ByAOMEI / 最後の更新日時 2020年08月05日

この記事では、未割り当て領域を作成する方法、及び未割り当て領域の作成によってパーティションの容量不足を解消する方法を紹介します。ここでCドライブを例として説明しますが、他にパーティションにも適用です。

未割り当て領域とは

パソコンの使用と共に、PCの動作が遅くなったり、コマンドに迅速反応できなくなったり、画面が灰色になってまったく機能しなくなったりすることがあります。システムパーティション容量の不足は上記の問題に繋がる可能性があります。

システムパーティションの容量(通常はドライブC、つまりシステムがインストールされている場所)が不足しているかどうかを確認するために、ディスクパーティションは赤くなるかを見てみることができます。勿論、ただCドライブを拡張したいのもいいと思います。

容量不足なら、Cドライブに未割り当て領域を追加することでパーティションを拡張できます。ただし、その前に未割り当て領域が必要です。

未割り当て領域とは、パーティションが割り当てられていない領域のことです。主に「ディスクの管理」において、「未割り当て」の領域として表示されます。データを保存するために、この領域はパーティションの状態にならなければなりません。つまり、この領域でパーティションを作成するとか、この領域を他のパーティションに追加することです。未割り当て領域は次の図のディスク0の赤い部分で、他のはパーティションです。

未割り当て領域

次は未割り当て領域の作成方法、と領域でCドライブ容量不足を解決する方法を詳しく紹介します。

[ディスクの管理]で未割り当て領域を作成

Windows内蔵ツール[ディスクの管理]では、未割り当て領域を作成できます。2つの方法があり、1つはパーティションを縮小することで、もう一つはパーティションを削除することです。

方法1:パーティションを縮小

1. 縮小したいパーティション(ここではI:ドライブ)を右クリックし、[ボリュームの縮小]をクリックします。

ボリュームの縮小

2. 縮小する領域のサイズ値を入力します。

縮小する領サイズ値を入力

3. これで未割り当て領域ができました。

未割り当て領域ができました

ご覧のとおり、I:ドライブの後ろに未割り当て領域が作成されていますが、そのまま未割り当て領域を使用してCドライブを拡張することができません。なぜなら、[ディスクの管理]では、その未割り当て領域は拡張したいパーティション(ここはCドライブ)の右側に隣接している場合は有効だからです。

隣接していないパーティションを結合するには、二つの方法があります。一つは[ディスクの管理]でCドライブの後ろのパーティションを削除して未割り当て領域を作成します。次の方法2通りです。

データがその同時に削除されますから、操作前にバックアップすることをお勧めします。

もう一つは、ディスクパーティション管理ソフトーーAOMEI Partition Assistantなどのようソフトを使用して、データを安全状態に維持しながら、パーティションの容量を増やすことです。この方法も紹介されます。では、次へ進みます。

方法2:パーティションを削除

1. I:ドライブを右クリックし、[ボリュームの削除]を選択します。

ボリュームの削除

2. 未割り当て領域が作成されました。その後、C:ドライブを右クリックして[ボリュームの拡張]をクリックします。手順に従い、操作を完了します。

未割り当て領域が作成されました

パーティションのデータを失いたくなく、バックアップも面倒だと思うなら、次の方法で操作します。

データ安全状態でHDD未割り当て領域を作成~!

AOMEI Partition Assistantは専門的なディスクパーティションマネージャです。パーティションのサイズ変更/移動、結語、分割、コピー、作成、削除、フォーマット、パーティションの削除のような基本機能だけでなく、ブータブルCD/USBの作成、NTFSとFAT32を変換、Windows To Goを作成、空き容量などを割り当てるなどのような高度な機能もサポートします。ここで、[空き領域を割り当てる]機能でC:ドライブのいっぱいになったことを解消します。

1. まず、AOMEI Partition Assistant Proの体験版を無料ダウンロード、インストール、起動します。

2. I:ドライブを右クリックし、[空き容量を割り当てる]を選択します。

空き容量を割り当てる

3. この画面で、割り当てる空き領域のサイズを設定し、空き領域を追加するパーティション先を指定します。ここはドライブCです。

パーティション先を指定

4. 結果のプレビューが表示されます。[適用]をクリックします。少々お待ちください。これで、我々のCドライブまたは他のパーティション(もし他のパーティションはターゲットパーティションなら)の容量が増やします。

パーティションを拡張

このツールは上記の[ディスクの管理]の[ボリュームの削除]、[ボリュームの拡張]と同じ機能もサポートします。つまり、[パーティションを拡張]、[パーティションを削除]。その他に、この未割り当て領域領域を使用して、パーティションを作成することもできます。

もし、読者様はただ未割り当て領域を作成、および領域でパーティションを作成するなら、[ディスクの管理]はもう十分だと思います。もし、領域を他の拡張したいパーティションに追加するなら、データ安全、効率よく操作のために、このAOMEI Partition Assistantはいい選択だと思います。

このツールでは殆どのディスクパーティション問題を解決できます。例えば、

SSDの完全消去(パフォーマンスの向上、ディスクの転売など)、MBRの修復(起動 エラー)、高速分割(一つパーティションを複数に分割)、パーティションを割り当てる(Cドライ ブの拡張など)、ブータブルCD/USBを作成(どこでも自分のシステムを使用)、OSをSSD/HDDに移行など(ディスク換装、データ移行)など。詳細はこちらへ

とにかく、日常生活と仕事中にパソコンをよく使う読者様、またはパソコンの知識をよく分からない読者様にとっては、お勧めします