ByAOMEI / 最後の更新日時 2020年08月05日

Gptgenについて

Gptgenは、HDDを変換する用のコマンドラインツールです。つまり、HDDにあるデータをそのまま保管していると同時に、MSDOSによって、HDDをMBR形式からGPT(GUIDパーティションテーブル)パーティション形式に変換することです。Gptgenはコマンドラインツールであるため、ダウンロード後にダブルクリックして起動することはできません。Windows 7やWindows 10のようなWindows OSでは、「readme」命令に従って、コマンドラインプロンプトに

gptgen [-w] \\.\physicaldriveXと入力する必要があります。

X:変換したいディスクの番号。[-w]:Gptgenによって、変換されたGPTをディスクに書き込みます。

そうでない場合、プライマリテーブルは、「primary.img」という名前のファイル、セカンダリテーブルは「secondary.img」という名前のファイルに書き込まれます。上述のものは、Gptgenを使用してデータを損失することなく、MBRをGPTに変換することを保証します。

MBRからGPTに変換する原因

一般的に言うと、MBR形式のHDDは多くとも4つのプライマリパーティションをサポートします。プライマリパーティションは論理パーティションと比較して、ブートブロックを持つため、PCに2つ以上のオペレーティングシステム(OS)をインストールする場合は、論理をプライマリに変換する必要があります。

注:ブートセクタ(英: Boot sector)は、ハードディスクドライブやフロッピーディスクなどの補助記憶装置のディスクセクタの一種で、ブートプログラムのコードなどを格納している部分である。ブートブロック(Boot block)とも。一方で、GPT形式のHDDは最大128個のパーティションをサポートします。だから、GPT HDDにはほとんどプライマリパーティションの数の制限がありません。さらに、MBRディスクは最大2TBの容量をサポートします。2TBを超えるディスクは分割された後、余分の容量は未割り当て領域になります。そして、どの方法でもその未割り当て領域を使用することはできません。

Gptgen代替品の必要性

Gptgenは便利な変換ツールですが、コマンドライン操作についての知識が必要 です。グラフィカルユーザインタフェースを持たないため、ほとんどのPCユーザ向けの共通のユーティリティではありませんが、パソコンに詳しいユーザー向けに設計されているもののようです。そして、ユーザーのフィードバックに従って、Gptgenを使用してHDDをMBRからGPTに変換した後、追加された未割り当て領域を見ることはできません。また、ダイナミックディスクもサポートしていないため、コンピュータの管理に不便です。さらに、Gptgenの最終更新時間は3年前ですので、チームからの技術サポートはほとんどありません。もし問題があったら、困らせます。

Gptgen代替品-AOMEI Partition Assistant Proは、データを失うことなくMBRからGPTディスクへの変換を可能にする専門的なパーティションマネージャです。この代替ソフトは簡潔明瞭で操作しやすいインターフェイスを持っているため、パソコン初心者ても簡単にそのプロセスを管理することができます。ダイナミックディスク、RAIDディスクもサポートしています。最も重要なことは、AOMEI Partition Assistantを使用して、MBRからGPTへ変換した後、未割り当て領域を直接使用できることです。このソフトウェアをダウンロードして試してみてください。

Gptgen代替品-AOMEI Partition AssistantでMBRからGPTに変換する方法

注:システムディスクまたはブートディスクをGPTに変換する場合、マザーボードがEFI/UEFIブート(マザーボードのユーザーマニュアルを読む)をサポートしていることを確認してください。サポートしない場合は、変換を停止してください。そうしないと、システムは次回起動できなくなります。

ステップ 1. Partition Assistant Proをインストールして起動します。変換するディスクを選択し右クリックして、左ペインで「GPTディスクに変換」を選択します。

MBRからGPTに変換する

ステップ 2. ポップアップウィンドウで「はい」をクリックします。

MBRからGPTに変換することにします

ステップ 3. ディスク形式がGPTに変更されたら、「適用」をクリックして実行します。

MBRからGPTに変換することを確認する

ヒント:

● システムブート可能を保証するために、システムブートディスクをMBRとGPTスタイル間で変換してから、BIOSに入り、ブートモードを変更する必要があります。

● Windows OSが含まれていないディスクを変換するには、AOMEI Partition Assistantを使用できます。

Gptgenの代替品として、AOMEI Partition Assistantには他の強力な機能があります。例えば、古いディスクを更新する場合は、新しいHDDにOSを転送できます。そして、Windows 10またはWindows 8を使用している場合は、Windows OSがエンタープライズ版でなくてもWindows to go USBを作成することができます。