Byゆき / 最後の更新日時 2020年08月20日

新しいSSD(ソリッドステートドライブ)をもらう時、従来のHDD(ハードディスクドライブ)に対した分割操作はSSDで行われる必要がありますか。最初の時、SSDハードドライブは比較的に小さくて、人々はそれをシステムドライブだけとして使用するのでそれを分割する必要がありません。その時、ユーザーは常にSSDとHDDを一緒に使用します。しかし、最近SSDの容量は前よりもずっと大きくなっていきます。1TB容量を持っているSSDでも、市場で珍しくありません。そのため、より多い人は「お使いのSSDを分割すべきか」という問題を聞きました。分割はSSDの性能を向上させますか。この記事で答えを見つけましょう。

SSDとHDDの動作原理はかなり異なります。最外トラックはより速い転送速度があるのでHDDの最初のパーティションにOSをインストールします。データと他のファイルをCドライブ以外のパーティションに入れるのはOSを速くて、効率的に作業させます。要するに、HDDの物理的な構造は従来のHDDを分割する理由です。より良い性能のために、HDDを分割して、異なるパーティションに異なるデータまたはファイルを入れる必要があります。例えば、HDDでパーティションを作成して、HDDパーティションにSSDをバックアップします。

SSDなら、転送速度に差がなくて、従来HDDのスピニングディスクと読み書きヘッドを複数のメモリで取り替えます。そのため、SSDは機械的に動作する部品がないで、上の異なるメモリチップの転送速度はほぼ同じです。SSDはデータを特定の物理的な領域に限定しません。分割からSSDのより良い性能だけを取得するために、SSDを分割する必要がありません。

しかし、前が述べた状況を考えて、SSDの容量は大きくなる場合、管理の目的でSSDを分割することもあります。こういう時、コンピューターの入力と出力の性能を向上するためにSSDのパーティションアライメントを確認してください。SSDを管理、分割するのに、フリーソフトAOMEI Partition Assistant Standardから助けをもらえるかもしれません。このソフトウェアはフォーマットされたディスクの再分割だけでなく、高速分割もできます。SSDを他のユーザーに転売する時、消去の必要があります。このソフトをダウンロードして、体験しましょう。

AOMEIはPCユーザーのためにより多い高度な機能があるPartition Assistant Professionalエディションを提供します。例えば、SSDをうまく分割できない場合、OSだけでなく、データをSSDに保存したいなら、Professionalエディションを使用して直接にデータパーティションからの空き領域をシステムドライブに割り当てることができます。他のはMBRとGPTスタイル間のシステムディスクの変換です。