ByAOMEI / 最後の更新日時 2019年07月01日

この記事では、サンディスクmicroSDカードの書き込み禁止を5つの方法で解除する方法を紹介します。

案例

私はマイクロSDメモリーカードをフォーマットしなければなりません。フォーマット中は、カードが書き込み禁止になっていることを示します。ディスク管理を使用しようとしましたが、フォーマットできません。解除方法を教えていただければ、本当に感謝します。

サンディスクmicroSDカードの書き込み禁止を解除する原因

書き込み禁止は、実際には、データが誤って消去または上書きされないようにするための良い方法です。しかし、SDカードをフォーマットしようとすると、「Micro SDカードの書き込み禁止をフォーマットできない」エラーメッセージがポップアップします。サンディスクとサムスンmicroSDカードの書き込み禁止を5つの方法で解除する方法を紹介します。

microSDカードの書き込み禁止を解除する5つの方法

方法 1. ロックスイッチを確認

マイクロSDカードとアダプタにはロックスイッチがあります。アダプター・カードの左側のロックスイッチがスライドされていることを確認してください(ロック解除位置)。

ロックスイッチが緩んでいて簡単に動くと、スイッチがロック位置にスライドしている可能性があります。この場合、SDカードの交換を検討することがあります。

方法 2. レジストリを変更

書き込み禁止を無効にするこの方法は簡単ですが、レジストリを慎重に変更する必要があります。レジストリが誤って処理されると、オペレーティングシステムが中断されます。だから行動を取る前に、Windowsレジストリをバックアップする方が良いです。

レジストリを変更するには、次の手順を実行します。

手順 1. 「スタート」ボタンをクリックし、「regedit」と入力して「regedit」を右クリックし、「管理者として実行」を選択します。

手順 2. カタログHKEY_LOCAL_MACHINE¥SYSTEM¥CurrentControlSet¥Control¥StorageDevicePoliciesに移動します。StorageDevicePoliciesという名前のフォルダがない場合は作成します。

手順 3. 現在のカタログコントロールを右クリックします。

手順 4. メニューで「新規」を選択し、きーを検索します。StorageDevicePoliciesという名前を付けます。

手順 5. StorageDevicePoliciesを右クリックして、32ビットOSの場合はDWORD(32ビット)、64ビットの場合はQWORD(64ビット)の新しい値をそれぞれ選択します。

手順 6. DWORD/QWORDの名前をWriteProtectに変更し、値を0(HEX)に変更する行をダブルクリックします。

レジストリを変更

手順 7. SDカードを取り出して、コンピュータを再起動します。

方法 3. GPEditを使用して書き込み禁止を解除

Micro SDカードは、WindowsローカルグループポリシーによってSDカードへのアクセスが制限されている場合に、書き込み禁止にすることができます。読み取り専用の制限を解除するには、次の手順を実行します。

手順 1. スタートをクリックし、検索ボックスに「gpedit.msc」と入力してEnterキーを押します。

手順 2. コンピューター構成 - >管理用テンプレート - >システム - >リムーバブル記憶域アクセスに移動します。

手順 3. パラメータ「リムーバブルディスク:すべてのアクセスを拒否する」を無効にします。

方法 4. diskpartユーティリティを使用して書き込み禁止を無効にする

Diskpartは、ディスクパーティションとボリュームを管理するためのユーティリティです。

SDカードをフォーマットすると、実際に読み取り専用禁止が解除され、メモリカードのロックが解除されます。この方法でMicro SDカードSanDiskの書き込み保護を解除する方法は次のとおりです。

手順 1. スタートメニューで「CMD」と入力して、コマンドプロンプトを開きます。「diskpart」と入力してユーティリティを起動します。

手順 2. 「list disk」と入力すると、システム内で利用可能なディスクのリストが表示されます。

手順 3. 「select disk n」と入力します。nはSDカードのディスク番号を表します。

手順 4. 「attributes disk clear readonly」を入力します。この手順でSDカードのプロパティが変更され、読み取り専用にならなくなります。

方法 5. 書き込み禁止になったサンディスクとサムスンmicroSDカードをフォーマット

上記の方法をすべて試しても、SDカードから書き込み禁止を解除できない場合は、書き込み禁止SDカードフォーマットソフトを使用して、書き込み禁止SDカードをフォーマットすることができます。

AOMEI Partition Assistantは、SSHD、SSD、外付けハードディスク、USBメモリ、あらゆる種類のSDカードなど、あらゆる種類のディスクをフォーマットするのに役立つ無料のパーティションマネージャです。そして書き込み禁止SDカードを簡単に解除することができます。また、パーティションサイズで32GBの制限を打ち破り、64GB SDカードパーティションをFAT32にフォーマットするのに役立ちます。このソフトは、Windows 10/8/7のすべてのバージョンで使用できます。サンディスクとサムスンMicro SDカードの書き込み保護を解除する方法を見てみましょう。

注:Micro SDカードをフォーマットすると、その上にあるすべてのデータが削除されます。したがって、SDカードのすべてのファイルをあらかじめバックアップしておく必要があります。

手順 1. AOMEI Partition Assistantをダウンロードし、起動します。

手順 2. フォーマットするMicro SDカードを右クリックし、「フォーマット」を選択します。

ディスクをフォーマット

手順 3. ファイルシステムの中からNTFS、FAT32、Ext2、Ext3、ExFATのいずれかを選択します。次に、「OK」をクリックします。

NTFSにフォーマット

手順 4. 保留中の操作を確認し、「適用」をクリックして実行します。

プロセスはすばやく実行されます。SDカードをフォーマットした後、再度書き込み可能になります。また、AOMEI Partition Assistantでは、プライマリパーティションだけでなく、Micro SDカード上のすべてのパーティションをフォーマットすることもできます。データ損失なしでSDカード用のNTFSとFAT32に変換することもできます。

サンディスクMicro SDカードの書き込み禁止を解除する方法を学んだので、上記のすべての方法を試して、あなたの状況に適した方法を見つけることができます。