ByAOMEI / 最後の更新日時 2020年02月12日

Windows 10/8/7でMicrosoft Surfaceの回復パーティションを削除したいですか?この記事では、Microsoft Surfaceデバイスとプロなパーティション管理ソフトを使用して、回復パーティションを削除します。

Microsoft Surfaceパソコン回復パーティション

Microsoft SurfaceラップトップはMicrosoftによって開発されたもので、Windowsオペレーティングシステム(通常はWindows 10、8.1、8)とタッチスクリーンサービスを内蔵した一連のTabletです。その柔軟性と利便性を考慮して、Microsoft Surface製品は世界中に広まりました。これらの有名な製品には、Microsoft Surface Pro 4、Surface Pro 3、Surface Pro 2、Surface Pro、Surface 3などがあります。

知っているように、Microsoft Surfaceには、Surfaceをリフレッシュしたり、Surface Pro、Pro 3/4などの専用の回復パーティションに保存されている出荷時設定にリセットしたりできるWindows回復情報が付属しています。

ただし、回復パーティションは数ギガバイト程度の巨大な領域を占有します。ほとんどの場合、Microsoft Surfaceは128GB、256GBのストレージデバイスを割り当てます。これを使用すると、すぐに空き容量がなくなります。この頑固な問題を解決するには、Microsoft Surface HDDをアップグレードするか、Microsoft Surface上の回復パーティションを削除して空き容量を増やします。

自分で回復パーティションを削除できますか?

Surfaceパソコンの回復パーティションは削除したいなら、まずSurfaceの回復パーティションをUSBドライブにコピーまたは移動してから、回復パーティションを削除できます。また、回復パーティションは削除するには2つの利点があります。

1. Surfaceの空き容量を増やします。
2. PCの起動に問題がある場合は、Surface Pro 3/4の回復用USBドライブからPCを起動できます。

ここでは、回復パーティションの削除を実現するには2つの方法があります。一つは、AOMEI Partition Assistant Professionalで、もう一つは、Surfaceの内蔵ツールです。これから、Windows 10で回復パーティションを削除する2つの方法をそれぞれ説明します。

方法 1. AOMEI Partition Assistantで回復パーティションを削除

* 事前操作:削除する前に、USB回復ドライブを作成する必要があります。FAT32にフォーマットされていて、サイズは少なくとも16GBであるUSB回復ドライブを作成するには、AOMEI Partition Assistant Professionalが必要あります。こちらからダウンロード

USB回復ドライブを作成する手順:

  • 手順 1. USBドライブをコンピュータに接続し、AOMEI Partition Assistant Professionalをダウンロードし、プログラムをインストールして実行します。

  • 手順 2. メインウィンドウの左側のパネルで、「ブータブルUSB/CDを作成」を選択します。次のウィンドウで「次へ」をクリックしてください。

    ブータブルメディアの作成

  • 手順 3. 「USBブートデバイス」をチェックしてください。

    USBブートデバイス

  • 手順 4. 「続行」を選択すると、データが失われた場合に備えて、USBドライブ上の重要なデータを安全な場所にバックアップするように指示されます。バックアップしたことを確認して「はい」をクリックします。

  • 手順 5. 完了すると、WinPEブータブルメディアが表示されます。

ノート:作成後、ブータブルメディアを安全な場所に置き、他のデータを保存しないでください。

回復パーティションを削除する手順:

  • 手順 1. AOMEI Partition Assistant Proを起動して、メインインターフェイスで回復パーティションを右クリックして「パーティションを削除」を選択します。パーティションを削除

  • 手順 2.「パーティションの高速削除(データを消去せずにパーティションを削除します)」、または「パーティションを削除して、そのデータを消去します」を選択し「はい」をクリックして未割り当て領域にします。削除方式

  • 手順 3. 「適用」をクリックして回復パーティションの削除を実行します。適用

方法 2. Surfaceの内蔵ツールで回復パーティションを削除

  • 手順 1. Windowsの検索ボックスに「Recovery」と入力し、一覧から「復元ポイントの作成」を選択します。

  • 手順 2. 「ユーザーアカウント制御」ダイアログボックスで「はい」を選択します。

  • 手順 3. 「システムファイルをリカバリドライブにバックアップする」をチェックし、「次へ」をクリックしてください。

  • 手順 4. 「作成」をクリックしてください。 回復情報と回復ツールはこのUSBドライブにコピーされます。

  • 手順 5. 「回復パーティションを削除する」を選択して容量を解放してから、「削除」を選択します。

  • 手順 6. 削除後、「完了」をクリックします。

回復パーティションを復元する方法

「パーティションの高速削除」方式でリカバリパーティションを削除した後は、未割り当て領域がフォーマットされていない限り、復元することができます。詳細な手順は以下のとおりです。

手順 1. AOMEI Partition Assistant Proを起動し、メインウィンドウの左側の列にある「パーティションを復元」を選択します。

パーティションを復元

手順 2. 回復パーティションがあるディスクを選択し、「次へ」をクリックします。

ディスクを選択

手順 3. 「高速スキャン」を選び、「次へ」を押してください。また、「完全スキャン」を選択すると、時間が大幅に長くなります。

高速スキャン

手順 4. 回復パーティションをチェック入れ、「続行」をクリックして回復パーティションを復元します。

復元

終わりに

Windows 10/8/7で回復パーティションを削除して、空き容量を増やしたら、AOMEI Partition Assistant Proを使用してこの未割り当て領域にパーティションを作成したり、Cドライブに結合してシステムドライブ領域を増やすことができます。