ByAOMEI / 最後の更新日時 2019年07月01日

HP USB Disk Storage Format Toolでデバイスのフォーマットが失敗しましたか?書き込み禁止になっている、許可が拒否されている、または指定されたデバイスにメディアが存在しないことを書いているかどうかを確認する必要があります。心配しなくていいです。ここでは、いくつかの解決方法がありますから。

HP USB Disk Storage Format Toolでフォーマットが失敗

HP USB Disk Storage Format Toolを使用して64GBのサイズのUSBメモリーをFAT32にフォーマットするつもりです。それを起動し、私のKingston USBメモリーを選択し、FAT32ファイルシステムを選択し、「Quick Format」をチェックしてください。最後に、「開始」をクリックすると、「このディスクは書き込み禁止になっています」というメッセージだけ表示されます。私は書き込み禁止の問題についてはぜんぜん知っていません。書き込み禁止を解除してUSBフラッシュドライブを正常にフォーマットするにはどうすればよいですか?」

HP USB Format Tool書き込み禁止

HP USB Disk Storage Format Toolがデバイスのフォーマットに失敗した場合、他にも同様のエラーメッセージが多くあります。たとえば、「指定されたデバイスにメディアがありません」というメッセージが表示されるため、フォーマットを完了できません。さらに、HP USB Disk Storage Format Toolは、DOSブート可能デバイスの作成もサポートしています。しかし、未知の原因があるため、DOSを起動可能にすることはできません。さらに、フォーマットユーティリティを正しく起動できないユーザーもいます。

これらの問題の原因は何か?適切に修復するためにはどうしたらよいですか?

HP USB Disk Storage Format Toolが機能しないエラーを修復

HP USB Disk Storage Format Toolがさまざまな状況でデバイスのフォーマットに失敗した理由については、説明したとおり、さまざまな理由があります。そのため、私たちはさまざまなソリューションでそれらを解決する必要があります。より詳しく見てみましょう。

HP USB Disk Storage Format Toolのアクセス許可が拒否され

ユーティリティを使用する前提条件は、ツールを正しく起動することです。しかし、ツールには管理者ではないと言われているため、ツールを使用できないと報告するユーザーもいますが、実際は彼らは確かに管理者です。エラーメッセージが表示され続ける:Permission Denied。このツールを実行するには管理者権限が必要です。どうしましたか?

実際には、HP USB Disk Storage Format Toolを起動するには別の方法が必要です。この手順に従います:デスクトップ上の「HPUSBDisk.exe」アイコンを右クリックし、指定されたリストから「管理者として実行」を選択します。その後、ツールを適切に起動できるはずです。

それでも問題が解決しない場合は、「HPUSBDisk.exe」を右クリックし、「プロパティ」>「セキュリティ」>「詳細設定」>「オーナー」の順に進み、コンピュータ名を管理する必要があります。そうでない場合は、一番下の権限を変更して名前を選択し、すべての子オブジェクトのアクセス許可を継承可能なアクセス許可で確認して置き換えてから、「適用」をクリックします。

HP USB Disk Storage Format Toolの書き込み禁止

最も一般的な問題の1つは、書式設定中の書込み禁止のプロンプトです。USBフラッシュドライブのライトプロテクションについて言えば、理由は次のようになります。

1. USBメモリーまたはSDカードに書き込み禁止タブがあります。 エラーが発生したら、スイッチタブがあるかどうか確認してください。はいの場合は、タブをロック解除側にスライドさせます。いいえの場合は、次の原因を参照してください。

2. デバイスがディスク属性で読み取り専用に設定されています。意識的にまたは無意識にそのデバイスに読み取り専用に設定することができます。次に、Diskpartで読み取り専用クラスタを削除する必要があります。WindowsキーとRキーを押して実行を開きます。「diskpart」と入力し、Enterキーを押します。管理者として実行します。次に、これらのコマンドを順番に実行します。

  • list disk

  • select disk n (ここで、nはUSBフラッシュドライブのディスク番号です)

  • attrib disk clear Readonly

  • exit

Diskpartは読み取り専用で削除

ヒット:将来のUSBメモリーの変更を防ぐ必要がある場合は、「属性ディスクセット読み取り専用」を実行して書き込み保護を有効にすることができます。

今度は、USBメモリーをもう一度フォーマットしてください。HP USBフォーマットツールのデバイスメディアが書き込み保護されている問題が解決されているはずです。そうでない場合は、3番目の原因と修正を参照する必要があります。

3. USBフラッシュドライブはレジストリに書き込み禁止で保護されています。レジストリエディタは、Windowsおよびインストールされたアプリケーションとドライバのデータベースです。WriteProtectキーは、手動で作成、変更、および削除できます。ただし、Windows OSにとっては非常に重要なので、注意して次の手順を実行する必要があります。

  • 「regedit」と入力し、Enterキーを押してレジストリエディタを起動します。

  • このパスに移動します(Windows 10では直接アドレスバーにパスを貼り付けることができます)。HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\StorageDevicePolicies

