By Akira / 最後の更新 2021年11月04日

MBR OSをGPTディスクに移行する原因

古いハードディスクを、2TBを超える容量のあるより大きなハードディスクに交換する場合は、考慮すべき点がいくつかあります。通常、古いハードディスクドライブ(HDD)はMBRディスクとして初期化されますが、2TBを超えるものはサポートしていません。

したがって、2TBを超えるHDDを使用するには、GPTディスクである必要があります。そのためには、BIOSがUEFIをサポートしているかどうかを確認しなければなりません。サポートすると、Windowsを再インストールせずにOSをMBRからGPTディスクに移行できます。では、ディスク容量を失うことなくその移行を実行できるツールはありますか?

OS移行ツールAOMEI Partition Assistant

MBRディスクからGPTディスクへのOSの移行を実行するには、信頼性の高いWindows移行ツールを選択するのが最も速くて簡単な方法です。ここでは、AOMEI Partition Assistant Professionalをお勧めします。その「OSをSSDに移行」の機能を利用して、システムパーティションをあるディスクから別のディスクに移行できます。

他のほとんどのデータ移行ソフトウェアとは異なり、OSをMBRからGPTに移行するときに、ターゲットディスクをMBRに変換しません。MBR OSをGPTディスクに直接転送し、EFIパーティションとMSRパーティションを作成できるため、移行後、クローン先GPTディスクが起動可能になります。

さらに重要なことに、Windows 11のデータを失うことなくシステムパーティションをMBRからGPTに変換したい場合は、このパーティションマネージャーで解決することもできます。システムをMBRからGPTに移行する方法については、デモ版をダウンロードしてください。

Proのデモ版 Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速
動作確認の目的でのみ使用される

システムMBRをGPTに移行する方法

次に、AOMEI Partition Assistant Professionalを使用してOSをMBRからGPTディスクに移行する方法を示します。GPTディスクから起動する前に、UEFIブートモードがBIOSで有効になっていることを確認します。そうしないと、PCが正常に起動しません。

ステップ 1. SATA-USBアダプターを介してGPTディスクをPCに接続して、認識されていることを確認します。

ステップ 2. AOMEI Partition Assistant Professionalを実行して、使用可能なパーティションとディスクがすべて表示されます。GPTディスクに未割り当て領域があることを確認してください。そうでない場合は、HDD&SSDのパーティションを削除または縮小して、未割り当て領域を作成できます。

次に、SSDを主な例として説明します。「OSをSSDに移行」オプションを選択します。HDDの場合は、OS移行ソフトをご覧くさい!

OSを移行

ステップ 3. 次のポップアップウィンドウで、SSD上の未割り当て領域をターゲットディスクとして選択します。

ディスク容量を選択

ステップ 4. 次の画面で、必要に応じてSSDのパーティションサイズを調整し、「次へ」をクリックします。また、移行後にシステムパーティションのサイズを変更しても、データを失うことはありません。

パーティションのサイズを変更

ステップ 5. パーティションレイアウトのプレビューが表示され、「適用」をクリックして、問題がなければ、すべての操作を実行ます。

ブートモード

適用

プロセスは「AOMEI Pre-OSモード」で完了します。PCが再起動されるため、移行前にPCで編集中のすべてのふぁを保存することをお勧めします。

MBR OSをGPTディスクに移行した後、GPTディスクからパソコンを起動する前にBIOSでUEFIブートモードが有効になっていることを確認してください。

まとめ

データを失うことなくMBR OSをGPTディスクに移行する方法は以上です。また、AOMEI Partition Assistantを使用すると、データを失うことなくMBRからGPTへの変換を行うことができ、その逆も可能です。だから、システム移行前にMBRディスクをGPTに変換することもできます。ちなみに、Windows ServerユーザーはAOMEI Partition Assistant Server版にアップグレードできます。