By ゆき / 最後の更新 2021年03月30日

パーティションについての概要

パーティションクローンのメリットを理解する前に、パーティションのことを知っている必要があります。簡単に言えば、パーティションはハードディスクの記憶領域を論理的に分割すること、あるいは分割された個々の領域を指します。一般的に、HDDはいくつかの部分に分割され、OSと異なるアプリケーションデータを別々に保存します。これはHDDの使用効率を最大限に高めます。コンピューターユーザーも様々なファイルをより簡単に管理することができます。

パーティションをクローンする理由

コンピューターユーザーにとってパーティションクローンは珍しくないことです。その利点は次のとおりです。

データの安全性を確保するために:パーティションクローン(またはパーティションコピー)は特定のパーティション上の重要なデータを他のドライブに素早くバックアップできるので、サイバー攻撃などの理由によって引き起こされるデータの消失を防ぐことができます。
データを移行するために:SSDの普及とともに、コンピューターユーザーは常にHDDからSSDに換装しようとします。もし、全ての重要なデータは1つのパーティションに保存され、ユーザーはこのパーティションのみを持ちたいなら、パーティションクローンはこのパーティション上の全てのデータを素早く新しいドライブに移行できます。
時間と労力を節約するために:ディスククローンはディスク全体をコピーしますが、パーティションクローンは1つだけのパーティションを他のパーティションにコピーするので、コンピューターユーザーの時間と労力をたくさん節約します。

最善のパーティションクローンフリーソフト

Windows 10/8/7には標準搭載されているパーティションクローンツールがないので、パーティションの複製(コピー)を作成するためにコンピューターユーザーはサードパーティ製のパーティションクローンソフトを使用する必要があります。デスクトップパソコンユーザーであろうと、ノートパソコンユーザーであろうと、ここではAOMEI Partition Assistant Standardというパーティションクローンフリーソフトを非常にお勧めします。

★優れた無料パーティションクローンソフト

わかりやすい操作画面、パソコン初心者でも簡単に使えます。より高度なパーティション管理機能を使用したい場合、Professionalにアップグレードしてください。Windowsサーバの場合、そのServer版を選んでください。

無料ダウンロード Win 10/8.1/8/7/XP/Vista
ダウンロード数が3千万回以上

AOMEI PA Standardでパーティションをクローンする方法

Windows 10/8/7でAOMEI Partition Assistantを利用してパーティションクローン作成を開始する前に、知っておくべきこと:

●パーティションをダイナミックディスクにコピーすることは許可されません。
●操作を実行する時にクローン先のパーティション内の全てのデータが上書きされるため、事前にターゲットパーティション上のデータをバックアップするか、ほかの場所に移動したほうがいいです。
●事前にクローン元のパーティション上で実行している他のアプリケーションを閉じる必要があります。さもないと、このパーティションコピーフリーソフトはそれらを終了するように求めるか、PreOSモードで操作を実行します。

AOMEI Partition Assistant Standardでパーティションをクローンするために、次の手順に従ってください。

ステップ 1. まず、外付けHDDをお使いのコンピューターに接続する必要があります。※もちろん、クローン元のパーティションとクローン先のパーティションは同じディスクにあることも可能です。

ステップ 2. AOMEI Partition Assistant Standardをダウンロードし、インストールし、起動します。クローンしたいパーティションを右クリックして「パーティションをクローン」を選択します。

パーティションコピー

ステップ 3. 次の画面のようにAOMEI Partition Assistantはパーティションクローンに2つの方法を提供しています。

パーティションの高速クローン」:ソースパーティション上の使用済み領域だけをコピーします。処理中にコンピューターユーザーはターゲットパーティションをリサイズ、移動できます。ターゲットパーティションのサイズはソースパーティションより小さくても構いませんが、ソースパーティションの使用済み領域より大きいか、または等しくなければなりません。
セクタ単位のクローン」:全てのセクタ(削除または紛失されたファイルを含める)をターゲットパーティションにクローンします。ターゲットパーティションのサイズはソースパーティションより大きいかまたは等しくなければなりません。また、より多くの時間がかかります。

2つの方法の特徴が分かった後、自分のニーズによって1つのパーティションコピー方法を選択して「次へ」をクリックします。

パーティションコピー方法

ステップ 4. ここでは、1つの未割り当て領域をクローン先として選択して「次へ」をクリックします。

ターゲット領域を選択

ステップ 5. スライダーを左または右にドラッグしてパーティションのサイズを変更します。パーティションのドライブ文字を変えることもできます。そして「完了」をクリックします。

パーティションをリサイズ

ステップ 6. 保留中の操作を確認し、問題なければ「適用」をクリックして、パーティションクローンを作成します。

適用

※ヒント:AOMEI Partition AssistantはMBRディスクのシステムドライブを別のMBRディスク上のボリュームにコピーすることもできますが、再起動が要求されます。

結論

上述から、AOMEI Partition Assistant Standardは最善のパーティションクローンフリーソフトであることが分かります。このパーティションコピーツールの助けを借りて素人でもパーティションを未割り当て領域に簡単にコピーできます。「パーティションをクローン」のほかにAOMEI Partition Assistantは「ディスクをクローン」を使ってHDDからSSDに換装することもできるし、「OSをSSDに移行」を使ってWindows 10/8/7などのシステムを富士通のようなSSDに移行することもできます。

しかし、OSをGPTディスクからGPTディスクに移行することをサポートしません。このタスクを実行したい場合、無料版をProfessional版にアップグレードする必要があります。また、AOMEI Partition Assistant Professionalはダイナミックディスクからベーシックディスクへの変換高速分割など豊富な機能を色々備えています。コンピューターユーザーにとってそれらの全ての機能はディスク&パーティションの管理に役立ちます。