By Akira / 最後の更新 2021年08月13日

HDDをexFATでフォーマットできない

Windows XP搭載のパソコンにexFATでフォーマットされた外付けHDDは多くありますが、Windows 7 Professionalという新しいシステムで外付けHDDをexFATでフォーマットできないのはなぜだろうか?Windowsの「フォーマット」→「ファイルシステム」でNTFS(既定)のみが表示され、他のオプションがありません。HDDをexFATでフォーマットできません。

exFATでフォーマットするメリット

Windows OSにインストールされているHDDはデフォルトでNTFS形式でフォーマットされています。ブートパーティションのファイルシステムをFAT32またはexFATに変更できません。しかし、時には何かの目的なのでハードディスクをexFATでフォーマットする必要があるでしょう。

FAT32、NTFS、exFATは3種類のファイルシステムです。それらの違いについて:

●FAT32は主にWindows 98/Meで使用されていたファイルシステムですが、以降のOSでも継続してサポートされています。

★主な仕様:
原則最大2TBまでのボリュームサイズを管理可能
最大4GBまでのファイルサイズを管理可能
クラスタ-サイズ(アロケーションユニットサイズ)は512Byte~64KBまで
最大ファイル名長は255文字まで
圧縮、暗号化機能なし

●NTFSはデータセキュリティ、読み書き速度に優れており、内蔵HDDに広く使用されています。互換性に関しては、NTFSファイルシステムは、Windows XPなどのWindows 10などのバージョンで完全にサポートされており、Microsoft Xbox Oneでも使用できます。

★主な仕様:
2TB以上のボリュームサイズを管理可能
最大16TBのファイルサイズを管理可能
クラスタサイズ(アロケーションユニットサイズ)は512Byte~2048KBまで
最大ファイル名長は255文字まで(Unicode)
圧縮、暗号化機能などの実装あり

●exFATは2006年に開始された新しいファイルシステムです。ファイルサイズとパーティションサイズでFAT32の不具合を補っています。また、WindowsとMac OS Xのほぼすべてのバージョンで動作します。それは、PS4とXbox Oneと互換性があります。

★主な仕様:
2TB以上のボリュームサイズを管理可能(512TBまで)
理論上最大16EB(エクサバイト)のファイルサイズを管理可能
クラスタサイズ(アロケーションユニットサイズ)は512Byte~32MBまで
最大ファイル名長は255文字まで(Unicode)
FATファイルシステムの欠点を多く解決

HDDをWindowsとMacの両方で使うためにexFATでフォーマットしようとするユーザーは多くなります。しかし、何らかの原因で「exFATではフォーマットできません」といった問題が発生するかもしれません。次は、Windows 10/8/7でHDDをexFATで正常にフォーマットする解決策をご紹介します。

Windows 10/8/7でHDDをexFATでフォーマットする方法

エクスプローラーでHDDのフォーマットを実行できます:目標ドライブを右クリック→「フォーマット」をクリック→ファイルシステムのドロップダウンメニューからFAT32、NTFSまたはexFATの一つを選択します。しかし、外付けHDDをフォーマットしようとする時、上述の事例のようにNTFSのみが既定として表示され、他のオプションがないので、ハードディスクをexFATでフォーマットできません。こういう時、CMD(コマンドプロンプト)を使ってみてください。

方法1.コマンドラインでexFATでフォーマット

1. Windowsキー+Rキーを押します。「ファイル名を指定して実行」を開き、「diskpart」と入力し、Enterキーを押します。

2. 下のコマンドを順番に入力します。(各コマンドの終わりにEnterキーを押してください。)

diskpart

list disk

select disk n

list partition

select partition m

format fs=exfat

注:nは対象ディスクのディスク番号です。mはexFATでフォーマットするドライブのパーティション番号です。

exFATフォーマットCMD

方法2.サードパーティーソフトでフォーマット

方法1ではexFATのフォーマットコマンドを取り消すことはできません。何か間違っていたら、ディスクに悪い影響を与える可能性もあります。ここでは、サードパーティーソフトAOMEI Partition Assistant Standardを紹介します。異なるニーズに合わせて内蔵HDDまたは外付けHDDをexFAT、Ext3、Ext4、FAT32、NTFSで無料フォーマットできます。

無料ダウンロード Win 10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速

1. exFAT形式でフォーマットしたいHDDを右クリックしてメニューから「パーティションをフォーマット」を選択します。

パーティションをフォーマット

2. ファイルシステムのドロップダウンメニューからexFATを選択します。そのほか、パーティションラベル、クラスタサイズを編集できます。そして「はい」をクリックします。

exFATを選択

3. ホーム画面に戻ったらツールバーにある「適用」→「続行」をクリックして操作を実行します。

適用

結語

以上は、外付けHDDをexFATでフォーマットする方法です。ちなみに、AOMEI Partition Assistant Professionalにアップグレードしたら、より多くの機能使用できます。例えば:SSDまたはHDDへOSを移行、MBRディスクとGPTディスクの間で変換、パーティションを消去&分割&整列、空き領域を割り当てるなど使えやすい機能が附属します。

AOMEI Partition Assistantそのほかのバージョン:Windows Server 2003、2008(R2)、2011、2012(R2)、2016、2019のユーザーの場合、AOMEI Partition Assistant Server版を使用してください。また、社内の台数無制限のPC&Serverで利用可能なAOMEI Partition Assistant Unlimited版もあります。更に、AOMEI Partition Assistant Technician版を購入するIT専門家、システム管理者、技術者はクライアントに技術サポートを有償サービスとして提供することができます。ニーズに応じて適切なバージョンを選択しましょう~ ▶AOMEI Partition Assistant異なるバージョンの比較