ByAOMEI / 最後の更新日時 2019年08月14日

なぜUSBメモリをFAT32でフォーマット!?

ペンドライブ(USBメモリ)は、自身の優れた特性、即ち小型でポータブルということで、ますます人気があります。pfペンドライブ - ファンシー、ユーティリティ、on-the-go、セキュリティ、フラッシュドライブとSDHCなどの種類があります。ペンドライブの記憶容量は4GB、8GB、16GB、32GBから256GBまたはそれ以上サポートします。

使用頻度に応じてUSBを選択できます。USBでデータを保存している人が多いです。ただし、USBを実際に使用している中に、多くの問題が発生する可能性があります。こんな場合、そのUSBメモリをFAT32でフォーマットして問題を解決する必要があります。

例えば:ファイルシステムFAT32をサポートしかできないデバイスがあります。FAT32は、USBドライブ用の最も互換性のあるファイルシステムの1つですのでね~それらのFAT32対応デバイスでペンドライブを使う場合は、USBメモリをFAT32でフォーマットすると非Windowsオペレーティングシステムとの互換性をダブルチェックできます。

USBメモリがFAT32ファイルシステムでフォーマットされているなら、ペンドライブをサポートするデバイスからそのペンドライブへデータを読み書きが可能になります。しかし、どのようにFAT32でUSBメモリをフォーマットするのですか?ここでWindows 10を例として上げます~さあ~いきましょう~!

FAT32でUSBメモリをフォーマットする方法

FAT32でUSBメモリをフォーマットする必要がありますので、ここで皆様にその対応のトップ3方法を提供します。ご参考になれば、幸いです。

注:USBがフォーマットされると、その上のすべてのデータが消去されるため、大切なデータを予めバックアップすることをお勧めします。

Windows 10の[ディスクの管理]でUSBメモリをFAT32でフォーマット!

皆さんは、Windows[ディスクの管理]でUSBフラッシュドライブをFAT32でフォーマットできることを知っているでしょう~フォーマットするには、以下の詳細な手順に従ってください:

1. [ディスクの管理]を開くには、WINキーとRキーを合わせて押して、表示された[ファイル名を指定して実行]の欄に「diskmgmt.msc」と入力します。または、[このPC /マイコンピュータ]を右クリックし、[管理]を選択して[ディスクの管理]を選択します。

2. NFTSファイルシステムのUSBが表示されます。それを右クリックし、ドロップダウンメニューから[フォーマット]を選択します。

USBをフォーマット

3. ファイルシステムメニューから[FAT32]を選び、[OK]をクリックしてください。

fat32を選択

その後、すぐにタスクが実行されます。

コマンドプロンプトにより、USBメモリをFAT32でフォーマット!

Windowsの内蔵ツールとして、Diskpartを使用すると、コマンドプロンプトでFAT32にUSBフラッシュドライブをフォーマットすることができます。では、次へ行きます。[スタート]をクリックするか、Winキー+Rキーを同時に押して、「cmd」と入力し、プログラムを右クリックし、[管理者として実行]を選択します:

1. diskpart」と入力して、Enterキーを押します。

2. list volume」を入力します。USBの番号をマークします。

3. select volume n」と入力します(nはUSBの番号を表します。ここでは5です)。Enterを押します。

4. format fs=fat32 quick」と入力します。その後、タスクが終了するまで待ちます。

5. 最後に、「exit」と入力して処理を終了します。

diskpartでUSBをフォーマット

Windowsの[ディスクの管理]とDiskpartの両方が簡単な手順でFAT32でUSBメモリをフォーマットすることができますが、大きな制限があります。即ち、32GBを超えるUSBドライブをWindowsの内蔵ツールでFAT32でフォーマットすることはできないことです。

では、USBの容量が32GBを超えるなら、[ディスクの管理]のフォーマットオプションには「NTFS」しかないため、大容量のUSBをFAT32にフォーマットすることはできません。一方、Diskpartによりパーティションのフォーマットを実行すると処理が失敗します。

どうしてですか?FAT32ファイルシステムは32ビットファイルアロケーションテーブルを取ります。最大32GBのボリュームを作成しかできません。つまり、HDD/SSDが32GBを超えるなら、FAT32でフォーマットできません。だから、我々のUSBの容量は32GB以上ならば、どうやってフォーマットしますか?

FAT32で32GBを超えるUSBメモリをフォーマットするには?

Windowsの内蔵ツール以外に、サードパーティ製ソフトウェアのAOMEI Partition Assistantを利用するのもFAT32でUSBをフォーマットすることができます。AOMEI Partition AssistantはFAT32フォーマットへのペンドライブのための最良の方法であるはずです。AOMEI Partition Assistant Proを使えば、32GBを超えるUSBメモリをFAT32でフォーマットすることは最も簡単になると思います。ここでその対応の方法を詳しく紹介します。

ステップ 1. AOMEI Partition Assistant Proの体験版を無料ダウンロード、インストール、起動します。お使いのハードディスクの基本的な状況を表示します。次の画面では、USBメモリは「リムバーブル」と表示されています。USBペンドライブをFAT32でフォーマットするには、ここでそのUSBを右クリックして[パーティションをフォーマット]を選択します。

ペンドライブをフォーマット

NOTE:体験版では、操作プロセスを体験できますが、最後まで実行するために完全版にアップグレードする必要がります。

▼他のバージョンも利用できる:

Windows Serverで使用可能なAOMEI Partition Assistant Server版もあります。ITサービスプロバイダーや企業である場合、台数無制限のPC&サーバー向けAOMEI Partition Assistant Unlimited版とTechnician版をお勧めします。AOMEI Partition Assistant Technician版は上記の機能以外、クライアントに有償技術サービスを提供できます。

各AOMEI Partition Assistant(PA)バージョンの比較

ステップ 2. 次の画面でパーティションラベルの編集、ファイルシステムおよびクラスターサイズを設定できます。すべての設定が完了したら、[はい]をクリックします。

Fat32を選択してフォーマット

ステップ 3. メインインターフェイスに戻り、ツールバーの[適用]をクリックしてください。

Fat32でUSBのフォーマットを実行

ステップ 4. 処理が完了するまで待ちます。すぐ完了できます。AOMEI Partition Assistantを使用してUSBメモリをFAT32でフォーマットするのはとても簡単です。しかし、最も印象的なのは、このソフトウェアを使用すると、データを失うことなくNTFSをFAT32に変換できることです。

● AOMEI Partition Assistantを起動し、左ペインで[NTFS to FAT32変換器]をクリックします。

NTFSとFAT32の変換器

● NTFS to FAT32またはFAT32 to NTFSという二つオプションが表示されます。ここで[NTFS to FAT32]を選択します。

NTFSからFat32へ変換

● 以下からFAT32に変換するUSBを選び、次へ進みます。

ペンドライブを選択

● 次に、[続行]をクリックして操作を実行します。

NTFSからFat32に変換しましょう

結論

USBメモリをFAT32でフォーマットする方法はここで紹介してしまったのです。この三つの方法と比較して、AOMEI Partition Assistantを使用してフォーマットすることには絶対的な利点があります。

だって、一番操作しやすいし、データを失わないし、便利かつ安全だと思います。その他に、データ損失なしでFAT32をNTFSへ変換FAT32のボリュームが大きすぎるという問題を解決できます。

その上、AOMEI Partition Assistantは何千万ものユーザーから好評されている超人気パーティション管理ソフトです。このツールを使用するなら、ハードディスクを最適な状態で柔軟にパーティション分割できます。では、今すぐAOMEI Partition Assistantを無料でダウンロードして試してみてください。