By Asher / 最後の更新 2021年10月14日

案例

CCleanerの代替品はあるか?

最近、コンピューターの動作が非常に遅くなり、Cドライブがほぼいっぱいになっていることが原因だと思います。そこで、スペースを解放するのに役立つ何らかのソフトウェアを求めています。CCleanerがハッキングされ、マルウェアが含まれていると聞きました。CCleanerは安全ですか?そうでない場合は、CCleanerよりも優れた代替品はありますか?

- あるユーザーからの質問

CCleanerは安全か?

CCleanerは、Piriformによって開発されたクリーナーソフトウェア(システムクリーナー)の名前です。基本機能を無料で提供します。フリーソフトウェアとして配布されています。フリーのクリーナーソフトとして代表的製品のひとつといえます。

CCleanerはシステムファイルの削除をはじめ、各Webブラウザの閲覧履歴とCookieの削除、レジストリの最適化など、さまざまな機能があります。

CCleanerは安全ですか?2017年より前に質問があった場合、答えは「はい」でした。しかし、2017年末にCCleanerがハッキングされ以来、27万人のPCユーザーがマルウェアに感染するリスクがありました。したがって、その安全性が今はっきりしていません。いくつかのパッチがリリースされた後、一部の問題が解決されましたが、まだいくつかの問題が残っています。

ユーザーの許可なしに更新します。
最新バージョンでは、収集オプションがデフォルトで有効になっています。
ユーザーのシステム情報を監視します。
ソフトを終了するのが難しいです。
マルウェアが含まれています。

したがって、一般的に、CCleanerは以前ほど安全ではなくなりました。

システムドライブを解放するためのCCleanerの最良の代替品

CCleanerはシステムスペースを解放して、システムをよりスムーズに実行できるようにするために使用されます。しかし、CCleanerはもはや安全ではないため、代わりに別の代替品を見つける必要があります。Cookieやキャッシュなどのジャンクファイルをクリーンアップすると主張する同様のソフトウェアが市場にたくさん出回っていますが、通常、結果は期待外れになります。そのため、今回は、システムドライブ用のスペースを増やすために、非常に効率的なディスクの管理ソフトウェアであるAOMEI Partition Assistant Professionalをお勧めします。

この強力なCCleanerの代替品を使用すると、未使用のアプリケーション(Microsoft Office、OneDrive、ビデオゲームなど)をシステムCドライブから他のデータドライブ(D、E、Fなど)に移動して、システムスペースを解放できます。一般的に、これを行うことで、数百GBの空き容量を取り戻すことができます。アプリ引っ越しの機能に加えて、このソフトウェアを使用すると、あるドライブから別のドライブに空き領域を割り当てることもできます。

この強力なディスクマネージャーを一緒に試してみましょう。

Proのデモ版 Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速
動作確認の目的でのみ使用される

ステップ 1. AOMEI Partition Assistant Proインストールして実行し、起動します。すべてのディスクとパーティションがメインインターフェイスに表示されます。

ステップ 2. 左のウィザードで「すべてのツール」>「アプリ引っ越し」を選択します。

アプリ引っ越し

ステップ 3. すべてのパーティションがポップアップウィンドウに一覧表示されます。Cドライブを選択し、「次へ」をクリックします。

Cドライブを選択

ステップ 4. 移動したいアプリやプログラムを確認し、移動する場所を事前設定してください。「移行」をクリックしてください。

移行

ステップ 5. 移行中に実行中のアプリを強制終了するという警告メッセージが表示されます。問題なければ「OK」をクリックします。

警告メッセージ

ステップ 6. 移動が完了したら、「完了」をクリックしてメインインターフェイスに戻ります。

追加:システムドライブを解放するためのその他の方法

実際、Cドライブがいっぱいになった場合に、システムスペースを解放する方法は他にもたくさんあります。ここではいくつかを紹介します。

ディスククリーンアップを実行する

ディスククリーンアップはWindows内蔵ユーティリティで、クッキーデータやドライブの詰まったキャッシュをクリーンアップするために使用されます。完全に無料で使用できますが、サードパーティのソフトウェアほど効果的ではありません。

ステップ 1. 「Windows+R」キーを同時に押し、「ファイル名を指定して実行」ダイアログボックスを開きます。その後、「cleanmgr」を入力して、Enterキーを押し、ディスククリーンアップウィンドウが開きます。

cleanmgr

ステップ 2. 「ディスククリーンアップ:ドライブの選択」ウィンドウが表示されたら、ドロップダウンをクリックして、Cドライブを選択します。「はい」をクリックします。

ステップ 3. 次に、「削除するファイル」セクションで、クリーニングするファイルを確認し、「はい」をクリックします。

ディスククリーンアップ

プログラムや機能から不要なアプリケーションを削除する

誤って1つ以上のアプリケーションをCドライブにインストールした場合、それらは多くのスペースを占める可能性があります。この場合、もちろん、AOMEI Partition Assistant Professionalを使用して他の場所に移動するだけでなく、コンピューターから直接削除することもできます。

ステップ 1. 「スタート」メニューをクリックして、多くのメニュー項目から「Windowsシステムツール」>[コントロールパネル]を選択します。

ステップ 2. ポップアップウィンドウで、「プログラム」をクリックします。

プログラム

ステップ 3. 「プログラムと機能」を選択します。

プログラムと機能

ステップ 4. 次に、すべてのアプリケーションとプログラムがウィンドウの右側に一覧表示されます。不要になったアプリケーションを右クリックし、「アンインストール」をクリックしてコンピューターから削除します。

注意:パブリッシャーは、システムに付属しているWorld、Excel、PowerPointなどのアプリをアンインストールすることが許可されていません。この場合、上記で推奨したサードパーティのツールを使用する必要があります。

ウイルス対策ソフトウェアを実行する

システムスペースの不足は、ウイルスが絶えず不良ファイルを生成していることが原因である可能性もあります。この場合、Windows Defenderなどのウイルス対策ソフトウェアを使用して、システムを完全にスキャンする必要があります。

結論

CCleanerは安全ですか?2017年にCCleanerがハッキングされた後、PCユーザーはそのプログラムの安全性についてよく尋ねました。上記の投稿では、ディスクスペースを解放するという方面で同様の機能を持つCCleanerのより良い代替を紹介しました。同時に、システムドライブを解放するためのその他の方法も紹介します。

さらに、AOMEI Partition Assistantはディスククリーンアップだけでなく、空き領域の割り当て、パーティションアライメント、SSDへのOS移行、MBRの再構築、NTFSファイルシステムとFAT32ファイルシステムの間の変換など、様々な機能を備えています。ぜひ、試してみてください。

もし、この記事が役立つなら、友達や家族と共有しましょう!また、何か質問や提案がある場合は、以下のコメント欄に入力するか、または[email protected]までご連絡ください。よろしくお願いします。