ByAOMEI / 最後の更新日時 2020年02月12日

Windows 7でパーティションのサイズを変更するのに役立つ内蔵ユーティリティが少なくないですが、データを失わずにシステムドライブのサイズを変更するには、別の方法が必要になるかもしれません。

なぜWindows 7でパーティションのサイズを変更

コンピュータのハードディスクのパーティションとは、ハードディスクの記憶領域を論理的に分割すること、あるいは分割された個々の領域を指す。各パーティションが異なるドライブ文字として表示される。

通常、以下の場合はWindows 7でHDDパーティションのサイズを変更したいと思うかもしれません。

      ● システムディスクが小さすぎる。コンピュータの使用中にディスクの空き容量が不足しているというメッセージが表示されたら、Windows 7パーティションのサイズを変更する必要があります。そうしないとファイルやアプリケーションを開くことさえできないです。

      ● データディスクが大きすぎる。大部分のディスク容量が1つのデータディスクになることです。そのディスクにすべてのデータを保存するならば、乱雑になると思われます。だから、Windows 7でパーティションサイズを変更し、もう一つパーティションを作成し、他のデータを保存する必要があります。

      ● ディスク上の不当なパーティショニング。ほとんどのPCは、顧客が購入する前にパーティショニングされていました。でもそれは顧客の望みの状態ではありません。数量とか、サイズとかを自分の好みによってもう一度調整したいかもしれません。

      ●使用と共に、Cドライブと名付けられたパーティションがよく使われますので、容量が益々少なくなっています。一方で、全く役に立たないパーティションをいつくか持っています。こんな場合でパーティションをリサイズしたいと思う人がいます。


とにかく、Windows 7でパーティションのサイズを変更する理由に関係なく、パーティションのサイズ変更を実行する方法を知っておくことは重要です。この記事では、三つのわかりやすい方法について詳しく説明しています。

内蔵ツールでWindows 7パーティションのサイズを変更

Windowsには、グラフィカルユーザーインターフェイスとコマンドユーザーインターフェイスの2つのユーティリティがあります。1つは[ディスクの管理]、もう1つは「コマンドプロンプト」です。では一つずつ知りましょう。

[ディスクの管理]でWindows 7パーティションのサイズを変更

1. Windowsキー+Rキーを合わせて押して「ファイル名を指定して実行」を開きます。「diskmgmt.msc」と入力して[OK]をクリックし、管理者として実行します。記憶域タブの[ディスクの管理]をクリックします。

2. サイズを変更したいパーティションを右クリックします。表示されたドロップダウンメニューから[ボリュームの縮小]または[ボリュームの拡張]を選択できます。ここで[ボリュームの拡張]を例とします。

ボリュームの拡張


3.
次のウィザードに従ってパーティションの拡張を完了します。

コマンドプロンプトでWindows 7のCドライブのサイズを変更

1. Windowsキー+Rキーを合わせて押して「ファイル名を指定して実行」を開きます。「cmd」と入力して管理者として実行します。

2. 以下のコマンドを順番に入力します。毎回の入力後、Enterキーをクリックします。

  • ● list disk

  • ● select disk n (nはターゲットパーティションがある場所です)

  • ● list partition

  • ● select partition m (ここで、mはサイズを変更したいパーティションです)

  • ● extend size=10240 (10GBまで拡張されます)

  • ● exit


Diskpartでパーティションを拡張するには、そのパーティションの隣に未割り当て領域があることを確認してください。そうでないと、操作を完了できない可能性があります。

上記の2つの方法は非常に簡単ですが、制限により無効と不便の場合があります。

例えば、ディスクに未割り当て領域がない場合は、選択したドライブの隣にある既存のパーティションを削除して未割り当て領域を生成し、パーティションの拡張を実行する必要があります。フォーマットせずにWindows 7でCドライブを拡張するため、もう一つ強力なツールをお勧めします。

無料ソフトでWindows 7のパーティションサイズを変更

AOMEI Partition Assistant Standard版は、パーティション管理フリーソフトであり、データを失うことなくWindows 7のパーティションサイズを効果的に変更できます。未割り当て領域が隣接していない場合は、[パーティションの結合]を使用してそのパーティションをターゲットパーティションに追加できます。

未割り当て領域がターゲットパーティションの前にある場合、パーティションを拡張することができます。つまり、右側と左側の両方に拡張できることです。

    NOTE: AOMEI Partition AssistantはWindows10、Windows8.1、Windows8、Windows 7、Windows Vista、それにWindows XP(すべてのエディション、64/32-ビット)をサポートしています。


1. まず、Cドライブを右クリックして[パーティションをリサイズ]オプションを選択します。

パーティションをリサイズ

2. この「パーティションを移動、リサイズします」画面で、スライダー右側の小さな円をクリックして反対方向に移動します(ここでCドライブの縮小を例とします)。その後、[はい]をクリックしてください。このパーティションを移動したいなら、「このパーティションを移動したい」にチェックを入れます。

パーティションを移動、リサイズ

3. ここでCドライブの変更を確認し、[適用]をクリックしてタスクをコミットしてください。表示された画面で[続行]をクリックし、変更を有効にします。

Cドライブの変更を確認し、[適用]をクリック

ヒント:数分かかり、再起動が必要です。

Windows 7でCドライブを縮小した後は、その未割り当て領域をDドライブに追加するか、新しいパーティションを作成することができます。

Dドライブに未割り当て領域を追加するには、「2つの未割り当て領域を結合する方法」を参照してください。この方法を使用すると、二つの未割り当て領域を結合するだけでなく、未割り当て領域と既存のパーティションを組み合わせることもできます。

新しいパーティションを作成するには、次の部分に進んでください。

無料でパーティションを作成

未割り当て領域を右クリックして[パーティションを作成]を選択します。

表示された画面で、新しいボリュームの情報を設定します。移動とサイズ変更はそのプロセス中に許可されます。

この新しいボリュームを名づけたいまたは種類を指定する場合は、[詳細]ボタンをクリックします。もっと多くの詳細が表示されます。次に、[はい]をクリックします。

無料でパーティションを作成
ディスク上の変更をプレビューします。[適用]と[続行]をクリックしてタスクを実行します。その後、進行状況画面が表示されます。

パーティションの作成を実行

    ノート:Windows 7パーティションのサイズを無料変更する場合に表示される進捗表示画面は上の画面と同じです。コンピュータを再起動する必要はありませんので、このツールはとても便利です。

まとめ

上記の手順は非常に簡単です。ご存知のように、Windows 10/7/8/8.1/Vistaのような高度なOSでも[ディスクの管理]には多くの制限があります。

上記のように、AOMEI Partition Assistantは他の機能も備えています。例えば、ブータブルUSBドライブを作成後、すべてのタスクをWindows PEモードで操作できます。

だから、サードパーティ製のツールPartition Assistantはパソコン使用者の我々にとって非常に重要です。

とにかく、以上です。ご参考になれば幸いです!

高級版の詳細

Win 10/8.1/8/7/XP

ディスクを完全管理

    NOTE: AOMEI Partition Assistant PRO版はWindows10、Windows8.1、Windows8、Windows 7、Windows Vista、それにWindows XP(すべてのエディション、64/32-ビット)をサポートしています。サーバーユーザなら、サーバー版を使用してください。