By Asher / 最後の更新 2022年04月29日

Windows Server 2012 R2の概要

コード名「Windows Server 8.1」のWindows Server 2012 R2は、Microsoftによって開発されたWindows Server OSの7番目のバージョンであり、Windows NTシリーズのOSに属しています。Windows Server 2012 R2は、2013年6月3日にTechEd North Americaで初めて公開され、同じ年の10月18日にリリースされました。

Windows Server 2012 R2

Windows Server 2012 R2をインストールする方法

ISOからWindows Sever 2012 R2ブータブルUSBを作成する方法

PCにWindows 2012 R2をインストールする場合は、ISOファイルをダウンロードした後、最初に起動可能なUSBを作成する必要があります。DVDやCDなどの他のインストールメディアと比較して、起動可能なUSBはもっと持ち運びしやすいようです。それでも作成方法がわからない場合。次のコンテンツでは、ISOからWindows 2012 R2ブータブルUSBを作成するすべての手順を説明しますのでご安心ください。

手順 1. インストール用のUSBを準備します。そのサイズは8GB以上、フォーマット形式はFAT32である必要があります。USBはインストールプロセスに自動的に消去されるため、必ずしも消去する必要はありません。このように、最初にUSBをバックアップすることを忘れないでください。

手順 2. インターネットからWindows 7 USB/DVDダウンロードツールをダウンロードしてインストールします(PCで管理者として.exeファイルを実行します。そうしないと、正しくインストールされません)。

次に

手順 3. 先にインストールしたツールを実行します。

手順 4. Windows Server 2012 R2 ISOファイルをソースファイルとして選択して、「次へ」をクリックします。

手順 5. 「USBデバイス」を選択して続行します。

手順 6. 下のウィンドウが表示されている場合は、USBがコンピューターに正しく接続されていないか、フォーマット形式が正しくないか、ストレージが不足していることを意味します。USBデバイスが「4GBの最小ストレージ容量+FAT32ファイルシステム」を満たしていることを確認してください。

手順 7. 要件を満たすUSBスティックを挿入し、更新ボタンを押します。これで、「コピーを開始」をクリックして開始できます。

手順 8. USBフラッシュドライブに問題がなければ、コピーが開始されます。もし事前に消去しておらず、このダイアログボックスが表示されます。「USBデバイスの消去」をクリックして続行します。

手順9.「はい」をクリックすると、フォーマットとコピーが開始されます。

USBからWindows Server 2012 R2をインストールする

インストールUSBを正常に作成したら、次にOSをインストールします。ただし、Server 2012 R2のインストール中にデータが失われた場合に備えて、開始する前にPCのバックアップを作成してください。

手順 1. 準備したUSBをPCに接続し、そこから起動します(PCがUSBデバイスから起動できるように、BIOSで起動順序を変更する必要があります)。CDまたはDVDから起動するには指定のキーを押してくださいという通知が表示されたら、「ENTER」キーを押します。次に、言語、時刻、入力方式などを選択します。終了したら、「次へ」を押して続行します。

言語を選択

手順 2. 「今すぐインストール」をクリックします。

今すぐインストール

手順 3. これで、Windowsは.tempファイルをコピーし、Windowsのインストール画面を表示します。PCがインターネットに接続されている場合は、「オンラインで今すぐ更新プログラムをインストールする」を選択してください。

 PCがインターネットに接続

手順 4. OSの一覧からWindows Server 2012 R2のバージョンを選択し、「次へ」をクリックします。

Server 2012 R2のバージョンを選択

手順 5. これらのライセンス条項を受け入れて、「次へ」をクリックします。

ライセンス項目を受け入れ

手順 6. 「カスタム:Windowsのみをインストールする」を選択します。

カスタムインストール

手順 7. OSをインストールするハードディスクを選択し、「次へ」をクリックします。

手順 8. 次に、「次へ」をクリックすると、インストールが開始されます。既存のファイルを上書きするかどうかを確認するメッセージが表示されたら、「いいえ」をクリックしてファイルを保持します。

インストールには約1時間かかる場合があります。終了したら、インストールされているWindows Server 2012 R2の実行を試すことができます。

第三者のソフトでWindows Server 2012 R2をインストールする

上記の段落では、USBからWindows Server 2012 R2をインストールする方法を学習しました。ご覧のとおり、インストールを完了するには最大17の手順が必要です。初心者には複雑すぎて時間がかかります。したがって、ここでは、Server 2012 R2をコンピューターにクリーンインストールするのに役立つ別のより簡単で安全な代替手段を紹介します。

これがAOMEI Partition Assistant Serverで、OSを現在のパーティションから別のハードディスク(SSDまたはHDD)に直接移行するのに役立ちます。起動可能なUSBからWindows Server 2012 R2をインストールすることとは異なり、この方法では、Server 2012のブートファイル全体とブートパーティションにインストールされている他のプログラムを別のハードドライブに転送して、すべてのデータとファイルの安全性を確保します。この強力な機能に加えて、このソフトウェアは、パーティションとハードドライブ間でファイルを転送する場合に、パーティションクローンとディスククローンにも役立ちます。

ヒント:
1.OSを移動するSSDまたはHDDに未割り当ての領域が必要です。また、ターゲットハードドライブは、現在のOSパーティションの使用済み領域以上である必要があります。
2.ターゲットハードドライブに未割り当て領域がない場合は、パーティションを縮小または削除して作成できます。
3.OSをMBRディスクからGPTディスクに移行する準備をする場合は、マザーボードがEFIまたはUEFIブートをサポートしていることを確認してください。そうでない場合は、事前にSSD/
HDDMBRに変換する必要があります。

Serverの無料デモ版 動作確認の目的でのみ使用
安全かつ高速

手順 1. AOMEI Partition Assistant Serverをインストールして実行すると、すべてのディスクとパーティションの情報が画面に表示されます。そして、「OSをSSDに移行」>「次へ」をクリックします。

OSをSSDに移行

手順 2. ターゲットディスクの未割り当て領域を選択し、「次へ」をクリックします。

SSDドライブの未割り当て領域を選択

手順 3. パーティションサイズを調整したり、新しいハードディスクパーティションの他の情報(場所、ドライブ文字など)を変更したりできます。もちろん、デフォルト設定のままにして、「次へ」をクリックすることもできます。

パーティションのサイズを変更

手順 4. 次のウィンドウでOSブートに関するメモが表示され、「完了」を押します。メインインターフェイスに戻り、「適用」>「続行」をクリックします。

OSブートに関するメモ

適用

インストール後にWindows Server 2012 R2を正常に起動するには、起動順序を変更し、ターゲットSSDまたはHDDを最初の起動デバイスとして設定することを忘れないでください。さらに、ソースディスクとターゲットディスクのパーティションスタイルが異なる場合は、ブートモードをLegacyからUEFIに、またはUEFIからLegacyに切り替える必要があります。

括り

初心者にとって、オペレーティングシステムのインストールは、多くの知識を必要とするため、それを実行するには決して簡単ではありません。インストールを成功させるには、起動可能なUSBを作成し、BIOSモードで起動順序を変更し、最後にOSをインストールする必要があります。この記事では、USBからWindows Server 2012 R2をインストールする方法を学びました。

ページの後半では、Windows Server 2012 R2をより効率的にインストールするために、シンプルなサードパーティソフトAOMEI Partition Assistant Serverも紹介されています。このソフトウェアを使用してWindows Server 2012 R2をインストールすることは簡単で安全であり、数回クリックするだけで実行できます。さらに、クライアントに請求可能な技術サービスを提供する場合は、このソフトウェアのTechnicianエディションもあります。