By Asher / 最後の更新 2022年04月08日

HDDの再分割について

パーティション分割は、ディスクを複数のパーティションに分割することです。HDDの再分割は、その中身を仕分けしておくことで、データを整理整頓できます。したがってパーティション分割を設定することで、パフォーマンスを大幅に向上させることができます。

Windows多くのユーザーは、ハードディスクの再分割が可能であることを知りません。ほとんどの人はハードディスクのパーティションを最初からそのままにしておき、変更を加えることはありません。しかし、Windows OSでハードディスクの再分割ができるだけでなく、Windowsにはこの目的のためにユーティリティが内蔵されています。Windowsユーザーは、現在MicrosoftがサポートしているすべてのバージョンのWindowsで、Windowsに組み込まれているハードディスク管理ユーティリティのみを使用してハードディスクを再パーティションすることができます。

どのような状況でHDDを再分割する必要があるか?

古いハードドライブに別の計画がある場合は、HDDを再パーティションする必要があります。ハードドライブのパーティションを再分割するということは、パーティションサイズ、ドライブ文字、およびファイルシステムを再割り当てすることを意味します。一般に、次の状況では、ハードドライブのパーティションを再分割する必要があります。

パーティションのサイズを変更する。一般的な再パーティションは、既存のパーティションサイズを変更するだけで、新しいニーズに対応できます。サイズを変更して未割り当て領域を作成し、その領域を使用して新しいパーティションを作成するか、その領域を必要とする別のパーティションに追加します。

デュアルブートOS(例えば、MacおよびPC Windows)をインストールする。デュアルブートOSをインストールする場合は、再パーティション化する必要があります。オペレーティングシステムを保存するには、十分な大きさで、異なるファイルシステムでフォーマットされた少なくとも2つのプライマリパーティションが必要です。MacとWindowsに加えて、多くのユーザーはWindows 7とWindows XP、Windows 10とWindows 7などのデュアルブートを行う傾向があります。もし、デュアルブートを削除したい場合は、以下の記事を参照してください。

【安全】Windows10でデュアルブートを削除する方法

新しいOSをインストールする。新しいオペレーティングシステムをインストールする前に、ハードドライブをパーティション分割することをお勧めします。この操作により、Windowsのインストール時にハードドライブが認識されない問題が解決する場合があります。

ここに記載されていないその他の場合は、ハードドライブのパーティションを再分割する必要があります。ただし、次の重要なことは、ハードディスクの再パーティションを行う最適な方法を見つけ出すことです。

Windows 11/10/8/7でHDDを再分割する一般的な方法

最初の部分で説明したように、Windowsは、Windows 11/10/8/7でハードドライブを再パーティションできる内蔵のユーティリティ(ディスクの管理とDiskpart)を提供します。ディスクの管理またはDiskpartを使用してこのタスクを完了することができます。それらがどのように機能するかを詳しく見てみましょう。

方法1:ディスクの管理でHDDを再分割する

デスクトップの「コンピューター」または「PC」を右クリックして「管理」→「記憶域」→「ディスクの管理」を選択します。そこには、パーティションの状態、ドライブ文字、ファイルシステム、使用済みスペース、およびその他の必要な要素が表示されます。

ディスクの管理

1.パーティションの拡張:拡張するパーティションの右側に未割り当て領域がある場合は、拡張できます。パーティションを右クリックして、「ボリュームの拡張」を選択します。ウィザードに従って拡張を実行します。

ボリュームの拡張

パーティションの右側に連続したスペースがない場合、またはディスク上に未割り当て領域がない場合は、「ボリュームの拡張」がグレー表示されます。

ボリュームの拡張グレー

2.パーティションの縮小:パーティションを右クリックして、「ボリュームの縮小」を選択します。縮小できるスペースのサイズは、現在のHDD上に割り当てられたスペースの量によって制限されるため、ボリュームは使用可能なスペースの半分にしか縮小できません。パーティションサイズを半分以上小さくしたい場合は、サードパーティのソフトウェアを使用する必要があります。

ボリュームの縮小DM

3.新しいパーティションの作成:未割り当て領域を右クリックして、「新しいシンプルボリューム」を選択します。ウィザードに従って作成の操作を完了します(既存のパーティションを削除することで未割り当て領域を確保できますが、開始する前に必ず重要なファイルをバックアップしてください)。

新しいシンプルボリューム

ハードドライブを完全に再パーティションする場合は、既存のパーティションをすべて削除して、未割り当て領域を1つにすることができます。次に、分割して作成します。ただし、Windows環境ではシステムパーティションを削除できないため、この操作は外付けハードドライブでのみ実行できます。

方法2:DiskpartプロンプトでHDDを再分割する

CMDを使用してハードドライブを再パーティションできます。これは、コマンドの使用に慣れているユーザーにとってより簡単な方法です。

注意:CMDを通して、ディスクパーティションを拡張するには、ターゲットパーティションの背後に隣接する未割り当て領域が存在する必要があります(ディスクの管理と同じ)。そうでない場合、エラーメッセージが表示されて失敗します。

