By AOMEI / 最後の更新 2021年04月20日

HDDをSSDに変えるのが必要な理由

より多くのユーザーはコンピュータの性能を向上させるためにHDDをSSDにアップグレードしようとします。コンピュータユーザーとして、OSを変更したり古いデータを破棄したりしたくないかもしれません。そのため、HDD上の古いデータをSSDに保存したいなら、HDDをSSDにコピーするのは必要です。でもWindowsのOSを再インストールせず、アップグレードのためにどのようにHDDをSSDにコピーしますか?

OS再インストールなしにHDDをSSDに変える

SSDは従来のHDDより優れた性能を持って、コンピュータの実行速度を上げるので古いHDDを大容量SSDに変更するのはコンピュータユーザーにとって大切なことです。しかし、データを失うことなく、どのようにHDDをSSDに変えますか?コピーはこのタスクを簡単に完成できます。

移行のための準備が必要である:

SSDに格納する必要がない大きなフォルダを別の場所に移動します。HDD上の大きなフォルダを他の場所に移動するのはたくさんのスペースを節約できます。そのため、HDDをSSDにコピーする時、より少ない時間がかかります。それにこれはHDDより小さなSSDにHDDを移行する時もとても役立ちます。
二度と使用しないプログラムをアンインストールし、SSDに移動したくない不要なファイルを削除します。
現在のHDDをバックアップします。HDDのバックアップはデータ紛失を起こす他の事故を防ぐのに最良の方法です。
PC(デスクトップまたはノートパソコン)に適したSSDを選択します。SSDを購入する前に、SSDのフォームファクタをチェックする必要があります。ドライブはデスクトップまたはノートパソコンに合うことを確認してください。選択できるSSDのブランドはたくさんあります。例えば、Samsung SSD、Seagate SSD、Toshiba SSD。自分のニーズによってそれらの1つを選択できます。
ディスククローンソフトを選択します。WindowsはHDDをSSDに直接コピーできません。そのため、Windows OS再インストールなしにHDDをSSDにシンプルに変更できるディスククローンソフトを見つけるのは必要です。AOMEI Partition Assistant Professionalはそのようなクローンツールで、HDDからSSDにデータを簡単かつ安全に移行できます。更に、それを使用していくつかの簡単な手順でHDDパーティション分割を完成できます。

HDDをSSDに変える詳細な手順:

準備の後、HDDをSSDに変えることを開始できます。

step 1. SSDをPCに接続します。ノートパソコンのHDDをSSDにアップグレードする場合、クローン後SSDは正常に起動できるために、SSDをノートパソコンにインストールしてSATA-USB変換ケーブルで古いHDDを接続したほうがいいです。コンピュータはSSDを検出できることを確保してください。認識しない時、AOMEI Partition AssistantまたはDiskpartを使用してディスクを初期化する必要があります。

step 2. AOMEI Partition Assistantをインストールして起動します。ディスクの構成情報が表示されます。HDDをSSDにコピーするために、古いHDDを右クリックしてドロップダウンメニューの「ディスククローン」を選択できます。或いは左側の「ディスククローン」ウィザードをクリックしてそれを行えます。

Proの無料体験版 Win 10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速

ディスククローン

step 3. ここで適切な方法を選択してディスクをコピーできます。「ディスクの高速クローン」は非常に推薦されます。SSDは古いHDD上のデータを保存するのに十分な大きさがあるかぎり、この方法はHDDを小容量SSDにコピーできます。それにSSD上のパーティションのサイズを柔軟に編集できます。「セクタ単位のクローン」は使用されたかどうかに関係なくHDD上の全てのバイトをコピーできます。そのため、この方法でパーティションのサイズを編集できません。

ディスククローン方法

step 4. そして、ポップアップウインドウが表示され、SSDをクローン先のディスクとして選択してデータをクローンできます。ここではディスク2をターゲットディスクとして選択します。ターゲットディスクはSSDであることを考えると、「SSDの性能を最適化」オプションをチェックすることを非常にお勧めします。SSDは最高の状態になるように、これはSSDの4Kアライメントを行います。

クローン先のディスクを選択

step 5. 次は、ターゲットディスク上のパーティションのサイズを調整できるページに移動します。ここでは好きなようにパーティションのサイズを柔軟に編集できます。HDDをSSDに移行した後、HDDを再分割することもできます。

パーティションを編集

step 6. そして、クローンや移行の後、ターゲットディスクからOSを起動する方法についての注意点が表示されます。それを読んで「完了」をクリックします。

注意

step 7. 主な画面に戻ります。保留中の操作を見ることができます。「適用」をクリックして全ての操作を提出します。「続行」をクリックして、PreOSモードで操作を実行します。

適用をクリック

変える後、SSDから起動する方法

変える後、SSDから完璧に起動できます。しかし、時にはいくつかの状況で正常に起動することができません。SSDから起動できない場合、コンピュータからソースディスクを切断するか、ターゲットディスクとソースディスクの接続ソケットを交換します。そしてターゲットディスクからコンピュータを起動してみます。

変えた後、ターゲットディスクからコンピュータを起動できない他の状況もあります。MBRディスクからGPTディスクに移行する場合、コンピュータがEFI/UEFIに対応することを確認する必要があります。さもないと、GPTディスクから起動できません。幸いなことにAOMEI Partition Assistantはシステムドライブの形式をMBRディスクとGPTディスクの間で変換できます。

結論

AOMEI Partition Assistantの助けを借りて再インストールなしにHDDをSSDに変えるのは簡単なことになれます。また、AOMEI Partition Assistantはデータ移行ソフトだけじゃなく、HDDパーティションのために他の多くのことができます。例えば、大容量SSDを持たない場合、AOMEI Partition AssistantでOSのみをSSDに移動できます。まだデータ保存に古いHDDを使用したいなら、いくつかの手順だけでHDDを再フォーマットできます。Windows Serverユーザーである場合、AOMEI Partition Assistant Server版を提供します。