By Asher / 最後の更新 2022年03月15日

事例:HDDの不良セクタを完全に取り除く方法

「ねえ、私はいくつかの不良セクタがある古いハードドライブを持っています。それでもデータを保存したり、取得したりできます。ハードドライブの不良セクタを修復する方法を知りたいのですが、ハードディスクの不良セクタを修復したり、不良セクタを削除したりするためのフリーソフトはありますか?すべてのアドバイスに感謝します!」

不良セクタとは?

坏扇区

ハードディスクの不良セクタを削除する前に、まず不良セクタとは何かを理解しましょう。名前が示すように、不良セクタは、ハードドライブまたはフラッシュドライブ上にあるアクセスできない、または書き込みできないセクタのことです。ハードドライブに不良セクタがある場合、そのハードドライブ上のデータにアクセスできない可能性があります。さらに、ハードドライブ上のデータが失われるかもしれません。

HDDが不良セクタを発生する原因

不良セクタを発生する原因は、通常ディスクの表面の物理的な損傷またはフラッシュトランジスタの障害です。ハードディスクまたはフラッシュディスク自体の品質の問題に加えて、自然な経年劣化や不適切な使用も、ハードディスクまたはフラッシュディスクに損傷を与える可能性があります。以下では、WindowsでHDDに不良セクタが発生する3つの主な理由です。

HDDの初期不良

現在のハードディスク製造技術では不良セクタを0に設定できないため、不良セクタはHDDの出荷時から存在します。しかし、その不良セクタは正常なセクタに代替されスキップされるので、すぐに問題になることはないと言えるでしょう。

HDDのヘッド破損

経年劣化・熱・磨耗・衝撃が原因でHDDの磁気ヘッドが破損することでも、不良セクタが発生する原因となります。ヘッド破損によって発生する不良セクタは広範囲に及ぶことが多いため、HDDのデータ障害では最も修復が難しい「重度物理障害」に区分されています。HDDのヘッドが破損すると、読み書きの際にディスクの記録面に傷をつけてしまいます。傷ついた部分は不良セクタとなり、読み込めなくなってしまいます。

HDDの磁性体の劣化、寿命

HDDのデータ記録面に塗布された磁性体はが劣化することでも、不良セクタが発生する原因となります。磁性体はディスクの表面にあり、これによってデータの読み書きが可能です。しかし、HDDは消耗品なので、いつかは寿命がきてしまいます。磁性体は、経年劣化で徐々に磁性が低下していき、いずれ不良セクタとして読み込めなくなります。

HDDの不良セクタが原因で発生する問題

不良セクタが原因で発生するHDDのトラブルは主に以下の通りです。

ブルースクリーンが頻発する

不良セクタが原因で起こるトラブルの一つに、頻繁にブルースクリーンになるというものです。ブルースクリーンが表示されると、同時に「0xc000009c」エラーコード等が表示されることがあります。このエラーコードは、HDDのセクタに不良があるということを表しているようです。このような場合は、新しいHDDを交換したほうが良いかもしれません。

HDDから異音が聞こえる

HDDから通常とは異なる音がしていると、不良セクタが原因である可能性があります。

ヘッドがディスクに接触している場合には「シュー」などの擦るような音がすることもあるようです。また、「カチカチ」「カタカタ」「ジッジッ」などの音が聞こえるということもあります。このような異音がする場合は、更に損傷を防ぐため、できるだけ早く電源を切ってください。

Windowsの起動中に不具合が起こる

不良セクタが原因でWindowsが起動できない、または起動する際に日常より多くの時間がかかるという場合もあります。不良セクタがOSに関連する部分に発生してしまった場合、起動に必要なデータが読み取れなくなってしまう可能性があります。また、起動に時間がかかるという場合は、HDDが不良セクタの部分を何度も読み込もうとしているからかもしれません。

エラーメッセージが表示される

不良セクタが原因でエラーメッセージが表示される可能性もあります。例えば、「巡回冗長検査エラー」、「遅延書き込みエラー」、「セクタが見つかりません」、「要求されたセクタが見つかりません」、「ドライブCの読み込みに一般的なエラーが発生しました」「ファイルが壊れています」などのメッセージです。これらは、データの読み書き時に発生します。