ステップ 1. 「Windows+R」を同時に押し、「diskpart」と入力して、Enterキーを押してDiskpartプロンプトを開きます。

ステップ 2. パーティションのサイズを変更するには、次のようなコマンドを入力し、各コマンドの後にEnterキーを押します。

list volume

select volume n(nは変更するパーティションの番号です)

extend size = 10240(MB)(extend sizeはshrink desiredに置き換えることができます)

exit

Diskpart 扩展 C 盘

ステップ 3. 特定のパーティションをフォーマットするには、ドライブを選択した後、「format fs=ntfs quick」を入力します(ntfsはfat32に置き換えることができます)。

Diskpart 格式 Fat32

補充extend sizeはshrink desiredに置き換える手順について

「shrink desired=10240」と入力して「Enter」を押します。

Diskpartでパーティションを縮小した後、もう一度ボリュームを一覧表示できます。パーティションは既に縮小されたことを見つけます。そしてディスクの上に新しいプライマリパーティションを作成できます。

「create partition primary size=10240」と入力して「Enter」を押します。

「assign letter=H」と入力して「Enter」を押します。

パーティションを作成

データを失うことなくHDDを再分割するための最良の方法

Windows PCでディスクの管理とDiskPartを使用してハードディスクを再パーティションするには、NTFSパーティションのみを縮小または拡張できます。また、「ボリュームの拡張」オプションは、ターゲットパーティションの右側に連続した未割り当て領域がある場合にのみ機能します。さらに、すべての操作には、保存されたデータが失われるリスクがあります。具体的には、隣接していないパーティションに未割り当て領域を追加して拡張するには、ターゲットパーティションと未割り当て領域の間のパーティションを削除する必要があります。また、ドライブに別のファイルシステムを割り当てるには、それを再フォーマットする必要があります。

これらすべての制限とリスクを回避するために、AOMEI Partition Assistant Professionalと呼ばれるプロフェッショナルなディスクパーティションマネージャーに切り替えることができます。このソフトは以下の利点があります:

あるパーティションから別のパーティションに空き領域を直接割り当てることができます。

✔既存の冗長パーティションから直接新しいパーティションを作成できます。

✔フォーマットせずにファイルシステムをNTFSとFAT32の間で変更できます。

✔ワンクリックで、ハードディスクを複数のパーティションにすばやく分割できます。

✔作成したブータブルメディアを使用して、Windowsを起動せずに内部ディスクをパーティション分割できます。

デモ版を無料でダウンロードして、ドライブのサイズを変更する方法を確認できます。

Proのデモ版 Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ快適
注:デモ版は動作確認の目的でのみ使用されます。つまり、デモでは、すべての機能をプレビュー、すべての操作をシミュレートすることしかできません。

ステップ 1. AOMEI Partition Assistantをダウンロードし、インストールし、起動します。メイン画面に全てのディスクの構成情報が表示されます。拡張したいパーティション(ここではCドライブ)を右クリックして「パーティションをリサイズ/移動」を選択します。

パーティションをリサイズ

ステップ 2. ポップアップウィンドウでは、パーティションの右縁にマウスポインタを置き、左方向に境界線をドラッグして空き領域を解放します。その後、「はい」をクリックします。

パーティションを拡張

未割り当て領域を使用して、新しいパーティションを直接作成できます。未割り当て領域を右クリックし、「パーティションを作成」を選択して、プロンプトに従って操作してください。または、Cドライブなどの別のパーティションを拡張するために使用できます。これを行うには、最初にDパーティションを右に移動して、未割り当て領域をCドライブの後ろに隣接させてから、Cパーティションに追加します。以下は詳しい手順です。

ステップ 1. AOMEI Partition Assistantを起動します。Dパーティションを右クリックし、「パーティションをリサイズ/移動」を選択します。

パーティションを移動

ステップ 2. 下図のようにDドライブ全体を右側にドラッグして、未割り当て領域をCドライブのすぐ右側に移動させます。

右側にドラッグ

ステップ 3. メインインタフェースにCドライブを右クリックして「パーティションをリサイズ/移動」をクリックします。次のウインドウに矢印を右へドラッグして、Dドライブから分割された未割り当て領域を全部Cドライブに追加します。

拡張

ステップ 4. 「適用」と「続行」をクリックして保留中の操作を開始します。

適用

パーティションを結合」機能も使用できます。

はい

前述のように、ハードドライブを同時に複数の異なるパーティションにすばやくパーティション分割できます。パーティションを作成するディスクを右クリックし、表示されたリストから「高速分割」を選択します。「高速分割」ウィンドウは以下のように表示され、必要に応じて各パーティションを設定します。

設定の変更

結語

この記事では、Windows 11/10/8/7でHDDを再分割するための3つのツールを共有します。データをフォーマットしたり失ったりせずにハードドライブを再パーティションしたい場合は、AOMEI Partition Assistant Professionalが最適です。ユーザーがWindows Server 2000/2003/2008/2012/2016/2019/2022でハードディスクを管理し、再分割するために、AOMEI Partition Assistant Serverを使用できます。

ご参考になれば、幸いです。もしご不明な点などがありましたら、遠慮なくご質問ください。弊社のメールは:[email protected]。ここまでありがとうございました。

最後!問題を解決しておめでとうございますヽ(〃'▽'〃)ノ☆!