By AOMEI / 最後の更新 2019年07月01日

通常のフォーマットとクイックフォーマットの違いはなんだろ?普通はどちらを選択したほうがいいですか?Windowsのフォーマットユーティリティーの代わりとしてどんなソフトを使いますか?今回の記事はこれらの問題について説明します。

フォーマットについて

データを記憶装置に格納する前に、記憶装置にいくつかの初期化処理をしないといけません。この初期化処理はフォーマットといいます。フォーマットは「物理フォーマット」と「論理フォーマット」の2種類があります。「物理フォーマット」はメーカーにより出荷する前に行ったが、「論理フォーマット」はユーザーがいつでも実行できる操作です。

フォーマットはデータを格納できるように行う作業ですが、一般、ディスクに何か不具合が生じる場合はディスクを再びフォーマットして問題を解決できます。Windowsは便利なフォーマットユーティリティーを提供しています。

Windowsフォーマット

スクリーンショットのように、フォーマットオプションに「クイックフォーマット」というオプションがあります。このオプションはデフォルトでチェックされます。では、パーティションをフォーマットする時、ここは一体チェックするかどうか、どうなさいますか。

クイックフォーマットは時間を節約します

Windowsの「クイックフォーマット」機能はなぜ通常のフォーマットよりクイックできますか。フォーマットは指定するファイルシステムでパーティションを初期化してWindowsがこのパーティションを読み書きできるようにすることです。初期化する前、システムはまずこのパーティション上のすべての領域をスキャンして不良セクターをチェックします。不良セクターを見つかれば、記録して以後の使用にこれらの不良セクターを回避します。勿論、パーティションのサイズは大きければ大きいほど、所要時間が長くなります。

一方、クイックフォーマットはパーティションのチェックなし、直接にフォーマットする作業です。それで、このフォーマット方法は通常のフォーマットより時間を節約できます。普段の使用にパーティションをフォーマットする場合はクイックフォーマットを使って結構です。

強力なフォーマット機能を備えるパーティション管理ソフト

Windowsのフォーマットツールはシンプルな機能で簡単にフォーマットできます。それで、より高度なフォーマットに対応していないし、時々フォーマットできないトラブルが起こります。さらに、このツールは僅かなファイルシステムをサポートします。特にWindows 10の場合はほとんどNTFSでしかフォーマットできません。

フォーマットは重要なパーティション管理操作です。ディスクの初期化と修復などの操作はフォーマット機能を利用します。無料のパーティション管理ソフトAOMEI Partition Assistant Standardは強力なフォーマット機能を備えています。NTFS、FAT32、Ext3、Ext4やexFATファイルシステムのフォーマットをサポートします。高速フォーマットでWindowsの組み込みツールよりすばやくフォーマットできます。このソフトは多くの機能を備えていますが簡潔なユーザーインターフェイスで非常に使いやすいです。

こちらからダウンロード

下記の手順でフォーマットします

  • 1. AOMEI Partition Assistantを実行し、メインインタフェースで全てのディスクのプロパティがひょうじされます。フォーマットしたいパーティションを右クリックして、「 パーティションをフォーマット」をクッリクします。

    Format Partition


  • 2. ドロップダウンメニューからファイルシステムを選択して、「はい」をクリックします。

    File System

フォーマットする前に重要なデータをバックアップすること。

  • 3. 最後に、メインインタフェースの「適用」ボタンをクリックします。

    Apply

AOMEI Partition Assistantはフォーマットツールを除いて、パーティション管理に関する機能が沢山備えています。ファイルシステムを変換したり、ブータブルメディアを作成したり、OSをSSDへ移行したりできます。より高度な機能は、AOMEI Partition Assistant Professionalにアップグレードしてご利用いただけます-。