Byゆき / 最後の更新日時 2020年02月27日

パーティションを結合することによって、二つが一つになります。同じ種類のファイルを保存するとき、それはより便利になります。 AOMEI Partition Assistantを使用して、データを損失することなく、Windows XPのパーティションを容易にマージすることができます。

なぜXPのパーティションを結合することが必要なの?

今でも、OSとしてWindows XPを使用しているユーザーが沢山います。コンピュータユーザーにとっては、Cパーティションの空き領域が不十分である状況が当たり前のことになります。そして、ユーザーがスペースを解放するためにゴミファイルを削除する傾向があります。残念ながら、それは最善の解決策ではありません。この問題を解決する最善の方法は、空きパーティションがあったら、XPパーティションを拡張するか、XPパーティションに空き領域をマージすることです!

別の状況は、この前、単一のパーティションにファイルを保存し、ある日、2つのパーティションが類似のデータタイプを保存したことを見つけ、一つに2つのパーティションを結合するということです。

どのようにWindows XPのパーティションを結合

市場にはWindows XPパーティションを結合できるソフトウェアが沢山あります。しかし、この記事では、使いやすくて、データ保護できるディスクパーティション管理フリーソフトAOMEI Partition Assistant Standardをお勧めします。これは完全にWindows XPをサポートしています。また、Windows XPのパーティションを完璧に結合することができます。

パーティションを結合する詳細手順:

1.結合したいパーティションを右クリックして「パーティションを結合」を選択します。

パーティションの結合を選択

2.新しいウィンドウで、結合したい2つのパーティションを選択します。また、ターゲット・パーティションとして一つのパーティションを選択します。その後、「はい」をクリックします。

二つのパーティションを選択

3.メインメニューにバックします。その後、「適用」をクリックしてパーティションの結合操作を実行します。

パーティションの結合を実行
最後

注意

● 任意の既存パーティションに任意の未割り当て領域を結合することができます。

● Partition Assistant を使用して、一回に二つのパーティションだけを結合することができます。そのため、3つのパーティションを結合するには、操作を二回実行する必要があります。

● パーティションを結合するには、2つのパーティションは、隣接している必要があります。そうでない場合は、まず、 不要なパーティションを別の場所にコピー し、それを削除することにより、未割り当て領域を生成してください。その後、それらを結合することができます。

● システムパーティションにデータパーティションを結合することができますが、データパーティションにシステムパーティションを結合することができません。

● 上記の例では、それは、Windows XPの場合です。Windows 7では、システム予約パーティションを結合することができません。

結論

100%安全を保証できるパーティションソフトウェアがありません。それで、パーティションを結合する前にデータをバックアップ した方がいいと思っています。結論として、Partition Assistantを使用してください。これは、パーティションのリサイズ、分割などのいくつかの他の実用的な機能を持っています。