By Jun / 最後の更新 2021年07月20日

未割り当て領域とは

パソコンの使用と共に、PCの動作が遅くなったり、コマンドに迅速反応できなくなったり、画面が灰色になってまったく機能しなくなったりすることがあります。システムパーティション容量の不足は上記の問題に繋がる可能性があります。

システムパーティションの容量(通常はドライブC、つまりシステムがインストールされている場所)が不足しているかどうかを確認することには、ディスクパーティションは赤くなっているかどうかで判断します。

容量不足の場合は、Cドライブに未割り当て領域を追加することで、パーティションを拡張できます。ただし、その前に未割り当て領域が必要です。

未割り当て領域とは、パーティションが割り当てられていない領域のことです。主に「ディスクの管理」において、「未割り当て」の領域として表示されます。この領域でパーティションを作成するとか、この領域を他のパーティションに追加することが必要になります。次の図のように、赤い枠で囲んでいるのは未割り当て領域です、その他の部分は普通のパーティションです。

未割り当て領域

次は未割り当て領域の作成方法とCドライブ容量不足の解決する方法を詳しく紹介します。

「ディスクの管理」で未割り当て領域を作成する

Windows内蔵ツール「ディスクの管理」では、未割り当て領域を作成できます。2つの方法があり、一つはパーティションを縮小します。もう一つはパーティションを削除します。

方法1:パーティションを縮小する

1. 「スタート」をクリックし、アプリの一覧を表示します。「W」欄の「Windows管理ツール」をクリックして、「コンピューターの管理」をクリックします。

コンピューターの管理

2. 「コンピューターの管理」が表示されます。画面左側の「記憶域」をクリックし、表示された一覧から「ディスクの管理」をクリックします。

ディスクの管理

3. 縮小したいパーティション(ここではCドライブ)を右クリックし、「ボリュームの縮小」をクリックします。

縮小

4. 縮小する領域のサイズ値を入力します。

サイズ

5. 「ディスクの管理」画面に戻ったら、「未割り当て」の領域が表示されていることを確認します。

未割り当て

方法2:パーティションを削除する

1.「ディスクの管理」画面で削除したいドライブを右クリックし、「ボリュームの削除」を選択します。

削除

2. 「シンプル ボリュームの削除」が表示されたら、表示される内容をよく確認し、続行する場合は「はい」をクリックします。

はい

3. ドライブが削除され、未割り当て領域になりました。

完了

データ安全状態でCドライブの容量不足を解決する

AOMEI Partition Assistant Professionalは専門的なディスクパーティションマネージャです。パーティションのサイズ変更/移動、結合、分割、コピー、作成、削除、フォーマットのような基本機能だけでなく、ブータブルCD/USBの作成、NTFSとFAT32の変換、Windows To Goの作成、空き容量などを割り当てるのような高度な機能もサポートします。ここで、「空き領域を割り当てる」機能でCドライブのいっぱいになったことを解消します。

方法1.空き領域を割り当ててCドライブに追加する

1. まず、AOMEI Partition Assistant Proの体験版をインストールし、起動します。

Proの無料体験版 Win 10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速

2. 空き容量があるドライブを右クリックし、「空き領域を割り当てる」を選択します。

空き容量を割り当てる

3. この画面で、割り当てる空き領域のサイズを設定し、空き領域を追加するパーティション先を指定します。(ここはCドライブにします)

パーティション先を指定

4. 結果のプレビューが表示されます。「適用」をクリックします。

パーティションを拡張

方法2.アプリ引っ越しでCドライブの容量を増やす

1. AOMEI Partition Assistantをインストールして起動します。「全てのツール」⇒「アプリ引っ越し」をクリックします。

アプリ引っ越し

2. Cドライブを選択して、「次へ」をクリックします。

 Cドライブを選択し

3. 移動したいアプリにチェックを入れ、移動先ドライブを選択して「次へ」をクリックします。

チャックを入れ

4. 移行中に実行中のアプリを強制終了するという警告メッセージが表示されます。問題なければ「OK」をクリックして操作を実行します。

OK

5. タスクを完了したら、「完了」をクリックしてください。

完了

結語

このツールは「ディスクの管理」の「ボリュームの削除」、「ボリュームの拡張」と同じ機能があります。つまり、「パーティションを拡張」や「パーティションを削除」はできます。その他に、この未割り当て領域領域を使用して、パーティションを作成することもできます。

ただ未割り当て領域の作成および領域でパーティションを作成するなら、PCの「ディスクの管理」機能は十分だと思いますが、領域を他のパーティションに追加したい場合は、データ安全かつ効率よく操作のために、AOMEI Partition Assistant Professionalはお勧めです。

また、その他の使えやすい機能があります。

例えば:SSDの完全消去(パフォーマンスの向上、ディスクの転売など)、MBRの修復(起動エラー)、高速分割(一つパーティションを複数に分割)、パーティションを割り当てる(Cドライ ブの拡張)、ブータブルCD/USBを作成(どこでも自分のシステムを使用)、OSをSSD/HDDに移行(ディスク換装、データ移行)など。詳細はこちら

AOMEI Partition Assistantそのほかのバージョン:Windows Server 2003、2008(R2)、2011、2012(R2)、2016、2019のユーザーの場合、AOMEI Partition Assistant Server版を使用してください。また、社内の台数無制限のPC&Serverで利用可能なAOMEI Partition Assistant Unlimited版もあります。更に、AOMEI Partition Assistant Technician版を購入するIT専門家、システム管理者、技術者はクライアントに技術サポートを有償サービスとして提供することができます。ニーズに応じて適切なバージョンを選択しましょう~ ▶AOMEI Partition Assistant異なるバージョンの比較