By Jun / 最後の更新 2021年05月21日

パーティションのサイズを変更する理由

もしあるパーティションに空き領域がなくなり、他のパーティションには多くの空き領域が残っていることがあった場合。パーティションのサイズを変更することで、大きなパーティションを縮小して未割り当て領域を作成し、その領域を小さなパーティションに拡張することができます。その結果、各パーティションを最大限に活用することができます。さらに、パーティションのサイズを変更してCドライブのメモリを増やすと、コンピュータの読み書き速度が向上します。

Windows10 / 8 / 7で無料でパーティションのサイズを変更する方法

ここでは、Windows 7でPower Shellを使用してパーティションのサイズを変更する方法を詳しく説明します。

Power Shell経由でパーティションを拡張するには

1. スタートメリューをクリックして、「power」を入力します。「Windows Power Shell」を右クリックして「管理者として実行」を選択します。

2. 「diskpart」を入力して、Enterキーを押します。

3. 「list volume」を入力して、Enterキーを押します。

4. 「select volume #」を入力して、Enterキーを押します。(#は拡張したいパーティションの番号です。)

5. 「extend size=#」を入力して、Enterキーを押します。(#は拡張したい大きさです、例えば:extend size=2048、パーティションをメガバイト(MB)単位で拡張します。)

6. 「exit」を入力して、Enterキーを押します、Diskpartを終了します。

7. 「exit」を入力して、Enterキーを押します、Power Shellを終了します。

PowerShell経由でパーティションを拡張

ヒント:✎...
ディスク上に連続した未割り当て領域がない場合、パーティションを拡張できないことがあります。
サイズを指定しないと、すべての未割り当て領域を占めるようにパーティションが拡張されます。

Power Shell経由でパーティションを縮小するには

上記のPower Shellを使ってパーティションを拡張する方法の1から4は同じになります。

5. 「shrink desired=#」(例えば:size=2048)を入力して、パーティションをメガバイト(MB)単位で縮小し、Enterキーを押します。

6. 「exit」を入力してEnterキーを押します、Diskpartを終了します。

7. 「exit」を入力してEnterキーを押します、Power Shellを終了します。

PowerShell経由でパーティションを縮小

ヒント:✎...
ディスク上に移動不可能なファイルがある場合、パーティションの縮小に失敗することがあります。「移動できないファイルが格納されている場所までも含めて、ボリュームを縮小することはできません」というメッセージが出てきます。
サイズを指定しないと、コマンドは可能な最大スペースを適用します。

パーティションのサイズを変更する簡単かつ安全なフリーソフト

Power Shellを使用してパーティションのサイズを変更する際に制限があります。拡張するパーティションの後ろに連続した未割り当ての領域がある必要があります(例えばCドライブを拡張する場合は、Cドライブの後ろ、つまりDドライブの前に未割り当ての領域がある必要があります)。ここでは、フリーソフトAOMEI Partition Assistant Standardをお勧めします。このフリーソフトは制限なしかつ簡単でパーティションの サイズを変更するすることができます。下記はフリーソフトAOMEI Partition Assistant Standardを使用して、パーティションの容量を変更する手順です。

パーティションサイズを変更する前に

●リサイズしたいパーティションをチェックし、その上に不良セクタがないことを確認してください。

●データを失わないように、強制的にタスクを終了したり、電源を切断したりしないでください。

●リサイズしたいパーティションで実行されているすべてのアプリケーションを終了してください。

手順 1. AOMEI Partition Assistant Standardをダウンロードし、インストールして起動します。サイズを変更したいパーティションを右クリックして「パーティションをリサイズ」を選択します。

無料ダウンロード Win 10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速

パーティションをリサイズ

手順 2. ポップアップウィンドウで、マウスポインタをパーティションの境界線に置き、境界線をドラッグします。パーティションバーを長くすることは、パーティションを拡張することを意味します。パーティションを縮小するには短くしてください。

境界線をドラッグ

手順 3. 保留中の操作を確認し、「適用」をクリックして操作を実行します。

パーティションリサイズを適用

ヒント:✎...
AOMEI Partition Assistantは、ターゲットパーティションの後ろに未割り当て領域があるかどうかにかかわらず、同じディスク上に未割り当て領域がある限り、パーティションを拡張することができます。
パーティションの高速分割、MBRとGPTパーティションスタイル間のシステムディスクの変換などのより強力な機能を利用するには、AOMEI Partition Assistant Professionalにアップグレードします。また、AOMEI Partition Assistant Professionalコマンドラインを使用してボリュームを拡張したり、ボリュームを縮小することもできます。
Proの無料体験版 Win 10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速

結語

AOMEI Partition Assistantそのほかのバージョン:Windows Server 2003、2008(R2)、2011、2012(R2)、2016、2019のユーザーの場合、AOMEI Partition Assistant Server版を使用してください。また、社内の台数無制限のPC&Serverで利用可能なAOMEI Partition Assistant Unlimited版もあります。更に、AOMEI Partition Assistant Technician版を購入するIT専門家、システム管理者、技術者はクライアントに技術サポートを有償サービスとして提供することができます。ニーズに応じて適切なバージョンを選択しましょう~ ▶AOMEI Partition Assistant異なるバージョンの比較