多いです。ただし、フォーマットなしやデータ損失なしでNTFSをFAT32に変換する場合、「NTFSドライブにCONVERTは使用できません」というメッセージが表示され、コマンドが正しく機能しません。

NTFSドライブにCONVERTは使用できません

そのパーティションのすべてのデータが失われても構わない場合は、CMD-Diskpartを使用してFAT32ファイルシステムでフォーマットできます。詳細は以下の通りです(必要に応じてボリュームを選ぶ):

DiskpartでNTFSをFAT32にフォーマット

上記の手順を実行すると、NTFSからFAT32へのフォーマットが正常に完了できます。ですが、もう一つ問題があります:事前にパーティションのデータをバックアップしないと、すべての操作が完了した後にデータが失われます。これから見れば、コマンドを使ってNTFSをFAT32に変換するのは最もいい選択だと考えられません。これから、データ損失なしやフォーマットなしでNTFSをFAT32に変換する方法を紹介します。

データ損失なしやフォーマットなしでNTFSをFAT32に変換

一部のユーザは、Windows 7/8/10でNTFSをFAT32に変換しようとしていますが、データ損失なしやフォーマットなしでNTFSをFAT32に変換方法を知りません。それ以外、変換操作を1回または2回だけ行うので、ソフトウェアの購入にお金を費やしたくないと言うユーザーもいます。ユーザーのニーズに応えるために、こちらからデータ損失なしやフォーマットなしでNTFSをFAT32に変換する用の専門ソフトをお勧めします。

AOMEI Partition Assistant Professionalは、Windowsユーザー向けディスクやパーティションの問題を解決する用の専門ソフトです。パラメータの入力は必要なく、数回クリックだけでNTFSからFAT32への変換が済み、コマンドより便利になります。操作しやすいですので、初心者にも適用します。

NTFSからFAT32へ変換する前に、デモ版を事前に無料でダウンロードして試して、動作を確認できます。

ステップ 1. AOMEI Partition Assistantのインターフェースでは「NTFS to FAT32変換器」を選びます。

NTFS to FAT32変換器

ステップ 2. 次の画面が表示されます。「NTFS to FAT32」を選択し、「次へ」をクリックします。

NTFS to FAT32

    注意:この機能はNTFSとFAT32の変換を実行するように設計されたモノですので、NTFSをFAT32に変換、FAT32をNTFSに変換をサポートします。


ステップ 3.
NTFSパーティションを選択し、「次へ」をクリックします。

NTFSパーティションを選択

ステップ 4. 保留中の操作を確認し、問題なければ、「続行」をクリックし、操作を実行します。

続行

概要

コマンド(CMD)を使用してNTFSをFAT32に変換する方法があるか知りたいユーザが多いですが、実際には、これはWindowsでは無理です。ここではNTFSをFAT32に変換する為の専門ソフトを紹介します。

より高度な機能を楽しむようにAOMEI Partition Assistant Professionalにアップグレードしてください。

その他の問題を解決する場合、右欄の「人気記事」をご参照ください。もしより多くのディスクパーティション問題の解決方法を知りたいなら、一番上の「三浦大和」をクリックし、百篇以上の文章を参照することができます。

読者様は自分の詳細な状況に応じてその対処法を選んでよろしいと思います。ご参考になれば、幸いです。もしご不明な点などがありましたら、遠慮なくご質問ください。弊社のメールは:[email protected]。ここまでありがとうございました。