By Asher / 最後の更新 2022年05月19日

USBメモリが壊れている

こんにちは。このUSBフラッシュドライブをコンピュータに接続すると、コンピュータにドライブとして表示されるまでに長い時間がかかります。リムーバブルストレージとして表示される場合は、アクセスできません。何をしてもコンピュータファイルがフリーズし、応答が停止し、アクセスしようとしたプログラムも最終的にフリーズするためです。時には、「ドライブXのディスクはフォーマットされていません」というメッセージが表示されることもあります。壊れていますか?もしそうなら、データを失いたくなくて、フォーマットせずに壊れたフラッシュドライブを修復する方法を誰かに教えてもらえますか?ありがとうございます。

- あるユーザーからの質問

ディスクはフォーマットされていません

USBフラッシュドライブが破損または損傷している場合、動作を停止したり、読み取れなくなったり、認識されなかったりします。その場合、USBフラッシュドライブ内のファイルにアクセスできなくなり、さまざまなエラーメッセージに悩まされることになります。例えば、「X:¥にアクセスできません。アクセスが拒否されました。」「X:¥にアクセスできません。ファイルまたはディレクトリが壊れているため、読み取ることができません。」「リムーバブルディスクにディスクを挿入してください。」など。

読み取ることができません

USBメモリが壊れたのはなぜか?

USBフラッシュドライブが正常に動作しない問題を効果的に解決するために、損傷の原因をよりよく理解することをお勧めします。主な理由を知ることは、将来のフラッシュドライブの損傷を防ぐのに役立ちます。

1.USBメモリへの電源供給不足

USBメモリは、コンピュータからUSB経由で電力を受け取ることで動作します。ただし、USBハブを介して他のデバイスと一緒に使用すると、供給できる電力量が分散し、「ハブポートの電力の限界を超えました」や「USBハブの電力が足りません」などのメッセージが表示される場合があります。この場合、USBハブを経由しないで、コンピュータのUSBに直接接続します。

2.USB端子の接触不良

長期間使用すると、コンピュータのUSB端子との接触が悪くなる場合があります。接触不良は、USB端子が破損しているか、端子が汚れている場合があります。

USBメモリの抜き差しを繰り返すため、USB端子は劣化や破損が発生しやすくなります。メモリ側またはPC側で発生する可能性があります。

USBは持ち運びに便利だが、ホコリが入りやすく、端子が汚れやすく、電源が入りにくいです。また、パソコン側では、冷却ファンの影響でホコリもたまりやすいです。

3.USBドライバーの不具合

通常の状況では、USBデバイスがコンピュータに接続されている限り、ドライバーは自動的にインストールされるか、標準ドライバーがデバイスを自動的に認識します。ただし、パソコンに搭載されているデバイスドライバーは万能ではなく、特殊な機能を備えたUSBデバイスの場合、正しく認証されていない可能性があります。

4.USBメモリのパーティションの異常

パーティションに何らかの異常が発生している場合、通常、コンピュータによって「リムーバブルディスク」として認識されます。この状態でUSBメモリを開こうとしても、「リムーバブルディスクにディスクを挿入してください」というメッセージが表示され、USBメモリを開けません。

5.USBメモリのファイルシステムの破損

一般的に、USBの不適切なフォーマット/再フォーマット操作、不適切なデータ管理操作などは、ファイルシステムの破損につながる可能性があります。しかし、時にはUSB電源が不十分な場合、またはデータ転送中または読み取り/書き込み中にメモリカードが突然取り外される場合も、ファイルシステムが損傷する可能性があります。

6.USBメモリの熱暴走

USBメモリを長時間PCに接続すると、熱暴走により高温になり、アクセスできなくなる場合があります。この場合、USBメモリを取り外して冷却することで、USBメモリに再度アクセスできます。

