By Akira / 最後の更新 2021年11月05日

Windows 10をGPTにインストールできません!

最近、新しいHDDにWindows10をインストールしようとしましたが、失敗し、「このディスクにWindowsをインストールできません」というエラーメッセージが表示されました。OSをインストールするドライブを選択して「次へ」をクリックすると、「選択されたディスクはGPTのパーティションの形式ではありません」というエラーメッセージが表示されました。なぜですか?どうすればWindows 10をGPTパーティションに正常にインストールできますか?どうもありがとうございます。

- ユーザーからの質問

GPTの形式ではありません

Windows 10をGPTにインストールできないのはなぜですか?

では、GPTパーティションにWindows 10をインストールできますか?実際、ハードドライブのパーティションスタイルが対応するブートモード(UEFI->GPTおよびLgeacyBIOS->MBR)に設定されている限り、GPTまたはMBRディスクへのWindows10のインストールを簡単に完了することができます。

したがって、「このディスクにWindowsをインストールできません。選択されたディスクはGPTのパーティションの形式ではありません」というエラーが表示されます。これは、PCが現在レガシBIOSモードで起動されているが、ハードドライブがレガシモードに設定されていないことを示しています。つまり、Lgeacy BIOSモードでGPTパーティションにWindows 10をインストールしようとすると、失敗します。

GPTパーティションにWindows 10をインストールする方法

以下には、データを失うことなくGPTパーティションにWindows10をインストールする方法を紹介します。必要に応じて一つの方法お選びください。

方法 1. ブートモードをレガシーBIOSからUEFIに変更する

PCのマザーボードがUEFIブートモードもサポートしている場合、レガシーBIOSをUEFIに変更することができます。パーティションスタイルをGPTからMBRに変更する必要がありません。以下はそれを行う手順です:

手順 1. PCを再起動し、F8、F12、Del、または別のボタン(マザーボードのモデルによって異なります)を押し続けてBIOSにアクセスします。

手順 2. BIOSモードで、キーボードの矢印キーで「ブート」タブに移動します。

手順 3. 「ブートモード」を選択し、「Enter」を押します。

手順 4. 上下の矢印を使用してUEFIモードを有効にします。

UEFIモードの有効

この後、Windowsのインストールを再試行できます。

方法 2. パーティションスタイルをGPTからMBRに変換する

コンピュータのマザーボードがUEFIブートモードをサポートしていない場合は、レガシーBIOSに対応するディスクスタイルを作成するために、GPTディスクをMBRに変換する必要があります。通常、Windowsインストールディスクを使用して、WinPE環境で変換を完了することができます。

1. インストールデバイス(USBまたはDVD)から起動します。

2. 「インストール」画面が表示されたら。すぐにShiftキー+F10キーを押し続けます。これにより、コマンドプロンプトが開きます。

3. コマンドプロンプトが開いたら、次のコマンドラインを1つずつ入力し、それぞれの後に「Enter」を押すことを忘れないでください。

▸diskpart:これにより、コマンドプロンプトでディスクパーティションモードに入ることができます。

▸list disk:オペレーティングシステムによって認識されたディスクドライブのリストが表示され、変換する必要のあるGPTディスクを見つけてください。

▸select disk 0:mはディスクの番号です。

▸clean:ディスクのすべてのパーティションを削除します。

▸convert mbr:このドライブをMBRパーティションスタイルに変換します。

▸exit:Diskpartコマンドプロンプトを閉じます。

コマンド

変換した後、ドライブは未割り当て領域の単一領域になります。未割り当て領域を選択し、「次へ」をクリックします。Windowsは、エラーメッセージを表示せずにインストールを開始します。

ただし、DiskPartを介してGPTをMBRに変換するには、ディスク上のすべてのパーティションを削除する必要があるため、現在のパーティション上のすべてのデータが失われます。

データを失うことなくWindows10をGPTにインストールする場合は、AOMEI Partition Assistant Professionalを使用することをお勧めします。このパーティションマネージャーを使用すると、パーティションを削除せずにGPTをMBRに、またはMBRをGPTに変換できます。デモ版をダウンロードしてお試しください。Windows 11、10、8.1、8、7、XP、Vistaと完全に互換性があります。

Proのデモ版 Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速
動作確認の目的でのみ使用される

手順 1. 動作中のコンピューターにAOMEI Partition Assistant Professionalをインストールして実行し、「ブータブルUSB/CDを作成」ウィザードに従って、USBフラッシュドライブにWinPEブータブルメディアを作成します。

ブータブルメディアの作成

手順 2. 起動可能なUSBドライブからWindows 10をインストールできないPCを起動します。PCを正常に起動すると、AOMEI Partition Assistantのメインインターフェイスが表示されます。

手順 3. GPTディスクを右クリックし、「MBRディスクに変換」を選択します。

MBRディスクに変換

手順 4. GPTディスクからMBRディスクに変換する確認画面が表示されるので「はい」をクリックして続行します。

確認

手順 5. メインインターフェイスに戻り、「適用」と「続行」をクリックして、MBRディスクへの変換操作を開始します。

適用

追加情報:GPTパーティションにインストールできるOS

Windows 10またはその他のオペレーティングシステムをGPTディスクにインストールする場合は、ブートモードとパーティションスタイルに加えて、オペレーティングシステムとGPTの互換性にも注意する必要があります。つまり、すべてのオペレーティングシステムがGPTディスクから起動できるわけではないため、必要に応じてオペレーティングシステムをアップグレードする必要があります。

一般的に、GPTボリュームから起動できるのは、UEFI(Unified Extensible Firmware Interface)をサポートするマザーボードにインストールされている64ビットバージョンのWindowsのみです。32ビットWindowsオペレーティングシステム(Windows XP 32ビットを除く)では、GPTディスクはデータディスクとしてのみ使用できます。詳細については、下の写真をご覧ください。

サポートするOS

ヒント:Microsoftの公式発表によると、Windows 11はUEFIブートモードでのブートのみをサポートしています。つまり、Windows 10からWindows 11にアップグレードするには、システムディスクがGPTディスクである必要があります。

まとめ

データを失うことなくWindows 10をGPTパーティションにインストールする方法は以上です。状況や要件に応じて適切なソリューションを選択してください。

また、AOMEI Partition Assistant Professionalを利用して、OSをMBRからGPT、GPTからMBR、GPTからGPT、またはMBRからMBRに移行したり、データを失うことなくダイナミックディスクをベーシックディスクに変換したり、MBRとGPTディスクのクローンを作成したりすることができます。Windows サーバーの場合は、AOMEI Partition Assistant Serverを使用してください。