ByAOMEI / 最後の更新日時 2019年07月01日

Windows起動時間を短くするため、OSパーティションだけをSSDへ移動したいですか?この記事では、OS移行ソフト - AOMEI Partition Assistantを使用してHDDからSSDへWindows 10/8/7のOSだけ移行する方法をご紹介します。

OSだけHDDからSSDへ移行してもいいですか?

    事例:最近新しいSSDをてにいれました。起動時間を短くするため、古いHDDからSSDへ移行したいです。アプリとプログラムを再インストールことなくHDDからSSDにOSだけを移行してもいいですか?ご指摘いただければ幸せです。

SSDにOS移行するための最高なソフト

オペレーティングシステムの移行を実現するために、一部のユーザーはハードディスク全体を別のハードディスクに複製するためにディスク複製ソフトウェアに目を向けるかもしれません。このようにして、OSパーティションだけでなく、ソースディスク上の他のデータパーティションも新しいディスクに移動します。かなり遅いプロセスです!

OSだけ移行したいなら、AOMEI Partition Assistant Professionalが必ず必要があります。ディスク全体をコピーするのではなく、OSパーティションのみをHDDからSSDドライブに移行できます。さらに重要なのは、移行プロセス中に移行先のSSDドライブを4Kに調整して、SSDのパフォーマンスを最適化することです。

Windows 10/8/7でOSをSSDにいこうする手順

例として、windows 10でAOMEI Partition Assistant Proを使ってOSをSSDに移行する方法を紹介します。

移行する前に:バックアップシステム:停電、SSD接続の緩みなどの予期しない問題が原因でOSの移行がうまくいかない場合、システムを簡単に復元できます。▶ システムパーティションを縮小:SSDが大容量を持っていない場合、個人的なファイルを削除することによってシステムドライブを縮小します。▶ 宛先SSDに、OSパーティションの使用済みスペース以上の未割り当てスペースがあることを確認してください。▶ 移行後に起動モードをレガシBIOSからUEFIに変更する必要があるため、MBRディスクからGPT SSDドライブにOSを移行する場合は、マザーボードがUEFI起動モードをサポートしていることを確認してください。サポートしていない場合、クローンしたSSDが起動しなくなるかもしれません。

Windows 10/8/7でOS転送を実行する手順

手順 1. AOMEI Partition Assistant Professionalをインストールして起動します。左側の「OSをSSDに移行」を選択して「次へ」をクリックしてください。こちらからダウンロード

OSをSSDに移行

手順 2. 移動先SSDの未割り当て領域を選択して、「次へ」をクリックします。

未割り当て領域を選択

手順 3. このウィンドウで、必要に応じてSSDドライブに作成されたばかりのパーティションのサイズを変更できます。「次へ」をクリックしてください。

パーティションのサイズを変更

手順 4. SSDまたはHDDからOSを起動する方法についての注意が表示されます。それを読んで「完了」をクリックします。

起動注意

手順 5. メインインターフェイスに戻って、「適用」をクリックして、この操作を開始します。

USBをフォーマット

まとめ

SSDドライブにWindows 10/8/7のクリーンインストールを実行するのに比べて、AOMEI Partition Assistant Proを使用してOSのみをSSDに移行する方がはるかに簡単で時間を節約できます。さらに、この万能なソフトウェアは、システムパーティションの拡張、データの損失なしにベーシックディスクをダイナミックディスクに変換する、パーティション間で空き領域を割り当てるなど、他のディスク/パーティション管理を処理できます。