7.USBメモリのファイルシステムエラー

ウイルス攻撃や不適切な削除操作で、USBはファイルシステムエラーが発生する可能性があります。 この時点で、USBがRAWになったり、サードパーティのパーティションマネージャーで未フォーマットと表示されることがあります。ファイルシステムに深刻なエラーが発生すると、Windowsが起動しなくなったり、ドライブが認識しなくなるかもしれません。「ハードディスクにエラーが発生しました」といったメッセージが出てきます。

8.USBメモリに不良セクタがある

USBディスクの表面に物理的な損傷があったり、フラッシュトランジスタが故障したりすると、不良セクタが発生する可能性があります。USBディスクまたはフラッシュディスク自体の品質の問題に加えて、自然な経年劣化や不適切な使用も、ハードディスクまたはフラッシュディスクに損傷を与える可能性があります。

どうやってフォーマットせずに壊れたUSBを復元するか?

一般的に、ユーザーは破損した、またはアクセスできないUSBフラッシュドライブを動作または再び使用するのためにフォーマットします。ただし、同時にドライブにあるデータ全体が完全に消去されます。

したがって、壊れたUSBに重要な情報を保存している場合、フォーマットは正しい選択ではありません。では、データをフォーマットしたり失ったりせずに、壊れたUSBからデータを取り出すにはどうすればよいですか?ここでは、Windows 7、8、10、11で壊れたUSBからデータを取り出すための詳細な方法をいくつか提供します。 

方法1.別のUSBポートを試してください

USBフラッシュドライブをコンピュータに接続して、アクセスできないことが発生する場合は、USBポートに問題がある可能性があります。次に、デバイスを別のUSBポートに接続して、動作する場合、問題は最初のUSBポートにあります。動作しない場合は、次の方法を試してください。

方法2.ディスクを確認し、エラーを修正する

ディスクエラーをチェックして修正するには、CHKDSK.exeツールを使用できます。

ステップ 1. 「Windows+R」キーを合わせて押し、「cmd」と入力して「Enter」キーを押します。その後、コマンドプロンプトが表示されます。

ステップ 2. コマンドプロンプトウィンドウで「chkdsk g:  /f /r /x」と入力し、「Enter」を押します(「g」は破損したフラッシュドライブのドライブ文字に置き換えることができます)。

chkdskg:/ f / r / xと入力

注意:「ボリュームが別のプロセスで使用されているため、CHKDSKを実行できません。次回のシステム再起動時に、このボリュームのチェックをスケジュールしますか(Y/N)?Y」というエラーが表示されます。「Y」を入力します。そうすると、次回起動時にこのボリュームは自動でチエックされることになります。

エラーメッセージ

フラッシュドライブがRAWファイルシステムになると、CHKDSKツールは「ファイルシステムの種類はRAWです。RAWドライブにCHKDSKは使用できません」というメッセージが表示されます。このような場合は、AOMEI Partition Assistant Standard(Windows 7、8、10、11、XPと互換性があるフリーソフト)を使用できます。RAWパーティションに不良セクタがあるかどうかを確認できます。

無料ダウンロード Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速

ステップ 1. AOMEI Partition Assistant Standardをダウンロードし、インストールして起動します。壊れたUSBのパーティションを右クリックし、「詳細処理」→「パーティションをチェック」を選択します。

パーティションをチェック

ステップ 2. エラーをチェックする方法を選択します。RAWパーティションの場合、「パーティション上の不良セクタをチェックします」を選択し、「はい」をクリックします。

パーティション上の不良セクタをチェックします」を選択

ステップ 3. 「高速チェック」にチェックを入れ、「開始」をクリックして、不良セクタのチェックを実行します。

開始

方法3.新しいドライブ文字でフラッシュドライブを再割り当てる

ドライブ文字の競合が原因でUSBフラッシュドライブが検出されない、またはアクセスできない場合は、別の新しいドライブ文字を割り当てることができます。手順は次のとおりです。

