Byゆき / 最後の更新日時 2020年09月11日

Windows To Goについて

Windows To Go (W2G)はWindows 8/8.1およびWindows 10の内蔵ツールであります。それを使用してWindows To Go USBドライブを作成できます。つまり、BYOD(自分のデバイスを持ち込む)を可能にできます。そしてそれを使用して、どこでもコンピューターを起動できます。しかし、MicrosoftのW2Gの機能は沢山の制限があります。Microsoftが認定されたUSBだけを使用できます。その価格は高くて、容量は少なくとも32GBではないといけません。これらの認定されたUSBドライブは速い速度と良いメーカー保証があっても、ユーザーは安いものほうが好きです。最大の制限はWindows 8/8.1およびWindows 10のEnterpriseエディションだけでWindows to Go USBを作成できることです。

Rufusについて

Rufusは素晴らしいツールであり、ブート可能なUSBフラッシュドライブをフォーマットしたり、作成したりできます。ブート可能なISOからUSBインストールメディアを作成する必要がある、インストールされたOSがないシステムで作業する、DOSからBIOSまたは他のファームウェアを更新する時、Rufus Windows To Goはそれらを実現できます。しかし、ここではより良いフリーソフトAOMEI Partition Assistant Standardがあり、それは最高のRufusの代替ソフトです。フォーマットおよびブート可能なUSBフラッシュドライブの作成の他にもっと強力な機能を持っています。

最高のRufus Windows To Goの代替ソフト

AOMEI Partition Assistant Standardはディスクの管理に最高のフリーソフトです。それはWindowsの内蔵ツール「ディスクの管理」の沢山の制限を打破します。Windows 8/8.1およびWindows 10のEnterpriseエディションの内蔵機能Windows To Goを含みます。Windows To Go USBフラッシュドライブを作成するために、Windows To Go Creatorのツールを提供します。このソフトはWindows 8/8.1およびWindows 10 To Go USBインストールドライブを作成するために特別にデザインされます。フォーマット、W2G USBドライブの作成の他に、それは多い方法でHDDを管理できるので、確かに最高のRufus Windows To Go無料代替ソフトです。

Windows To Go Creatorの使用はMicrosoftのWindows To GoやRufusより柔軟です。Windows 8/10 Enterpriseではない場合、それも使用できるので、コンピューターのエディションを心配する必要がありません。古いUSBドライブでもそれを使用できるので、USBはマイクロソフト認定資格があるかどうかを心配する必要がありません。行う前に、準備する必要があります。

  • ● Windows 10 ISOまたはESDファイルを準備します。それはどこに位置するかを覚えてください。

  • ● 3.0ポートのUSBドライブを準備します。 USB 2.0ポートも大丈夫ですが、USB 3.0ポートのようにうまくいきません。AOMEI Partition AssistantはUSBドライブが少なくとも13 GBであることを要求します。


全てのことを準備した後、Windows To Go USBドライブの作成を開始できます。Windows 10 to Go USBドライブの作成を例としてしましょう。

ステップ 1. 事前に準備したUSB 3.0を挿入して、コンピューターはそれを検出できることを確保します。AOMEI Partition Assistantをダウンロードして、インストールし、起動します。主なインターフェイスの左側にあるWindows To Go Creatorをクリックして、このツールを開きます。

Windows to Go Creator

ステップ 2. 次のページで、ブータブルUSBドライブを作成できます。まず、「リロード」をクリックして、挿入したUSBドライブを選択します。「参照」をクリックしてWindows 10 ISOファイルを選択します。そして「続行」を選択します。

続行

USBドライブに何らかのデータがある場合、このプログラムは、続けるとUSB上の全てのデータを削除して、USBをフォーマットすることをリマインドします。USBに重要なことがあるなら、事前にそれらをバックアップしたほうがいいです。

ステップ 3. プログレスが完了したら、コンピューターを再起動して、このUSBドライブからWindowsをブートします。また、それを使用して、OSなしで他の任意のコンピューターを起動できます。この機能はWindows 8およびWindows10のためにデザインされますが、他の機能「ブータブルCD/USBの作成」ウィザードを使用して、他のWindows OSのために起動可能なメディアを作成できます。

それはWindows XP/Vista/7もサポートします。これに加えて、このフリーソフトを使用して、パーティションをリサイズ、OSをSSDに移動できます。GPTディスクからGPT/MBR SSDまたはディスクにOSを移動するようなより多いツールが欲しいなら、AOMEI Partition Assistant Professionalエディションにアップグレードして、より多いエクスペリエンスを取得する必要があります。