HDD上の不良セクタを排除する方法

不良セクタを削除する方法がわからなくても大丈夫です。ここでは、ハードドライブから不良セクタを完全に削除する2つの方法を示します。一つは、Windowsの組み込みユーティリティを使用することです。もう一つは、サードパーティ製のパーティション管理ソフトであるAOMEI     Partition Assistantを使 用することです。 

方法1. CMDを使  してHDDの不良セクタをクリア

 CHKDKSコマンドプ ロンプトは、ファイルシステムの整合性とディスクの不良セクタをチェックするために使用できる無料のWindows組み込みツールです。そして、不良セクタ、エラー、またはその他のディスクの問題を見つけて修復できます。以下は、CMDでハードディスクの不良セクタを削 除するため の手順です。

ステップ 1. 「Windows」+「R」を押し、ボックスに「cmd」と入力して「Enter」を押します。

ステップ 2. 「chkdsk g: /f /r /x」と入力し、「Enter」を押します(ここで、「g」はチェックしたいディスクのドライブ文字です)。

このオプションは、CHKDSKを実行して、G:ボリュームの不良セクタまたはその他のディスクエラーをチェックして修正します。「/f」パラメータはCHKDSKに検出したエラーを修正するように指示し、「/r」はドライブ上の不良セクタの位置を特定して読み取り可能な情報を復元するように指示し、「/x」はプロセスが開始する前にドライブを強制的にアンマウントします。

これで、ディスクスペースのパラメータ、ファイルサイズ、不良セクタの数など、ディスクに関する情報を確認できます。

方法2.サードパーティのツールを使用してHDDの不良セクタをクリア

CMDで不良セクタを削除するのは少し複雑かもしれません。実際、コマンドラインに慣れていない場合は、データの損失などの他の問題が発生する可能性があります。この問題を解決するにはどうすればいいでしょうか?心配するな!これは、サードパーティ製のソフトウェアを使用して簡単に行うことができます。

AOMEI Partition Assistant Standardは強力なディスクマネージャで、パーティションをチェックするなど多くの機能を提供しています。「パーティションをチェック」機能を使用して、Windows 11、10、8、7、Windows XP、およびWindows Vistaのハードドライブから不良セクタを簡単に削除できます。

では、ソフトウェアを無料でダウンロードして体験しましょう!

無料ダウンロード Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速

ステップ 1. AOMEI Partition Assistantをダウンロードし、インストールし、起動します。チェックしたいパーティションを右クリックして「詳細処理」>「パーティションをチェック」を選択します。

パーティションをチェック

ステップ 2. ポップアップウィンドウで、エラーをチェックする方法を選択します。3つのオプションがあります。ここでは、最初のオプション「chkdsk.exeを実行してパーティション上のエラーをチェックし、修正します。」を選択します。次に、「はい」をクリックして続行します。

チェックオプション

ステップ 3. その後、次のウィンドウが表示されます。総進行度が完了したら、「はい」をクリックしてこのタスクを終了します。

はい

これで、ハードドライブから不良セクタを完全に削除できました。

最後

ハードドライブの不良セクタを完全に削除するにはどうすればよいですか?以上の二つの方法を比較すると、無料のAOMEI Partition Assistant Standardは最良の選択です!わずか数ステップで、ハードドライブから不良セクタを簡単に削除できるためです。パーティションのチェックとは別に、パーティションのフォーマット/サイズ変更/削除/移動/結合、ディスクのクローンなど機能があります。また、もしMBRの再構築、削除/紛失されたパーティションの回復、MBRディスクとGPTディスク間での変換などの高級な機能を使用する場合、Professional版にアップグレードできます。

ご参考になれば、幸いです。もしご不明な点などがありましたら、遠慮なくご質問ください。弊社のメールは:[email protected]

最後!問題を解決しておめでとうございますヽ(〃'▽'〃)ノ☆!