By Akira / 最後の更新 2021年07月21日

なぜドライブの割り当てを変更する必要があるのですか?

 Cドライブは、Windowsオペレーティングシステムのインストール中に割り当てられます。ただし、特定の時間内にCドライブがいっぱいになるのは速いです。これは、Windowsアップデート、Windowsサービス、Windowsファイル、アプリケーションやその他のデフォルトの出力パスなど、さまざまな種類のファイルが絶えず追加されているためです。Cドライブがほぼいっぱいになり、ディスク容量不足の警告が表示されると、多くの問題が発生します。例えば、OSが再起動して実行速度が大幅に低下したり、クラッシュしたりします。

従って、Cドライブを大きくするためにハードディスクドライブの割り当てを変更する方法を知りたいユーザがあります。この記事では、Windows 10、8、7でハードディスクのパーティションを再作成したり、大切なデータを失うことなくディスクの割り当てを変更するためのすべての利用可能な方法を紹介します。

ドライブの間で容量の割り当てを変更する最良の方法

ハードドライブの容量の割り当て変更に関しては、ほとんどのユーザーがディスクの管理(Windowsのネイティブディスク管理ツールの1つ)を思い浮かべるでしょう。パーティションを縮小して、未割り当て領域を生成できます。これにより、新しいパーティションを作成しかできません。そして、別のパーティション(Dドライブなど)を縮小することで取得した未割り当て領域を使ってCドライブを拡張することはできません。どうしてですか?これは、ディスクの管理でパーティションを拡張できるのは、その後(右側)に隣接する未割り当て領域が続く場合のみであるためです。

ドライブ間の割り当てを簡単かつ柔軟に変更するには、AOMEI Partition Assistant Professionalなどのサードパーティ製のパーティションマネージャーを利用するのが最善の方法です。このパーティション管理ソフトウェアは、Windows 10、Windows 8、Windows 7およびWindows XP、Windows Vistaなどのすべてのエディション(32ビットおよび64ビット)と互換性があります。

Cドライブを拡張するためにディスクの管理で別のパーティションを縮小して未割り当て領域を取得した場合、このソフトウェアを使用して、右側にパーティションを移動(つまり縮小したいそのパーティション)し、Cドライブに隣接する空き領域を作成します。その後、ディスクの管理でシステムパーティションを拡張できます。

パーティションを移動

この高度な機能に加えて、AOMEI Partition Assistant Professionalは、Windows PCユーザーがドライブの割り当てを柔軟に変更できるようにする次の素晴らしい機能も提供します:

☪1. パーティションの結合:未割り当て領域を別のパーティションに直接結合し(隣接しているかどうかに関係なく)、2つの隣接するパーティションを1つに結合できます。
☪2. 空き領域の割り当て:1つのドライブから別のドライブに3ステップで空き領域を直接割り当てることができます。とても簡単で安全です。
☪3. パーティションの拡張:PCを再起動することなく、システムおよびその他のデータパーティションを拡張できます。

ガイド:CドライブとDドライブの割り当てを変更する方法

ここで、「空き領域を割り当てる」機能(これを例とする)を介して、DドライブからCドライブにディスク領域を再割り当てする方法を詳しく示します。これで、デモ版を事前に無料でダウンロードして試して、動作を確認できます。

Proの無料体験版 Win 10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速

ステップ 1. AOMEI Partition Assistant Professionalをインストールして起動します。十分な空き容量があるDドライブまたは他のパーティションを右クリックし、「空き容量を割り当てる」を選択します。

空き容量を割り当てる

ステップ 2. このウィンドウでは、Cドライブに割り当てる空き容量の数値を入力して、「はい」をクリックできます。

Cドライブに割り当てる空き容量

ステップ 3. メインインターフェイスに戻り、「適用」と「続行」をクリックして、保留中の操作をコミットします。

空き容量を割り当てる

しばらく待つと、DドライブからCドライブに空き領域が割り当てられます。ハードディスク上のすべてのパーティションを削除し、ディスク領域の割り当てを変更する場合は、このソフトウェアの「高速分割」機能を使用して、ワンクリックでディスクを複数のパーティションに分割できます。

パーティションの高速分割

補足:アプリをCドライブからDドライブへ移行する方法

システムパーティションに十分な空き領域がない場合、ディスク領域を他のパーティションからCドライブに再割り当てするほかに、AOMEI Partition Assistant Professionalの「アプリ引っ越し」機能を利用してシステムパーティション(Cドライブ)にインストールされたアプリを他のパーティション(Dドライブ)に移行することもシステムパーティションの空き領域を増やすことができます。詳しい手順は次の通りです。

手順 1. AOMEI Partition Assistant Professionalを起動した後、「全てのツール」⇒「アプリ引っ越し」をクリックします。

アプリ引っ越し

手順 2. 「アプリ引っ越し」機能についての説明があります。確認してから「次へ」をクリックします。もちろん、内容を読まずに「次へ」を直接クリックしてもいいです。

次へ

手順 3. すべてのパーティションはポップアップウィンドウに表示されます。パーティションごとに検出された移行可能なアプリの数とそれらの容量も表示されます。ここでは、システムパーティション上のアプリを移行したいので、Cドライブを指定して「次へ」をクリックします。

対象パーティションの選択

手順 4. システムパーティション(またはCドライブ)上のすべての移行可能なアプリが表示されるので、移動したいアプリの前のチェックボックスにチェックを入れて、そして移動先(Dドライブ)を選択して「移行」をクリックします。

アプリの選択

手順 5. 移行中に実行中のアプリを強制終了するという警告メッセージが表示されます。問題なければ「OK」をクリックして操作を実行します。

警告

アプリの移行が完了した後、システムパーティションの空き容量不足の問題を解消するでしょう。また、「アプリ引っ越し」の「アプリの管理/復元」をクリックして、前に移行したアプリケーションを元の場所に戻すこともできます。

「アプリ引っ越し」機能についてもっと詳しい情報

結論

これで、Windows 10/8/7でドライブの間で割り当てを変更する最良の方法が得られたはずだと思います。AOMEI Partition Assistantは、ハードディスクを柔軟にパーティション分割することに加えて、OSだけをSSDに移行し、パーティションを削除しなくてデータを失うことなく(ブート)ディスクをMBRまたはGPTに変換し、ハードディスクまたはパーティションのクローンを作成するなど、その他の素晴らしい機能も備えています。Windows Serverオペレーティングシステムでこれらの機能を使用してディスクパーティションを管理するには、AOMEI Partition Assistant Serverを試すことができます。

読者様は自分の詳細な状況に応じてその対処法を選んでよろしいと思います。ご参考になれば、幸いです。もしご不明な点などがありましたら、遠慮なくご質問ください。弊社のメールは:[email protected]。ここまでありがとうございました。