ByAOMEI / 最後の更新日時 2019年07月01日

今回は簡単にOSをSSDからSSDに移行させる手順を紹介します。ちなみに、作業環境はWindows7である。

OSをSSDの間で移行する原因は

最近、いとこから新しいSSDを誕生日プレゼントとしてもらいました。手元にはSSD2つとHDD一つがあります。より良いパフォーマンスを体験するため、古いSSDから新しいSSDにOSを移行して新しいSSDを使いたいです。ところで、妹はずっと前からノートパソコンをアップグレードすることを頼んたから、自分が新しいSSDにOSを移行した後、取り替えた古いSSDを再フォーマットして、彼女のデータやOSをHDDからここに移行すると考えています。とりあえず、先にSSDからSSDにOSを移行します。

WindowsをSSDからSSDに移行する方法

いろいろ検索したが、私のOSに適した2つの方法を見つけました。 私はWindows7を使用しており、Windows7のバックアップと復元でシステムイメージのバックアップを作成し、新しいSSDドライブにイメージを復元するという方法があります。他のソフトウェアは必要なくUSBドライブ1つで済み、最も簡単な方法かもしれないので、まずそれを試してみることにしました。

詳しく言えば、コントロールパネルからバックアップと復元ツールを開き、システムイメージの作成をクリックして、OSをUSBフラッシュドライブにバックアップします。こうして済めば簡単ではないでしょうか。

Create a system image

SATA - USB変換ケーブルで新しいSSDとパソコンをつなぎます。バックアップされたシステムイメージをUSBフラッシュドライブから新しいSSDに復元しようとする時、問題が起こります。「復元先としてのディスクが見つかりませんので、作業ができません」というエラーメッセージが出ています。間違えたかもしれないと思いながらグーグルした、数少なくないユーザーがこの問題にあった。だからこそ、沢山の人は バックアップと復元ツールの代わりの方法を検索していました。

ちょうどある友人はAOMEI Partition Assistant ProfessionalでOSをSSDからSSDに移行したことが分かりました。ちょっと尋ねてみると、このパーティション管理ツールは自分のWindows7は言うまでもなく、Windows10/8.1/8/vista/xpも対応しています。友人により、わずか幾つかのクリックですべての作業を終えられると、本当によかった。とにかく、これにしようと思います。一刻も早くこのツールを購入してダウンロードしました。ちょっと試してみて、HPのとおり使いやすいですね。万が一に備えて重要なファイルをバックアップしておいて、下記の手順で無事にSSDの引っ越しを出来上がりました。

SSDからSSDにOSを移行する手順

1. AOMEI Partition Assistant Professionalを実行します。左側のウィザードパネルに「OSをSSDに移行」をクッリクします。

Migrate OS to SSD

2. ウィザードの指示に従って、新しいSSDを目標ディスクとして選択します。

Select target disk

3. 新しいSSDのシステムパーティションのサイズを調整できます。 この詳しい注意をよく読んだ上で、 完了をクッリクします。

Resize Partition

Note

4. 移行の仮想結果が見えます。適用をクッリクして実際に実行します。

Apply

メモ:

移行の作業は再起動してからWinPEで実行します。

作業が終わったら、古いSSDを抜いて新しいSSDから起動できます。BIOSに起動順位を調整しても同じ効果です。妹にあげるから、直接古いやつを取り出して済みます。正直言って、AOMEI Partition Assistantがあるこそ、大変助かりました。この強力なソフトウェアをもって、 USBフラッシュドライブを分割する、未割り当て領域をパーティションと合併する、HDDを高速分割するやパーティションをフォーマットするなどのことも簡単にできます。暇な時にこのソフトウェアの全ての機能を試みたいです。