Byゆき / 最後の更新日時 2019年08月06日

状況

「私は4TBのHDDを分割するのに問題があります。新しいPCに4TBのHDDをインストールしようとします。2TB以上のパーティションにWindowsをインストールできないので、私はWindowsのために140GBのHDDをインストールしました。4TBのHDDを記憶装置として使用するつもりです。しかし、私は大きなドライブに2TBのパーティションだけを作成できます。残した未使用の領域を分割できません。」

4TBのHDD分割できない

問題

上述したように、誰でも2TB以上のHDDを分割できません。多くのユーザーは同じ問題に遭ったことがあるでしょう。Windowsで4TBのHDDを分割するために、4TBのHDDの基本的な要件を知る必要があります。

使用しているのはどんなWindowsのOSでも、ここでは2つのHDDの種類があることを知っているはずです。それらはMBRディスクとGPTディスクです。MBRはマスターブートレコードの略語であり、BIOSを使用して、最大2TBの容量をサポートします。GPT(GUIDパーティションテーブル)ディスクはUEFI(Unified Extensible Firmware Interface)を使用して、2TB以上の容量を持っているディスクをサポートします。4TBのHDDを分割できない原因はそれがMBRディスクであることかもしれません。そのため、MBRディスクをGPTディスクへ変換して、問題を解決できます。

ソリューション

MBRは最大2TBのディスクだけをサポートできることを既に知っています。2TB以上の領域は無効になります。それはディスクの末に未割り当て領域として表示されても、分割されることができません。それに、「新しいシンプルボリューム」はグレーアウトして、それでパーティションを作成できません。他の操作もできません。マザーボードはUEFIとの互換性があるかどうかを確認します。そしてGPTディスクへMBRディスクを変換するのはこの問題を解決できる効率のよい方法です。

Windowsの「ディスクの管理」は空きMBRディスクだけをGPTディスクに変換できるので、「GPTディスクに変換」オプションもグレーアウトすることを見つけます。

GPTディスクに変換グレーアウト

そのため、データ損失なしでGPTディスクへMBRディスクを変換するのにAOMEI Partition Assistantを非常に推薦します。AOMEI Partition Assistantは専門ディスク管理者であり、それを使用していくつかのクリックでデータを壊さずにMBRとGPTの間に変換できます。

ステップ1. AOMEI Partition Assistant Standardエディションをダウンロードして、インストールし、起動します。HDDの基本的な状況は目の前に映られます。4TBのパーティションは2TBだけを使用して、2TBを超えた部分は未割り当て領域として表示されます。それを使用できません。GPTへMBRディスクを変換するために、MBRディスクを右クリックして、「GPTディスクへ変換」を選択する必要があります。

GPTに変換

ステップ2. 「このMBRディスクをGPTディスクに変換しますか」というウィンドウが出ます。「はい」をクリックして、主なインターフェイスに戻ります。

GPTにMBR変換

ステップ3. ここではディスク2は既にGPTとしてマークされることを見つけます。「適用」をクリックして、操作を提出します。この進行が完了することを待っています。

適用

最後、ディスクは変換されます。そして全体4TBのHDDを分割できます。AOMEI Partition Assistantを持って、HDDを管理することもできます。例えば、新しいパーティションを作成、システムパーティションに未割り当て領域を追加、SSDへOSを移行するなどです。それはとても有用です。