Byゆき / 最後の更新日時 2020年02月26日

ペンドライブの容量が少なく表示される理由

フラッシュ技術を慎重に使用しないと、損傷を受けやすいです。「16GBのペンドライブはなぜ4GBだけが表示されますか?それをどのように修正しますか?」多くの人は同じ問題があるかもしれません。一般的に、以下の状況でペンドライブの容量が少なく表示されています:

●ペンドライブが働いている時、突然それを取り外します

●フォーマットが完了する前にそれを中断します。或いは、一部のサードパーティ製のソフトウェアを不適切に使用します

●ChromeやLinuxなどのブータブルOS(オペレーティングシステム)をインストールするのはペンドライブのパーティションシステムを変更するので、いくつかの空き領域は表示されます

●コンピュータウィルス

これに対応するソリューション(クリーニングです)があるので、急いでそれを放棄しないでください。次の部分から、ペンドライブの容量が少なく表示される問題を解決する方法を見つけることができます。とにかく、重要なデータの損失を防ぐために、まずバックアップを行ってください。AOMEI Backupperはそれを実現するのに役立ちます。

ペンドライブの容量が少なく表示される時の2つのソリューション

Diskpartを使用します

最もシンプルな方法はWindowsのディスクの管理を使用することです。でもディスクの管理は、システムに関する一部のファイルを削除、またはフォーマットできません。そのため、Diskpartという他のツールを使用します。

ステップ1:コンピューターにペンドライブを接続します。

ステップ2:スタートのメニューで「コマンドプロンプト」を探します。そのショートカットを右クリックして「管理者として実行」を選択します。

ステップ3:「diskpart」を入力してEnterを押します。

Diskpartを入力

ステップ4:「list disk」を入力してEnterを押します。それはコンピューターに接続されたディスクを表示します。

List Disk

ステップ5:「select disk #」を入力してEnterを押します。(#をコンピューターでペンドライブとして識別されるディスク番号に置き換えます。)

Select Disk 2

ノート:選択されたディスク上のすべてのデータは消えているため、番号を入力する時、気をつけてください。

ステップ6:「clean」を入力してEnterを押します。

Cleanを押す

ステップ7:「Diskpartはディスクを正常にクリーンな状態にしました」が表示された後、「create partition primary」を入力します。ペンドライブに1つ以上のパーティションを作成したい場合、次の構文でパーティションのサイズを指定します:create partition primary size=#。例えば、4000MBのパーティションを作成するために、「create partition primary size=4000」コマンドを実行します。

Create Partition Primary

完了する時、コマンドウィンドウから離れます。そして、ディスクの管理を介してペンドライブを簡単にフォーマットできます。しかし、Diskpartを使用してUSBドライブの容量が少なく表示される問題を解決するのはリスクをもたらします。特にコンピューターの素人にとってはそうです。どのディスクがペンドライブであるかを識別するのは不便です。また、コマンドウィンドウに間違って入力するなら、次は何が起こるか誰も知りません。そのため、他の有用なフリーソフトAOMEI Partition Assistantを紹介します。

AOMEI Partition Assistantを使用します

AOMEI Partition Assistantはより良いパーティション管理のためにデザインされたフリーソフトです。それはWindows 7/8/10をサポートします。Diskpartと比べて、このプログラムはより使いやすいです。

ステップ1:ソフトウェアをダウンロードしてインストールします。

ステップ2:コンピューターにペンドライブを接続します。Partition Assistantを起動します。

ステップ3:リムーバブルデバイスを右クリックします。「ハードディスクを消去」を選択します。

HDDを消去

ステップ4:HDDを消去したい回数を指定します。

回数を指定

ステップ5:最終の実行のために「適用」をクリックします。

適用

AOMEIを使用すると、いくつかのクリックでペンドライブの容量が少なく表示される問題を修正できます。適用をクリックする前にいつでも操作を取り消すことができるため、データ損失を起こせる誤操作を心配する必要がありません。消去の後、「パーティションを作成」、「パーティションをリサイズ」および他の機能もディスク/パーティションの管理に便利をもたらします。