ステップ 1. 「コンピュータ」を右クリックし、「管理」オプションをクリックして「コンピュータの管理」ウィンドウを開きます。

ステップ 2. 表示された画面の左ペインから、「記憶域」の下に表示されている「ディスクの管理」をクリックします。

ステップ 3. フラッシュドライブのボリュームを右クリックして、「ドライブ文字とパスの変更」を選択します。

ドライブ文字とパスの変更

ステップ 4. 「変更」ボタンをクリックします。ドロップダウンリストから、使用可能なドライブ文字を選択し「OK」をクリックします。

変更

ステップ 5. 保留中の操作を確認し、「はい」をクリックします。

はい

修正4.USBドライブを有効または更新する

デバイスマネージャーでUSBフラッシュドライブが無効になっていると、障害が発生します。以下の手順で有効にできます。

ステップ 1. 「Windows+R」キーを押して「ファイル名を指定して実行」ダイアログボックスを開き、ボックスに「devmgmt.msc」と入力し、「Enter」キーを押して「デバイスマネージャー」を開きます。

ステップ 2. 「ディスクドライバー」を展開してUSBフラッシュドライブを右クリックします。与えられたオプションの中から「有効」を選択します。

有効

また、古いデバイスドライバもフラッシュドライブが正常に動作しない場合があります。この場合、与えられたオプションの中から「ドライバーソフトウェアの更新(P)」を選択し、プロンプトに従ってディスクドライバを更新します。

ドライバソフトウェアの更新

方法5.ファイルエクスプローラでUSBメモリをチェックし、修復する

ステップ 1. Windowsのファイルエクスプローラを開き、USBドライブのパーティションを右クリックし、「プロパティ」→「ツール」→「チェック」に移動します。

ステップ 2. 表示された画面で、「ファイルシステムエラーを自動的に修復する」と「不良セクタをスキャンして、回復する」にチェックを入れ、「開始」をクリックしてスキャンプロセスを開始します。

フォーマットせずに破損したUSBメモリを修復

方法6.破損したパーティションテーブル/MBRを再構築する

パーティションテーブル/MBRの破損によりフラッシュディスクが破損した場合は、強力なサードパーティ製ソフトウェアAOMEIPartition Assistant Professionalを利用することをお勧めします。MBRを直接再構築できます。

Proのデモ版 Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速
動作確認の目的でのみ使用される
注意:開始する前に、実行中のコンピュータに空のUSBドライブを挿入してから、起動可能なUSBドライブを作成する必要があります。

ステップ 1. ブータブルメディアからコンピュータを起動し、AOMEI Partition Assistantを実行します。メインインターフェースで壊れたUSBを右クリックし、「MBRを再構築」を選択します。

MBRを再構築

ステップ 2. 現在のオペレーティングシステムのMBRタイプを設定し、「はい」をクリックします。

オペレーティングシステムのMBRタイプを設定

ステップ 3. メインインターフェイスに戻ったら、「適用」>「続行」をクリックして再構築を実行します。

適用

最後

上記は、フォーマットせずに壊れたUSBメモリを復元する方法です。すべての方法が機能しない場合は、データ復旧ソフトを使用して重要なデータを回復し、直接フォーマットすることができます。 WindowsがUSBフラッシュドライブをフォーマットできない場合は、AOMEI Partition Assistant Standardに切り替えることもできます。SSDの完全消去、高速分割、ブータブルCD/USBの作成など他の高級な機能を使用する場合は、AOMEI Partition Assistant Professionalにアップグレードして利用できます。

Windows Server 2003、2008(R2)、2011、2012(R2)、2016、2019、2022のユーザーの場合、AOMEI Partition Assistant Server版を使用してください。

もし、この記事が役立つなら、友達や家族と共有しましょう!また、何か質問や提案がある場合は、以下のコメント欄に入力するか、または[email protected]までご連絡ください。よろしくお願いします。