ByAOMEI / 最後の更新日時 2020年07月31日

HP USBフォーマットツールポータブルについて

HP USB Disk Storage Format tool(HPUSBDisk.exe)は、USBメモリーまたはSDカードをFAT、FAT32、またはNTFSファイルシステムにフォーマットするために設計された、Windowsベースのフォーマットユーティリティです。ユーザーは32GBを超えるFAT32ボリュームを作成できます。USBフォーマットユーティリティのような他のUSBフォーマットツールとは異なり、それはポータブルフリーウェアなので、それをUSBメモリーに持ち運び、どんなWindows PCでも他のフラッシュドライブをフォーマットすることができます。または、それをPCにコピーして起動することもできます。

HP USB Disk Storage Format Toolポータブルは、PCの起動に役立つDOS起動ディスクの作成もサポートしています。条件は、事前にシステムファイルを準備する必要があることです。あなたがWebサイトからダウンロードしてから起動するだけなので、すぐに使用できます。

フォーマットツールを起動するときは、通常はダブルクリックの作業にもかかわらず、管理者として実行する必要があります。そうしないと、「アクセス拒否。このツールを実行するには管理者権限が必要です。」と表示されます。

このツールのインターフェイスはWindows統合フォーマットユーティリティに似ています。これにより、Windowsユーザーに使いやすくなります。さて、このシンプルなUSBフォーマットツールをどうやって使うべきですか?

HP USB Disk Storage Format Toolのチュートリアル

1. フォーマットするフラッシュドライブをWindows PCに接続し、検出できることを確認します。HP USB Disk Storage Format ToolをWebサイトからコンピュータにダウンロードします。または、フォーマットツールを含むUSBをPCに挿入します。

2. アプリケーションアイコンを右クリックし、「管理者として実行」を選択します。ポップアウトダイアログで「はい」をクリックします。

3. デフォルトでは、リムーバブルデバイスを直接検出して一覧表示します。複数のリムーバブルドライブがある場合は、正しいドライブを選択してください。そうしないと、誤って選択したデータが失われます。

ドライブを選択

4. ドライブのファイルシステムを選択します。このWindows 7では、FAT32とNTFSのみが提供されています。

ファイルシステムを選択

5. ボリュームラベルを指定します。フォーマットオプションでクイックフォーマットを選択します。次に、「開始」をクリックしてフォーマットを確認し、プロセスが完了するのを待ちます。これは、完了時のフォーマット設定操作の概要を示します。

フォーマット完了

ヒット

● HP USBフォーマットツールを起動可能にするには、にあるシステムファイルを使用してDOS起動ディスクを作成するボックスをオンにし、システムファイルを参照します。USBメモリーも最初にフォーマットされることに注意してください。

● HPフォーマットのツールをポータブルにするには、アプリケーションをUSBフラッシュドライブにコピーし、そのフラッシュドライブをPCに挿入し、そこでアプリケーションを実行してリムーバブルドライブをフォーマットします。

Windows 7/8/10/XP/Vista用のHP USB Disk Format Storage toolは、最も簡単なフォーマットツールの1つです。それにもかかわらず、エラーメッセージが時々でってきます。困っているでしょう。では、これらのエラーは一体何なんですか?細かくは以下を見てください。

HP USBフォーマットツールでデバイスをフォーマットに失敗

HP USBフォーマットツールでフォーマットデバイスまたはHP USBディスクストレージフォーマットツールがフラッシュドライブフォーマット中に機能しなかったことを報告しているユーザーがいます。一般的に、失敗した理由がいくつかあります。

● HP USBフォーマットツールはお使いのコンピュータと互換性がありません。これはWindowsベースのユーティリティなので、他のオペレーティングシステムでは動作しません。

● USBフラッシュドライブが故障しそうになったので、もうパーティションを入れることはできません。

● DOSでブート可能なディスクを作成しています。「デバイスのフォーマットに失敗しました」というメッセージが表示されます。これは、フォーマット設定ツールの問題かもしれません。もう一度試してみてください。

● 「デバイスメディアが書き込み禁止になっています」というエラーが表示されます。USBに書き込み禁止タブがあるかどうか確認してください。はいの場合は、ロック解除側に切り替えます。いいえ、それは読書の問題かもしれません。書き込み禁止を解除するにはDiskpartで「属性ディスククリア読み取り専用」を実行します。スクリーンショットの詳細な手順については、USB/SDカードが書き込み禁止になっていることを参照して、書き込み禁止を解除してください。

HP USBフォーマットツール書き込み禁止

おそらく、HPフォーマットユーティリティが動作しないその他の原因が考えられます。これらの問題に遭遇し、手がかりがない場合は、別のHP USBフォーマットツールが必要な場合があります。

Windows 10/8/7用のより良いHP USBフォーマットツール

AOMEI Partition Assistant Standardは、より高度なフォーマット機能を提供するフリーパーティションフォーマッティングツールです。HP USBフォーマットツールと比較して、このユーティリティは選択クラスタサイズを個別にサポートします。ブータブル形式のツールを作成するには、現在のオペレーティングシステムに基づいてブータブルメディアを作成できるため、事前にシステムファイルを準備する必要はありません。起動可能なメディアを使用して他のPCを起動して、フォーマットを開始することもできます。

AOMEI Partition Assistantでは、USBメモリーやSDカードなどのリムーバブルフラッシュドライブのフォーマットを除いて、使いやすいユーザーインターフェイスで内蔵HDD、外付けHDD、セキュア消去SSDをフォーマットすることもできます。さらに、FAT32、exFAT、NTFS、Ext2、またはExt3ファイルシステムでフォーマットできます。このHP USBフォーマットツールを無料でダウンロードし、試してみてください。

注:フォーマット中はすべてのデータが失われます。必要に応じて重要なファイルをバックアップします。

1. フォーマットするデバイスをPCに接続します。AOMEI Partition Assistantをインストールして実行します。

2. フォーマットするパーティションを右クリックし、「パーティションをフォーマット」を選択します。

パーティションをフォーマット

3. このウィンドウで、パーティションラベルを指定し、ファイルシステムとクラスタサイズを選択して「はい」をクリックします。

フォーマットを指定

4. 「適用」をクリックしてから「続行」をクリックして、保留中の操作を実行します。

適用して続行

ヒント

  • AOMEI Partition Assistant Professionalは、コマンドラインでハードドライブのフォーマットをサポートしています。より高度な機能が組み込まれています。

  • AOMEI Partition Assistantを使用してポータブルフォーマットツールを作成するには、USBまたはCD/DVDを挿入し、左側のウィンドウでブータブールCD/USBの作成をクリックし、ウィザードに従ってウィザードを完了します。次に、USBを別のPCに挿入し、USBを起動してフォーマットするためにAOMEI Partition Assistantを起動します。

まとめ

ポータブルなHP USBフォーマットツールを使用して、簡単にUSBメモリーをフォーマットできます。ただし、パーティションを完全にフォーマットするには、より包括的なフォーマットツール AOMEI Partition Assistantを使用します。

事実、パーティションのフォーマットを除いて、ソフトウェアは他の多くの実用的な問題を解決することができます。たとえば、誤って削除した場合、USBドライブ上のパーティションを復元することができます。NTFSとFAT32の間でフォーマットすることなく、パーティションファイルシステムを変更することができます。