By Asher / 最後の更新 2022年05月07日

プログラムをUSBに移動する方法

プログラムをUSBフラッシュドライブに移動する方法については、プログラムファイルを直接USBフラッシュドライブにコピーして貼り付けることを考えるかもしれません。

コピーアンドペーストを使用してプログラムを移転できる場合もありますが、それは良い方法ではありません。これは、プログラムをUSBフラッシュドライブに転送した後、一部のプログラムは引き続き実行できる場合がありますが、一部のプログラムは許可なく実行できなく、一部のプログラムはアプリケーションを再インストールするようにメッセージを送信するからです。

したがって、プログラムを直接コピーするのは簡単に聞こえますが、プログラムが実行されるかどうかはわかりません。では、プログラムをコンピューターからUSBフラッシュドライブに移動し、正常に実行できることを確認するにはどうすればよいでしょうか?実際、サードパーティのソフトウェアを使用することは良い選択です。

サードパーティのソフトでプログラムをUSBに転送する方法

AOMEI Partition Assistant Professionalを使用して、プログラムをUSBに移動することができます。これは、あるハードドライブから別のハードドライブにプログラムを転送するのに役立つ強力なプログラム転送ソフトウェアです。このソフトウェアのビジュアルインターフェイスはシンプルであるだけでなく、ただクリックするだけでプログラムの転送操作を完了できます。単一のプログラムをUSBにコピーする場合でも、プログラムをUSBにバッチで転送する場合でも、プログラム転送タスクを一度に完了することができます。

転送プロセスを開始する前に、次の準備を行う必要があります。

プログラムを保存できるように、USBに十分なスペースがあることを確認してください。
USBをコンピューターに接続してください。
AOMEI Partition Assistant Professionalをダウンロードしてください。
Proのデモ版 Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速
動作確認の目的でのみ使用される

手順 1. AOMEI Partition Assistant Proを実行し、「すべてのツール」>「アプリ引っ越し」を選択します。

アプリ引っ越し

手順 2. ポップアップウィンドウにすべてのパーティションが一覧表示され、各パーティションの空き容量と移行アプリケーションの数も表示されます。移動するプログラムがあるパーティションをクリックし、「次へ」をクリックして続行します。

次へ

手順 3. この手順では、移動する必要のあるプログラムを単一選択または複数選択してから、コンピューターに接続したUSBフラッシュドライブを移動する場所として選択し、「移行」をクリックしてください。

移行

手順 4. 移行中に実行中のアプリを強制終了するという警告メッセージが表示されます。問題なければ「OK」をクリックします。

OK

手順 5. 移動が完了したら、「完了」をクリックしてメインインターフェイスに戻ります。

補充:アプリケーションを復元する方法

移動したアプリケーションを元のパスに復元したい場合、操作も非常に簡単です。

手順 1. メインインターフェイスで、「すべてのツール」>「アプリ引っ越し」を選択し、「アプリ引っ越し」機能についての説明が表示されるので確認して「次へ」をクリックします。

手順 2. ポップアップウィンドウの左下隅にある「アプリの管理/復元」をクリックします。そして、前に移動したすべてのプログラムが表示され、復元する必要のあるアプリケーションにチェックを入れ、移動先を選択してから「復元」をクリックします。

手順 3. 移行中に実行中のアプリを強制終了するという警告メッセージが表示されます。問題なければ「OK」をクリックして操作を実行します。

手順 4. 移動アプリケーションを元の場所に復元しました。

ヒント:✎...
「アプリの管理/復元」>「ログビュー」でアプリ移行の操作履歴を確認できます。
アプリケーションの正常な動作を保証するために、移動または復元プロセス中にソースディレクトリとターゲットディレクトリ内のファイルを手動で操作しないでください。さもなければ、AOMEI Partition Assistantがファイルを検出できない場合があります。
移動したアプリケーションのインストールディレクトリを手動で別の場所に移動する場合は、アプリケーションを選択し、「アプリの管理/復元」>「場所の修復」で対象のアプリを選択して現在の場所を再読み込み(リロード)する必要があります。

上記は、AOMEI Partition Assistant Proを使用してターゲットアプリを移動/復元するプロセス全体です。

最後

この記事では、プログラムをUSBに移動する簡単な方法について説明します。この方法を使用すると、プログラムをバッチで転送できるだけでなく、USBに転送されたプログラムも正常に実行できます。 AOMEI Partition Assistantには、高速分割、ディスククローン作成、OSをSSDへの移行、MBRの再構築、SSD安全消去など、他にも多くの機能があります。

AOMEI Partition Assistantそのほかのバージョン

Windows Server 2003、2008(R2)、2011、2012(R2)、2016、2019、2022のユーザーの場合、AOMEI Partition Assistant Server版を使用してください。また、社内の台数無制限のPC&Serverで利用可能なAOMEI Partition Assistant Unlimited版もあります。
更に、AOMEI Partition Assistant Technician版を購入するIT専門家、システム管理者、技術者はクライアントに技術サポートを有償サービスとして提供することができます。ニーズに応じて適切なバージョンを選択しましょう~(●'◡'●)