By Akira / 最後の更新 2021年05月06日

 Kingston SSDへのデータ移行(クローン)

SSDはソリッドステートドライブの略である、従来のHDDよりも高速のストレージドライブです。HDDよりも性能が優れているため、HDDをSSDに変更したいユーザーが増えています。

キングストンSSDは、世界で有名なSSDです。古いハードドライブをKingston SSDに交換する場合は、オペレーティングシステムを新しいKingston SSDに再インストールする必要があります。そうなりますと、古いハードドライブ上のデータを破棄しなければなりません。データを放棄したくない場合はどうしたらいいでしょうか。古いハードドライブから新しいKingston SSDにデータを移行できることでしょうか?

Kingston SSDにデータクローンのソフトウェア

Kingston SSDにデータをクローンするには、Kingston SSDデータ移行ソフトウェアを使用するのが一番便利です。ここでは、ソフトウェアAOMEI Partition Assistant Professionalをお勧めします。このソフトウェアは、データをKingston SSDに移行し、Windows10 / 8 / 7を含むWindowsPC OSでいくつかの簡単な手順で性能を最適化できます。ここでは、詳細な手順を紹介します。

Proの無料体験版 Win 10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速

ステップ1.Kingston SSDをコンピューターに接続し、コンピューターで検出できることを確認します。次に、AOMEI Partition Assistant Professionalをインストールして起動します。ハードドライブを右クリックし、「ディスククローン」を選択します。

ディスククローン

ステップ2.ニーズに応じてクローン方法を選択し、「次へ」をクリックしてください。

クローン方法

注: 「セクター単位のクローン」は、使用されているかどうかに関係なく、ハードドライブ上のすべてのバイトをコピーします。ターゲットディスクは、少なくともソースディスクと同じ大きさである必要があります。ハードドライブをより小さなSSDにクローンしようとしている場合は、「ディスクの高速クローン」を選択してください。

ステップ3.次に、ソースディスクの宛先ディスクとしてKingston SSDを選択する必要があります。宛先ディスクがSSDであることを考慮して、ここでは「SSDの性能を最適化」のところにチェックをいれてください。

クローン先のディスク

ステップ4.次の画面で宛先ディスクのパーティションサイズを編集できます。必要に応じて、Kingston SSDのパーティションサイズを調整できます。編集が終わったら、「次へ」をクリックしてください。

パーティションを編集

ステップ5.「注」の内容を確認した後、「完了」をクリックしてください。

「注」

ステップ6.「適用」をクリックし、確認後に「続行」をクリックしてください。

適用

結語

AOMEI Partition Assistant Professionalは、優れたKingston SSDデータ移行ソフトウェアです。「ディスククローン」機能を使用してHDDをSSDにクローンできます。特定のパーティションをKingston SSDにコピーすることができます。また、OSのみをSSDに移行することもできます。さらに、パーティションのサイズ変更、NTFSからFAT32への変換、起動可能なメディアの作成など、ディスクを管理するための多くの機能があります。

AOMEI Partition Assistantそのほかのバージョン:Windows Server 2003、2008(R2)、2011、2012(R2)、2016、2019のユーザーの場合、AOMEI Partition Assistant Server版を使用してください。また、社内の台数無制限のPC&Serverで利用可能なAOMEI Partition Assistant Unlimited版もあります。更に、AOMEI Partition Assistant Technician版を購入するIT専門家、システム管理者、技術者はクライアントに技術サポートを有償サービスとして提供することができます。ニーズに応じて適切なバージョンを選択しましょう~ ▶AOMEI Partition Assistant異なるバージョンの比較