By Akira / 最後の更新 2022年11月10日

ポータブルディスクについて

ポータブルHDDとは、外出先などで持ち運ぶことを前提として作られた、外付けのデータ保存媒体です。

hdd

持ち運べるストレージにはポータブルHDD以外にも、NAS・USBメモリ・光ディスクなどさまざまな種類があります。しかし容量が小さかったり、持ち運びが不便だったり、あるいは容量あたりの価格が高かったりといったことがそれぞれデメリットがあります。

ポータブルHDDは、持ち運ぶにあたって必要な容量・利便性・価格のバランスに優れているのが特徴です。

なぜポータブルディスククローンソフトが必要なのですか?

手順が複雑で成功率が低いため、多くのユーザーは、あるディスクから別のディスクにデータを転送するためにWindowsの組み込みツールを選択しません。それで、操作が簡単で、専門的なサードパーティのポータブルディスククローンソフトを選択します。

ポータブルディスククローンソフト

また、次のいずれかの状況にある場合は、ポータブルディスククローンソフトを使用して重要なデータをクローンしたり、HDDをSSDに移行したりすることをお勧めします。

  • 2台のコンピューターでHDDをアップグレードする必要があり、各コンピューターにディスククローンソフトウェアを繰り返しインストールしたくありません。

  • 会社のITプロフェッショナルまたはシステム管理者であり、USBドライブからコンピューターのエラーを修正するのが一般的です。

では、信頼できるポータブルディスククローンソフトはありますか?以下を読み続けてください。

最高のポータブルディスククローン作成ソフトウェア

AOMEI Partition Assistant Technicianは、企業およびサービスプロバイダー向けの強力なオールインワンディスク管理ツールであり、その優れたクローン作成機能と安全性が最良の選択になります。

  • さまざまなOSをサポート:このソフトは、Windows 11/10/8/7/XP/Vistaを含む、すべてのWindows PCおよびサーバーと互換性があります。これにより、複数のPCでハードディスク/パーティション/OSのクローン作成を実行することができます。

  • さまざまなデバイスの種類をサポート:さまざまなサイズとタイプのHDDをクローンできます。たとえば、HDDを小さいHDD/SSDにクローンし、GPTディスクをMBRにクローンし、OSをSSDに移行することができます。さらに、この便利なソフトウェアを使用して、データを失うことなく、ダイナミックディスクをベーシックディスクに、またはその逆にも変換できます。

  • 信頼性の高い:このソフトウェアは、ディスクパフォーマンスを最適化して、データを失うことなくディスク領域を最大限に活用できるように設計されています。すべてのデータが保護されます。また、このソフトは、FedEx、Epson、Panasonicなどの多くの企業から信頼されています。

技術サポート

すべてのディスクを簡単で管理するために、ここで、このポータブルディスククローン作成ソフトウェアをダウンロードしてください。

Techのデモ版 Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速
ヒント:デモ版は動作確認の目的でのみ使用されます。つまり、デモでは、すべての機能をプレビュー、すべての操作をシミュレートすることしかできません。

AOMEI Partition Assistantでポータブルディスククローンを作成

まず、Windows PCにAOMEI Partition Assistantをインストールして実行し、次に手順に従ってリムーバブルデバイスにポータブル版を作成する必要があります。そうすれば、ソフトウェアは、デバイスを搭載した任意のPCで使用できます。

ステップ 1. 左側の小さなメニューで「すべてのツール」をクリックし、「ポータブル版を作成」を選択します。

ポータブル版の作成

ステップ 2. 「次へ」をクリックして操作を続行します。

次へ

ステップ 3. AOMEI Partition Assistantを保存する場所を選択します。「作成」をクリックして、ポータブル版の作成を開始します。

注:USBデバイスをコンピューターに接続すると、デフォルトで「USBデバイスを使用」オプションが選択され、USBデバイスがここに一覧表示されます。選択したUSBドライブのルートディレクトリにAOMEI Partition Assistantポータブル版が作成されます。または、「カスタムターゲットパス」を選択してから、ターゲットフォルダを手動で選択することもできます。

保存する場所

ヒント:
クライアントコンピュータに起動可能なシステムがない場合は、AOMEI Partition AssistantのWinPE起動可能メディアを作成して使用できます。
USBデバイスでポータブル版を作成するときは、最初にUSBデバイスでパーティションを作成してください。ネットワークパスへのポータブル版の作成はサポートされていません。

ディスククローンソフトウェアでHDDをクローンする方法

AOMEI Partition Assistantのポータブル版を作成したら、例として、ハードディスクをより小さなSSDにクローンする方法を見てみましょう。ソフトは安全であり、古いハードディスクを新しいハードディスクに直接交換する場合は、OSを再インストールする必要はありません。

クローンを作成する前に、AOMEI Partition Assistantのポータブル版にインストールされているリムーバブルデバイスをPCに接続してください。そして、デバイスからソフトウェアを起動します。

ステップ 1. メインウィンドウでクローンを作成するディスクを右クリックし、「ディスクをクローン」を選択します。

ヒント:OSのみをクローンする場合は、左側のメニューで「OSをSSDに移行」の機能を選択できます。

ディスクをコピー

ステップ 2. ハードディスクを小さいSSDにクローンするため、ポップアップウィンドウで「ディスクの高速クローン」を選択します。「セクター単位のクローン」は、使用されているかどうかに関係なく、ディスクのすべてのセクターをクローンするため、少なくとも、ソースディスク上の内容を保存するのに十分なサイズがある宛先ディスクを準備すべきです。

ディスクの高速コピー

ステップ 3. ソースディスクのデータを保存するターゲットディスクを選択し、「次へ」をクリックします。

ヒント:
>>選択したディスクがSSDストレージである場合、SSDの読み速度や書き速度を向上させるには「SSDの性能を最適化」をチェックすることができます。
>>ターゲットディスクにはパーティションがある場合、それらは削除されます。そのため、これらのデータは重要なら、AOMEI Backupperを使用して、それらのバックアップを作成してください。

ターゲットディスク

ステップ 4. このウィンドウでは、ターゲットディスク上のパーティションのサイズを調整することができます。「元のサイズのままコピーする」「コピー先に合わせる」それに「手動で編集する」3つのオプションがあります。この例は小さいSSDにクローンされているため、最初のオプションがグレー表示されています。調整を終えた後、「次へ」⇒「完了」をクリックしてください。

ディスクを編集

ステップ 5. 「保留中の操作一覧」でディスクのクローン操作をプレビューすることができます。保留中の操作を実行するには、「適用」をクリックしてください。

適用

ご注意:
クローンしたいハードディスクには、システムブートパーティションが含まれている場合は、操作が「PreOSモード」で完了する必要があります。AOMEI Partition Assistantは自動的にPreOSモードに入ることもできるので、入る方法がわからなくても、心配しないでください。唯一のことは、ガイドに従うことです。

まとめ

AOMEI Partition Assistantを使用すると、複数のデバイス間でハードディスクのクローンを簡単に作成できます。これは、最高のポータブルディスククローンソフトウェアです。この便利なツールを使用すると、誰でもさまざまなPCのディスクをクローンすることができます。

また、このソフトウェアには、クローン作成だけでなく、アプリケーションの移動、起動パーティションの移動など、他の便利な機能もあります。今すぐダウンロードしてお試しください。