By ゆき / 最後の更新 2022年09月20日

Kingston(キングストン)のSSDについて

 

Kingston(キングストン)は世界をリードするのSSDメーカーです。業界30年以上経験や技術を持つ、最もきめ細かく厳格な100%動作検証、優れた無料サポートセンター、革新的な技術の継続開発など、Kingstonは創立以来、品質と信頼性で常に業界標準を更新してきました。

 


KingstonのSSD(ソリッドステートドライブ)は、顧客や組織のためにパソコンの性能を向上させる理想的な方法の一つです。幅広いモデルや容量が用意されたKingston SSDは、従来のHDD(ハードディスクドライブ)と比べて速度、性能および信頼性を向上させ、パソコンの寿命を延ばします。2年、3年、または5年保証と、無料サポート、およびキングストンの信頼性を備えたKingston SSDは、将来を見据えた安心の性能と、データの安全性を実現します。

Kingston SSD

最近ではKingston SSDを使う人がますます増えています。

なぜKingston SSDを選ぶ?

ご存知のように、SSD(ソリッドステートドライブの略)は半導体メモリを使用するので、従来のHDD(ハードディスクドライブの略)よりも速いし、静かだし、省電力、省スペースです。HDDが搭載されたパソコンのパフォーマンスに不満があった場合は、古いHDDから速いSSDへ換装(交換)することができます。HDDをSSDに置き換えたら、パソコンの処理速度や読み書き速度はものすごく早くなりますよね。

しかし、世界中で有名なSSDメーカーはたくさんあります。例えば、Samsung、SanDisk、Intel、Kingstonなどです。どのブランドのSSDを選んだほうがいいでしょうか?デスクトップパソコンであろうと、ノートパソコンであろうと、Kingston(キングストン)製のSSDは悪くない選択だと思います。上述のように、Kingston SSDを使用したら、パソコンの性能を大幅に向上させたり、データをより安全に保護したり、パソコンを新品のようにしたりする(つまり、パソコンの寿命を延ばすか、PCのアップグレード/更新を遅延する)ことができます。

※補足:Kingston SSD商品はたくさんあります。必要に応じて、適切なモデルを選んでください。例えば、企業の場合、V300、KC380、KC400、E100やE50を選択できます。システム構築の場合、mS200、M.2 SATA、s200やPredatorを選択できます。また、V310、FURY、Savageもあります。

なぜKingston SSDへクローンする?

Kingston SSDを一つを購入した後、HDDからKingston SSDへの交換/換装/アップグレードは、主に「Windows 7/8/10/11をクリーンインストールする方法」と「クローンを作成して交換する方法」2つの方法があります。

クリーンインストールは、システムやアプリを再インストールする必要があります。あまりお勧めしません。HDD全体をKingston SSDにクローンする方法は、シンプルで簡単です。時間と手間を節約したり、使い慣れた環境を維持することができます。しかも、この方法ならHDDをそっくりそのままSSDにコピーするので、交換後すぐに使えるというのもポイントです。Windowsのライセンス認証で苦戦する心配もありません。強くお勧めします。

そのため、Kingston SSDクローンソフトウェアを使用してHDDをKingston SSDへクローンする必要があります。

どんなKingston SSDクローンソフトを選択すべき?

ファイルだけをKingston SSDに転送したい場合、Windows 7/XP/VistaでMicrosoftがリリースしたSyncToyを試すことができます。Windows 10やWindows 8.1でSyncToyの最新版をダウンロードする必要があります。しかし、SyncToyはファイルだけをコピーします。OSまたはHDD全体を移行するために、Kingston SSD向けの専門クローンソフトウェアを使用する必要があります。

AOMEI Partition Assistant StandardはKingston SSD向けの無料クローンソフトウェアであり、特定のパーティションをコピー、HDD全体をKingston SSDへクローンする機能を提供しています。このソフトウェアはWindows 11/10/8.1/8/7およびWindows XP/Vistaのために無料ですが、有料版にアップグレードしたら、OSだけをSSDに移行するための高度な機能も備えています。

そのグラフィカルユーザインタフェースは直感的で分かりやすいため、パソコン初心者でも簡単に使えます。今すぐこのソフトウェアをダウンロードして、試すことができます。

無料ダウンロード Win 11/10/8.1/8/7/XP
5千万人以上のユーザーに信頼される

Kingston SSDクローンツールAOMEI PAの使い方

PCにKingston SSDを接続して、Windowsによってそれを検出できることを確認します。前にBIOSでAHCIを有効にするのはSSDの寿命を延ばすことができます。

ステップ 1. AOMEI Partition Assistant Standardをインストールして起動します。クローン元のHDDを右クリックして、「ディスククローン」を選択します。

※ヒント:無料版でデータディスク間でのクローン、MBR起動ディスクからMBRディスクへのクローンができますが、MBR起動ディスクからGPTディスクへ、GPT起動ディスクからMBR/GPTディスクへクローンするために、有料版にアップグレードする必要があります。

ディスククローン

ステップ 2. ウィザードに従って、「ディスクの高速クローン」方法を選択します。

クローン方式

ステップ 3. クローン先のディスク(Kingston SSD)を選択します。

ターゲットディスク選択

ステップ 4. ターゲットディスク(Kingston SSD)上のパーティションを編集します。

ディスク編集

パーティションのサイズを変更せずクローン:クローン先ドライブ上のパーティションサイズはクローン元ドライブと全く同じです。ターゲットドライブに未割り当て領域が作成されるかもしれません。
クローン先に合わせる:各パーティションのサイズを自動で調整して、クローン先ドライブの総容量を使用します。ターゲットドライブに未割り当て領域がありません。
手動で編集する:ターゲットディスク上の各パーティションのサイズを手動で変更できます。

ステップ 5. 「適用」⇒「続行」をクリックして、この操作を実行します。

適用

結語

Kingston SSD向けのクローンソフトウェアAOMEI Partition Assistant Standardを使用して、五つの手順だけで古いディスクからすべてのことを新しいSSDに移動することができます。クローンの機能に加えて、AOMEI Partition Assistantはより多くの機能を持って、パーティションとディスクを効率的に管理することができます。例えば、このソフトウェアを使用して、より大きなHDDへクローンを作成した後の未割り当て領域を扱うことができます。また、ドライブをFAT32に再フォーマットすることもできます。

大容量HDDにクローンした後の未割り当て領域

AOMEI Partition Assistantはもっと高度な機能を含むProfessionalエディションがあります。例えば、システムドライブは容量不足になっている場合は、このAOMEI Partition Assistant Professionalを使用して、D/E/FからCドライブに空き容量を割り当てることができます。また、AOMEI はWindows 2003、2008(R2)、2012、2016(R2)、2019、2022とSBS 2011ユーザーのためにAOMEI Partition Assistant Server版もあります。