  • writeprotectオプションをダブルクリックし、ポップアップウィンドウで値を1から0(正から負へ)に設定します。

書き込み保護レジストリエディタを削除

ヒット:StorageDevicePoliciesの下にWriteProtectオプションがない場合は、手動でルールを作成し、名前を付けて値を0に設定できます。

4. USBメモリーのファイルシステムがサイバーウィルスなどで破損しています。その場合は、AOMEI Partition Assistant Standardのような別のフォーマットツールでUSBをフォーマットしてみてください。これは、パーティションのフォーマットだけでなく、パーティションのワイプも提供するフリーパーティションマネージャです。つまり、破損したファイルを完全に消去することができます。試しに無料でダウンロードできます。

  • パーティションをフォーマット:AOMEI Partition Assistantで、フォーマットするパーティションを右クリックして、「フォーマット」を選択します。ポップアップウィンドウで、パーティションラベル、ファイルシステム、クラスタサイズを指定し、「はい」をクリックします。最後に、「適用」をクリックして実行します。

フォーマット

  • パーティションを消去:その前、AOMEI Partition Assistant Professionalへアップグレード必要があります。パーティションを消去するこれで、パーティションが消去され、パーティション上のすべてのデータが消去されます。パーティションを右クリックし、「パーティションを消去」を選択します。ポップアップウィンドウで、消去方式を選択してから、最後に、「適用」と「続行」をクリックすることを忘れないでください。

パーティションを消除

ヒット:データ消去後に新しいシンプルボリュームを作成することができます。

HP USB Disk Storage Format Tool指定されたデバイスにメディアがない

別のエラーメッセージは、HP USB Disk Storage Format Toolユーザーによって広く話されています。つまり、「指定されたデバイスにメディアがありません」。

指定されたデバイスにメディアがありません

まず、USBメモリーが正しく接続されているかどうかを確認します。一般に、これらの要因はエラーを説明することができます。USBは失敗するようになり、パーティションを保持できなくなります。または、USBドライブのマスタブートレコード(MBR)またはパーティションブートレコード(PBR)が破損しています。

失敗している場合は、確認のためにチェックを実行できます。Windowsのファイルエクスプローラで、USBドライブを右クリックし、「プロパティ」>「ツール」>「チェック」をクリックします。ポップアップウィンドウで2つのオプションを選択して、不良セクタを修復し、ファイルシステムエラーを修正します。また、ハードドライブまたはパーティションで「CHKDSK /f」を実行することもできます。詳細な手順については、Windows 10でハードディスクのエラーを確認して修正することを参照してください。

USBメモリーのMBRまたはPBRの問題がある場合は、MBRを修正する必要があります。Windowsの修復ディスクを使用してbootrec / rebuildmbrを実行するか、GUIでMBRを再構築することができます。前述のAOMEI Partition Assistantは、Windows 10/8/7/Server 2008のMBRの再構築もサポートしています。修正するディスクを右クリックし、「MBRを再構築」を選択します。次に、ウィザードに従ってウィザードを完了します。「適用」をクリックすることを忘れないでください。

HP USB Disk Storage Format Tool DOSを起動不能

HP USB Disk Storage Format Toolの優れた機能の1つは、DOSブート可能メディアを作成することです。それにもかかわらず、機能が動作しないことがあります。それはシステムファイルの問題かもしれません。また、それはフォーマットプロセスの問題かもしれません。デバイスを正常にフォーマットできない場合は、DOSブートメディアが作成されません。

その場合は、別のシステムファイルを試したり、別のUSBフォーマッティングツールを試したりすることができます。次、使用しているWindowsシステムに基づいてWinPEモードでブート可能なメディア(USBまたはCD/DVD)を作成すします。言い換えれば、起動可能なメディアを作成するために、USBメモリーだけのシステムファイルを準備する必要はありません。

起動可能なメディアを作成

HP USB Disk Storage Format Toolが動作しない

前述のとおり、HP USB Disk Storage Format Toolは、HP USBメモリーのフォーマット用に設計されたWindowsベースのフォーマットツールです。したがって、Linux、Max OS X、Ubuntuなどの他のオペレーティングシステムでは使用できません。

これはSDカードのフォーマットにも使用できますが、ハードディスクのパーティションはデバイスのリストに表示されません。大容量ドライブをフォーマットするには、たとえば500GB HDDをFAT32にフォーマットするには、別のプロ用ツールに切り替えてください。

まとめ

HP USB Disk Storage Format Toolがデバイスのフォーマットに失敗した場合は、別のケースの方法でいつでも修正することができます。書き込み保護があれば削除します; MBR/PBRが壊れている場合は修正します; DOSの作成に失敗した場合は、別のツールを使用して起動可能なメディアを作成します;HP USB Disk Storage Format Toolが失敗した場合は、別のフォーマットツールを使用してください。

アドバンストエディションであるAOMEI Partition Assistant Professionalは、パーティションのフォーマットにおいてより効果的な機能を提供します。たとえば、コマンドラインでパーティションをフォーマットすることができます。