Byゆき / 最後の更新日時 2019年08月07日

Windows 10/8/7でパーティションをクローンするために適切なパーティションコピーフリーソフトを見つけるのは重要なことです。AOMEI Partition Assistantは適したパーティションコピーツールです。また、他の有用な機能をたくさん備えています。

パーティションの概要

パーティションコピーのメリットを実現する前に、パーティションのことを知っている必要があります。簡単に言えば、パーティションはハードディスクの記憶領域を論理的に分割すること、あるいは分割された個々の領域を指す。一般的に、HDDはいくつかの部分に分割され、OSと異なるアプリケーションデータを別々に保存します。これはHDDの効率を上げます。コンピューターユーザーも様々なファイルをより簡単に管理できます。

Windows 10/8/7でパーティションをコピーする理由

コンピューターユーザーにとってパーティションコピーは普通なことです。その利点は次のとおりです:

データの安全を確保するために:パーティションコピーまたはパーティションクローンは特定のパーティション上の重要なデータを他のドライブに素早くバックアップできるので、ウイルス攻撃やその他の事故で引き起こすデータ紛失を防ぐことができます。

データを移行するために:SSDの普及とともに、コンピューターユーザーは常にHDDからSSDに換装しようとします。もし、全ての重要なデータは1つのパーティションにあり、ユーザーはこのパーティションのみを持ちたい場合、パーティションコピーはこのパーティション上のデータを素早く新しいディスクに移行できます。

時間と労力を節約するために:ディスクコピーはディスク全体をコピーする必要がありますが、パーティションコピーは1つだけのボリュームを他のディスクにコピーします。この方法はコンピューターユーザーのたくさんの時間と労力を節約します。

最善のWindows 10/8/7パーティションコピーフリーソフト

Windowsは内蔵されているパーティションコピーツールを持たないので、コンピューターユーザーはサードパーティ製のパーティションコピーソフトを使ってパーティションの複製を作成しなければなりません。デスクトップパソコンやノートパソコンのユーザーのために、ここではAOMEI Partition Assistant standardを適用するのを非常にお勧めします。

それは優れたパーティションコピーツールの要求を完全に満たします。わかりやすい操作画面を持つため、コンピューターユーザーはそれを簡単に使えます。Windows 10/8/7のほかに、それはWindows XPとWindows Vistaにも対応します。また、このパーティションコピーツールの異なるバージョンは異なる顧客の要求に応えることができます。個々のユーザーである場合、AOMEI Partition Assistant standardは良い選択です。ビジネスユーザとワークステーションユーザーの場合、Professional版は正確な選択です。サーバーユーザーなら、Server版などより高級版は決してあなたをがっかりさせません。

AOMEI Partition Assistantでパーティションをクローンする方法

Windows 10/8/7でパーティションコピーを開始する前に、知っておくべきこと:

● AOMEI Partition Assistantを使ってパーティションをダイナミックディスクにコピーすることは許可されません。

● 操作を実行する時、宛先パーティション内の全てのデータを消去する必要があるため、事前に宛先パーティション上のデータをバックアップしたり、転送したりしたほうがいいです。

● Windows 10/8/7でパーティションのクローンを開始する前に、コピーする必要があるパーティションの上で実行している他のアプリケーションを閉じる必要があります。さもないと、このパーティションコピーフリーソフトはそれらを終了するように通知するか、またはこの操作をPreOSモードで実行します。

AOMEI Partition Assistantでパーティションをクローンするために、次の手順に従ってください:

まず、外付けHDDをお使いのコンピューターに接続する必要があります。もし、ターゲットボリュームはソースパーティションと同じディスクにあるなら、このようにする必要がありません。そしてこのパーティションコピーツールをダウンロードしてインストールします。

ステップ 1. AOMEI Partition Assistant standardを起動します。コピーしたいパーティションを右クリックして「パーティションをコピー」を選択します。

パーティションコピー

ステップ 2. 次の画面のようにAOMEI Partition Assistantはパーティションのクローンに2つのコピー方法を提供します。

「パーティションの高速コピー」:ソースパーティション上の使用済み領域だけをコピーします。処理中にコンピューターユーザーはターゲットパーティションをリサイズ、移動できます。ターゲットのサイズはソースより小さくても構いませんが、ソースパーティションの使用済み領域より大きいか、または等しくなければなりません。

「セクタ単位のコピー」:削除または紛失されたファイルを含む全てのセクターをターゲットにクローンします。ターゲットパーティションのサイズはソースパーティションより大きいかまたは等しくなければなりません。

2つの方法の特徴が分かった後、自分のニーズによって1つのパーティションコピー方法を選択して「次へ」をクリックします。

パーティションコピー方法

ステップ 3. ここで未割り当て領域を選択して「次へ」をクリックします。

ターゲット領域を選択

ステップ 4. スライダーを左または右にドラッグしてパーティションのサイズを変更します。パーティションのドライブ文字を変えることもできます。そして「完了」をクリックします。

パーティションをリサイズ

ステップ 5. 保留中の操作を確認して問題なければ「適用」をクリックします。

適用

ヒント:AOMEI Partition AssistantはMBRディスクのシステムドライブを別のMBRディスクのボリュームにコピーすることもできますが、再起動が要求されます。

結論

上述から、AOMEI Partition Assistantは最善のパーティションコピーフリーソフトであることが分かります。このパーティションコピーツールの助けを借りて素人でもパーティションを未割り当て領域に簡単にコピーできます。「パーティションをコピー」のほかにAOMEI Partition Assistantは「ディスクをコピー」を使ってHDDからSSDに換装することもできるし、「OSをSSDに移行」を使ってWindows 10や他のWindowsシステムをSSDに移行することもできます。

しかし、このパーティションコピーフリーソフトはOSをGPTディスクからGPTディスクに移行することをサポートしません。このタスクを実行したい場合、それをProfessional版にアップグレードする必要があります。AOMEI Partition Professionalはダイナミックディスクからベーシックディスクへの変換高速分割など豊富な機能を備えています。コンピューターユーザーにとってこれらの全ての機能はディスクの管理により役立ちます。