By Asher / 最後の更新 2021年11月19日

GUIDパーティションテーブル(GPT)の優位性

コンピューターユーザーの場合、GUIDパーティションテーブル(GPT)はコンピューター分野で一般的に使用される言葉です。GPTは、従来のマスターブートレコード(MBR)パーティションスキームよりも、ディスクをパーティション分割するためのより柔軟なメカニズムが提供されます。

gpt

つまり、MBRディスクと比較して、GPTディスクには多くの利点があります。例えば:

▶GPTディスクの場合、ティション数は理論的にほぼ無制限ですが、Windowsの実装では128パ一ティションに制限されています。MBRディスクの場合、4つのプライマリパーティションまたは3つのプライマリパーティションと1つの拡張パーティションのみが許可されます(ただし、拡張パーティションには複数の論理パーティションを作成できます)。
▶GPTディスクのサイズはMBRディスクよりもはるかに大きいです。MBRディスクは最大2TBのストレージスペースしか使用できません。
▶しかも、GPTディスクは、パーティションテーブルのレプリケーションと巡回冗長検査(CRC)保護により、より高い信頼性を提供できます。

WindowsでGPTディスク上のパーティションを移動する原因

場合によっては、Windows 7/8/10/11でGPTディスク上のパーティションを移動する必要があります。

場合一:未割り当て領域を使用してパーティションを拡張したいですが、未割り当て領域がパーティションに隣接していないか、未割り当て領域がそのパーティションの前にあります。

場合二:現在隣接していないパーティションを結合したいです。

場合三:データが失われた場合に備えて、不良セクタがない場所にパーティションを移動したいです。

ただし、Windowsディスクの管理はパーティションの移動機能をサポートしていません。今、イライラしているかもしれません。幸いなことに、最高のディスクパーティションマネージャーであるAOMEI Partition Assistant Professionalが、それを解決するための最良のソリューションを提供します。そのソフトは、ユーザーフレンドリーなインターフェースを備えており、その強力な機能のためにユーザーから強く推奨されています。これで、AOMEI Partition Assistant Professionalをダウンロードして試すことができます。

AOMEI PA ProでGPTディスク上のパーティションを移動する

GPTディスク上のパーティションを移動する前に、いくつか注意点があります。

データの損失を防ぐために、貴重なデータをバックアップしてください。
未割り当て領域は、移行するGPTディスク上のパーティションに隣接している必要があります。隣接していないと、GPTディスク上のパーティションを移動できません。未割り当ての領域がない場合は、パーティションのサイズを変更して未割り当て領域を作成できます。
システムパーティションを移動すると、コンピューターの再起動を引き起こします。

次に、GPTディスク上のパーティションを移動する方法を見てみましょう。

Proのデモ版 Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ快適
注:デモ版は動作確認の目的でのみ使用されます。つまり、デモでは、すべての機能をプレビュー、すべての操作をシミュレートすることしかできません。

手順 1. AOMEI Partition Assistant Professionalをダウンロードし、インストールし、起動します。移動するGPTディスク上のパーティションを右クリックし、ドロップダウンメニューから「パーティションをリサイズ/変更」を選択します。

パーティションをリサイズ

手順 2. マウスポインタが左右の矢印に変わったら、GPTパーティションをディスクの最後に移動します。

拡張

手順 3. 保留中の操作をプレビューして問題なければ、ツールバーの「適用」を押して、GPTディスク上のパーティションを安全に移動します。

適用

結論

上記は、AOMEI Partition Assistant Professionalを使用してGPTディスク上のパーティションを移動する方法です。GPTディスク上のパーティションを移動した後、「パーティションを結合」機能を使用して、GPTパーティションを未割り当て領域と結合できます。さらに、パーティションをフォーマットしたり、削除されたパーティションを復元したり、OSをSSDに移行したり、パーティションの空き領域を別のパーティションに割り当てたりすることができます。

AOMEI Partition Assistantそのほかのバージョン:Windows Server 2003、2008(R2)、2011、2012(R2)、2016、2019、2022のユーザーの場合、AOMEI Partition Assistant Server版を使用してください。また、社内の台数無制限のPC&Serverで利用可能なAOMEI Partition Assistant Unlimited版もあります。更に、AOMEI Partition Assistant Technician版を購入するIT専門家、システム管理者、技術者はクライアントに技術サポートを有償サービスとして提供することができます。ニーズに応じて適切なバージョンを選択しましょう~ ▶AOMEI Partition Assistant異なるバージョンの比較

この記事があなたを助けることができるならば、それは素晴らしいと思います。もしご不明な点などがありましたら、遠慮なくご質問ください。弊社のメールは[email protected]です。