By三浦大和 / 最後の更新日時 2020年06月01日

「三浦大和」という名前をクリックすると、他のディスク管理についての文章を読めます。問題があれば、こちらへどうぞ!

アクティブパーティションとは何ですか?

ハードディスクドライブには、アクティブパーティションは、ブータブルパーティションに設定されることができ、オペレーティングシステムを含むパーティションです。つまり、お使いのコンピュータがMicrosoft windowsであれば、アクティブパーティションは windowsを含むパーティションです。その同時に、各ハードドライブで設定できるアクティブパーティションまたはブータブルパーティションはただ一つです。

パーティションをアクティブとしてマークする理由

コンピュータを起動すると、BIOSはまずプライマリパーティション間でアクティブパーティションを探します。次に、アクティブパーティションの先頭にあるブートセクタがブートローダー(オペレーティングシステムツール)を実行して、オペレーティングシステムのブートファイルをダウンロードします。その後、いつものようにコンピュータを起動することができます。

上述からみて、アクティブパーティションは、パソコンを起動するための主要な条件であると分かります。それ以外、次の条件も必要です:

アクティブパーティションには、オペレーティングシステムによって作成されたブートセクタが必要です。

アクティブパーティションには、ブートローダーとブートファイルが含まれている必要があります。さらに、ブートローダーは、物理ドライブのOSの場所を明確に取得しなければなりません。

オペレーティングシステムは、ハードドライブ上の正しい場所に位置しないといけません。

「パーティションをアクティブとしてマーク」がグレー表示される理由

1. プライマリパーティションのみをアクティブにすることができます。

お使いのコンピュータを起動する場合は、オペレーティングシステムとブートファイルの両方が必要です。ただし、どちらも論理パーティションではなくプライマリパーティションのみに保存できます。

2. アクティブにマークされるプライマリパーティションは1つだけです。

つまり、既にプライマリパーティションをHDDにマークしている場合、「ディスクの管理」では、他のマークされたアクティブを解除できません。

パーティションをアクティブとしてマーク

Windows 10/8/7で「パーティションをアクティブとしてマーク」がグレー表示されるのを解決!

上述したことから分かるように、アクティブとしてマークされたプライマリパーティションは一つしかありません。プライマリパーティションが存在しない場合、またはアクティブパーティションが既に存在する場合は、「ディスクの管理」でパーティションをアクティブとしてマークすることはできません。

こんな場合、AOMEI Partition Assistant Proをお勧めします。それですべてが簡単になります。プライマリパーティションがない場合は、論理パーティションを変換し、プライマリパーティションをアクティブとしてマークできます。誤ってパーティションをアクティブとしてマークした場合は、別のパーティションを直接マークすることができます。

場合1:プライマリパーティションはありません

論理パーティションをプライマリパーティションに変換

ステップ 1. AOMEI Partition Assistantをダウンロードし、インストール、起動します。

ステップ 2. メインページに入り、変換する論理パーティションをクリックしてから、「詳細処理」、「プライマリパーティションに変換」を選択します。

論理パーティションをプライマリパーティションに変換する

ステップ 3. プライマリパーティションへの変換操作を確認し、「はい」をクリックします。

プライマリパーティションの変換を確認

ステップ 4. 最終結果をプレビューし、「適用」をクリックします。

最終結果をプレビュー

ステップ 5. 続行」をクリックし、プロセスが終わるまで、少しお待ちください。

プライマリパーティションへ変換しましょう

ここまで、論理パーティションをプライマリパーティションに変換しました。これから、プライマリパーティションをアクティブにしましょう。

プライマリパーティションをアクティブにする

ステップ 1. アクティブとしてマークされるプライマリパーティションを右クリックし、「詳細処理」および「パーティションをアクティブとしてマーク」を選択します。

パーティションをアクティブとしてマーク

ステップ 2. 保留中の操作を確認し、「はい」をクリックします。

パーティションをアクティブとしてマーク

ステップ 3. 結果をプレビューし、「適用」をクリックします。

パーティションをアクティブとしてマークします

ステップ 4. 続行」をクリックしてプライマリパーティションをアクティブにしましょう。

続行

ステップ 5. 終了すると、次のようにディスク上にアクティブパーティションが表示されます。

アクティブパーティション

状況2:「パーティションをアクティブとしてマーク」を間違えて設定した

正しいプライマリパーティションをアクティブにする

ステップ 1. AOMEI Partition Assistantのメインインターフェースに入り、アクティブとしてマークされるパーティションをクリックし、「詳細処理」と「パーティションをアクティブとしてマーク」を選択します。

アクティブパーティションの設定

ステップ 2. 保留中の操作を確認し、「はい」をクリックします。

アクティブの設定を確認

ステップ 3. 結果をプレビューし、「適用」をクリックします。

アクティブの設定を適用

ステップ 4. 続行」をクリックして保留中の操作を実行します。

アクティブの設定を続行

ステップ 5. すべての操作が終了したら、以下のようなウィンドウが表示されます。

アクティブパーティションの設定が終了

概要

「ディスクの管理」では、プライマリパーティションのみをアクティブとしてマークできます。プライマリパーティションがない場合、または誤ってパーティションをアクティブとしてマークした場合、「パーティションをアクティブとしてマーク」がグレー表示されます。

このエラーを修正するには、AOMEI Partition Assistantをお勧めします。プライマリパーティションがない場合は、論理パーティションをプライマリパーティションに変換できます。誤ってパーティションをアクティブとしてマークした場合は、正しいパーティションをアクティブとしてマークできます。

AOMEI Partition Assistantは非常に便利で、ボリュームの拡張が無効になっている、Windows 10のハードディスクの制限、選択したディスクがGPTパーティションスタイルであるなどのさまざまな問題を解決できます。