ByAOMEI / 最後の更新日時 2020年02月27日

この記事はWindowsでパーティションを簡単に起動できるようにする方法を説明します。起動に関しての知恵をもっと知りたいユーザーはぜひこのページに記載されている解決策をお見逃ししないで!

Windowsでパーティションを起動できるように

ブートパーティションはブートボリュームとも呼ばれ、ブートローダーとWindowsオペレーティングシステムに必要なファイルを含むパーティションです。ブートパーティションはPCを正常に起動するための前提条件です。ブートパーティションは、システムに関連するブートローダーを含む必要があるだけでなく、アクティブパーティションとしてマークする必要もあります。

ディスクにインストールするオペレーティングシステムごとに、それぞれのにブートパーティションがあります。ディスク上に複数のオペレーティングシステムがあり、必要なオペレーティングシステムだけを起動しようとする場合は関連するパーティションをアクテイブに設定することによって実現できます。ただし、一つのディスクには唯一のアクテイブパーティションしか存在できません。即ち、複数のアクテイブパーティションを持つことはできません。

その上、PCが正常に起動できない時、アクテイブパーティションを設定するのはよく使われる対応策です。PCが起動に失敗する場合は、まず起動パーティションがアクテイブに設定されているかどうかを確認する必要があります。そうでないと、Windowsでパーティションをアクテイブにして、起動できるようにする必要があります。

Windowsでパーティションをアクテイブに

どうやってWindowsでブートパーティションをアクテイブ状態にしますか。ここでは3つの効率的な方法を紹介します。

Diskpartでブートパーティションをアクテイブにする

  • 1. Win+R」を合わせて押します。ダイアログボックスに「diskpart」と入力してEnterを押します。 ファイル名を指定して実行

  • 2. 次のコマンドをそれぞれDiskpartのウインドウに入力してEnterを押します。

  • ● list disk

  • ● select disk n (nはブートパーティション所在のディスクの番号です)

  • ● list partition

  • ● select partition n (nはブートパーティションの番号です。)

  • ● active

diskpartでアクテイブパーティションを設定します

「ディスクの管理」でアクテイブパーティションを設定

  • 1. Winキー+R」を合わせて押して「ファイル名を指定して実行」に「diskmgmt.msc」と入力してEnterを押します。

  • 2. アクテイブパーティションに設定しようとするパーティションを右クリックし、「パーティションをアクテイブとしてマーク」を選択します。 ディスクの管理でパーティションをアクテイブとしてマーク

  • 3. プロセスが完了するまで待ってPCを再起動します。

上記の2つの方法はWindowsでブートパーティションをアクテイブにすることができますが、直接にディスクのプロパティを編集するのは間違えるとデータが失われる可能性が大きいですので、作業する時は非常に注意する必要があります。さらに、操作はすぐに適用され有効になり、前の状態に戻ることはできません。データを安全に扱うため、三番目の方法を強くお勧めします。

優れたディスク管理ソフトでパーティションをアクテイブにする

多機能の無料ディスク管理ソフトAOMEI Partition Assistant Standardを利用すると、作業が簡単かつ安全になります。このソフトはWindows XP/Vista/7/8/8.1/10をサポートしています。ディスクの管理とパーティションの処理に関しての機能が沢山備わっているので、ブートパーティションをアクテイブとしてマークするのはごく簡単な作業です。

AOMEI Partition Assistant Standardで数回のクリックでパーティションをアクテイブにできます。作業を最後に適用する前、いつでもキャンセルできます。Windowsの「ディスクの管理」で一部のパーティションはパーティションをアクテイブとしてマーク」項目がグレイアウトでクリックできない場合もこのソフトで解決できます。

無料使用 ★24時間メールサポート

  • 1. AOMEI Partition Assistant Standardを起動させ、アクテイブパにしようとするパーティションを右クリックして「詳細処理」→「パーティションをアクテイブとしてマーク」をクリックします。aomei partition assistantでパーティションをアクテイブとしてマーク

  • 2. はい」をクリックして続行します。はいをクリックします

  • 3. メインインタフェースに「適用」をクリックし、ポップアップウインドウに操作概要を確認して「続行」をクリックします。

    操作を適用します

ヒント
● プライマリパーティションのみをアクテイブパーティションとしてマークできます。他のパーティションはアクテイブとしてマークできません。でないと、PCは正常に動作できません。プライマリパーティションがない場合は論理パーティションをプライマリパーティションに変換しておけます。● アクティブとしてマークする前に、パーティションに「boot.ini」、「ntldr」、「bootmgr」、「BCD」などのローダーまたはブートファイルが含まれていることを確認してください。

まとめ

この記事はWindowsで3つのブートパーティションをアクテイブとしてマークする方法を紹介します。Diskpartとディスクの管理と比べて、PCの素人はサードパーティ製ソフトを使用して簡単で安全に作業を行えます。さらに、AOMEI Partition Assistantは、システムをSSDに移行し、MBRディスクとGPTディスクの間で変換するなど、さまざまな問題を解決できます。

Androidタブレットの容量を増やす セカンドドライブが認識しない