ByAOMEI / 最後の更新日時 2020年08月03日

パーティションのサイズを変更する原因

コンピュータを使用している間は、あるパーティションに空き領域がなくなり、他のパーティションには多くの領域が残っていることがわかります。パーティションのサイズを変更することで、大きなパーティションを縮小して未割り当て領域を作成し、その領域で小さなパーティションを拡張することができます。その結果、各パーティションを最大限に活用することができます。さらに、パーティションのサイズを変更してCドライブのメモリを増やすと、コンピュータの読み書き速度が向上します。次に、PowerShellでパーティションの容量を変更する方法は?

Windows 10/8/7で無料でパーティションのサイズを変更する方法

ここでは、Windows 7でPowerShellを使用してパーティションのサイズを変更する方法を詳しく説明します。

PowerShell経由でパーティションを拡張するには

1. スタートメリューをクリックして、「power」を入力します。「Windows PowerShell」を右クリックして「管理者として実行」を選択します。

2. 「diskpart」を入力してEnterを押します。

3. 「list volume」を入力してEnterを押します。

4. 「select volume #」を入力してEnterを押します。PS:#は拡張したいパーティションの番号です。

5. 「extend size=#」(ex: size=2048)を入力して、パーティションをメガバイト(MB)単位で拡張し、Enterキーを押します。

6. 「exit」とダブル入力してEnterキーを押すと、DiskpartとPowerShellが連続して終了します。

PowerShell経由でパーティションを拡張

ヒント:

● ディスク上に連続した未割り当て領域がない場合、パーティションを拡張できないことがあります。

● サイズを指定しないと、すべての未割り当て領域を占めるようにパーティションが拡張されます。

PowerShell経由でパーティションを縮小するには

PowerShellを使ってパーティションを拡張するのと似ています。上記の第5ステップのみ変更すればいいです。

shrink desired=#」(ex: size=2048)を入力して、パーティションをメガバイト(MB)単位で縮小し、Enterキーを押します。

PowerShell経由でパーティションを縮小

ヒント:

● ディスク上に移動不可能なファイルがある場合、パーティションの縮小に失敗することがあります。パーティションは移動不可能なファイルポイントに縮小することしかできません。

● 必要なサイズを指定しないと、コマンドは可能な最大スペースを利用します。

PowerShellにより簡単かつ安全なパーティションの サイズを変更するフリーソフト

PowerShellを使用してパーティションのサイズを変更する際の制限があります。パーティションを縮小する前に、拡張するパーティションのすぐ後ろに連続した未割り当ての領域があることと、移動不可能なファイルを別のディスクに移動することを確認する必要があります。ちょっと複雑だと思います。ここでは、素晴らしいフリーソフトAOMEI Partition Assistant Standardをお勧めします。このフリーソフトによって簡単かつ安全でパーティションの サイズを変更するすることができます。下記はフリーソフトAOMEI Partition Assistant Standardを使用して、パーティションの容量を変更する手順です。見てみましょう。

手順 1. AOMEI Partition Assistantをダウンロードし、インストールして起動します。サイズを変更したいパーティションを右クリックして「パーティションをリサイズ」を選択します。

パーティションをリサイズ

手順 2. ポップアップウィンドウで、マウスポインタをパーティションの境界線に置き、境界線をドラッグします。パーティションバーを長くすることは、パーティションを拡張することを意味しますが、パーティションを縮小するには短くします

境界線をドラッグ

手順 3. 保留中の操作を確認し、「適用」をクリックして操作を実行します。

パーティションリサイズを適用

ヒント;

● AOMEI Partition Assistantは、パーティションのすぐ後ろに未割り当て領域があるかどうかにかかわらず、同じディスク上に未割り当て領域がある限り、パーティションを拡張するのに役立ちます。

● AOMEI Partition Assistantは、GUIを使用して、移動不可能なファイルがあるパーティションを縮小するのにも役立ちます。

● パーティションの高速分割、MBRとGPTパーティションスタイル間のシステムディスクの変換などのより強力な機能を利用するには、AOMEI Partition Assistant Professionalにアップグレードします。また、AOMEI Partition Assistant Professionalコマンドラインを使用してボリュームを拡張したり、ボリュームを縮小することもできます。

まとめ

Windows 10/8/7でパーティションのサイズ(容量)を変更するときは、フリーソフトAOMEI Partition AssistanとPowerShellによる2つの方法もいい選択肢です。でも、PowerShellを使用するとき、気をつかないと、間違える可能性があります。これにより、AOMEI Partition Assistantは、確かに簡単かつ安全な方法です。