ByAOMEI / 最後の更新日時 2020年06月01日

Rufus Windows To Goとは

Rufus Windows To Goは、Windows用USBインストールメディアを作成する機能です。ポータブルUSBメモリをいつでもどこでも持ち運べ、このデバイスから任意のコンピュータでお持ちのWindows環境を利用することができます。つまり、異なる場所にいても同じWindows環境で作業できます。

ルーファスを利用するには、Windows 10、Windows 8.1またはWindows 8搭載パソコンでこのプログラムを実行する必要があります。Rufus経由でWindows To Goを作成する場合、RufusのWindowsバージョンはWindows ISOと同じバージョンでなければなりません。

そうでなければ、Rufus Windows To Goのオプションが見つからないかもしれません。USBメモリの容量は16GB以上でなければならず、32GB以上が一番適当です。認証済USBメモリは、認証されていないUSBよりも優れた性能を発揮します。

Rufus経由でWindows To Go対応のUSBメモリを作成

ルーファス経由でWindows To Go対応のUSBメモリを作成するのは簡単となります。適切なUSBメモリをお使いのパソコンに接続し、Rufusをダウンロードし起動し、メインインターフェースに入ります。その後、以下の手順に従ってください。

1. Windows ISOファイルを準備しておき、デバイスからUSBメモリを選択します。

2. パーティション構成とターゲットシステムの種類からパーティション構成を選択します。

3. ファイルシステムからNTFSファイルシステムを選択します。

4. CD様子のアイコンをクリックしてISOファイルを選択します。

5. Windows To Go」オプションをクリックします。

6.スタート」>「はい」>「確認」アイコンをクリックします。

注意:MBRパーティション構成のあるWindows To Goドライブを利用する場合は、「MBR BIOSまたはUEFIコンピュータ用のパーティション構成」を選択してください。確認の場合のみ、「GPT UEFIコンピュータ用のパーティション構成」を選択してください。

GPT UEFIコンピュータ用のパーティション構成

RufusでWindows To Goは利用できない

上記の通り、RufusはWindows To Goを作成する用素晴らしいツールです。ただし、ルーファスの使用中、Rufus Windows To Goが見つからないことがあります。不適切なWindowsシステムのせいで、こんなRufusのエラーは発生した場合が多いです。例えば、Windows 7でRufusを操作すると、Rufus Windows To Goオプションが表示されません。または、Windows 8またはWindows 8.1でRufusを操作し、ISOのバージョンは後者の場合も、Rufus Windows To Goオプションが表示されません。もしWindows 7搭載のコンピュータで、Windows 7のWindows To Goを作成すると、Rufus Windows To Goの代替方法を利用することをお勧めします。

Rufus Windows To Goの代替案

AOMEI Partition Assistant Proは、Windows To Goユーティリティを提供する使いやすいディスクパーティション管理ソフトです。Rufus Windows To Goと比較すると、より多くのオプションが提供され、Windows 7でWindows To Goを作成することができます。さらに、この素晴らしいRufus Windows To Goの代替ソフトを使用すると、USBドライブの要件が緩和されます。

三つのステップでWindows To Goワークスペースを作成

AOMEI Partition Assistantを充分に利用するために、操作手順の説明を次のように表示します。Windows To Goワークスペースを作成する前に、以下の準備をしておく必要があります:

● 13 GB以上のUSB3.0対応のUSBメモリーを準備しておき、お使いのパソコンに接続します。

● WindowsのISOファイルまたはESDファイルを準備します(ファイルの場所を覚えておいてください)。

● お使いのパソコンにAOMEI Partition Assistant Proをダウンロード、インストールしてください。

注意:この操作によって、ターゲットUSBメモリ上のデータが完全に削除され、フォーマットされます。始める前に、大切なデータをバックアップすることをお勧めします。

次に、以下の操作を行います(Windows 7でWindows To Goを作成することを例とします)。


ステップ 1.
AOMEI Partition Assistantを起動し、ソフトのメインインターフェイスの左パネルにある「全てのツール」と「Windows To Go Creator」をクリックします。

Windows To Go Creator

ステップ 2. 表示された画面に「パーソナルコンピュータ用のWindows to goを作成」と「Macデバイス用のWindows to goを作成」という二つのオプションがあります。システムによって選択します。ここで一番目のオプションを選び、WindowsPC用のWindows to goを作成します。

Windows 7 to goの作成の操作対象装置

ステップ 3. この画面でソースファイルを選択します。ここで二番目のオプション「現在のシステムでWindows to goを作成」を選びます。関連情報がその下に表示されますので、確認後、「次へ」をクリックします。

ソースファイルを選択

    注意:お使いのパーソナルPCのOSがWindows 7でないなら、Microsoftウェブサイトへ行き、Windows 7インストールファイルをダウンロードし、「ンストールディスク/ISOでWindows to goを作成」を選択しなければなりません。PCにWindows 7のISOファイルがあるなら、右側のフォルダ姿の青いアイコンをクリックして選びます。

    IOSでWintogoを作成


ステップ 4.
この画面でUSBメモリをターゲット場所として選択します。詳細処理をするなら、その「詳細処理」名前のアイコンをクリックして設定していいです。その後、「続行」をクリックします。

Wintogoのインストール場所を選択

ステップ 5. ここでデータ消去の警告が表示されます。もしUSB上に大切なデータが保存されているなら、予めバックアップしたほうが安全だと思います。「はい」をクリックして次へ進みます。

バックアップ警告が表示される

ステップ 6. ここまでソフト内の操作が完了しました。次は、BIOSで読者様のPCの起動優先順位を変更することです。まず、USBメモリを接続したままPCを再起動します。最初の画面が表示されたら、ファンクションキー(F2、F3、F4、F5、ESC)を押して、BIOSセットアップ環境に入ります。詳細手順は「クローンのターゲットディスクから起動します」をご覧ください。

BIOSで起動順位を変更

注意:

● USB2.0対応のUSBメモリは利用可能ですが、USB3.0対応のUSBメモリより時間がかかります。プロセス全体を加速するには、USB3.0フラッシュドライブとUSB3.0ポートを使用することをお勧めします。

● 互換性を考慮に入れると、Win2Goの作成時にマイクロソフトの公式サイトから提供されるISOインストールファイルを使用することをお勧めします。

まとめ

ここまで、Windows To Goワークスペースを完全作成しました!おめでとうございますヽ(〃'▽'〃)ノ☆゚!

とにかく、Rufus Windows To Goが見つからない場合は全然心配する必要はありませんね。絶好のディスクパーティション管理ソフトAOMEI Partition Assistantを使用して、USBドライブから起動できるWindows To Goワークスペースを安全で効率よく作成することができます。また、AOMEI Partition Assistantは、Windows 10/8/8.1またはWindows 7搭載のコンピュータでのWindows To Goの作成をサポートします。WindowsにもMACにも適用されます。

Windows To Go USBメモリを作成するほかに、ドライブレターを割り当ておよび削除未割り当てパーティションを結合SSDをフォーマットボリュームを削除などたくさんの機能を備えています。我々の日常生活と仕事に関連するパソコンディスク管理ですので、よろしければ、もう少しだけ読みましょう!

ご参考になれば、幸いです。もしご不明な点などがありましたら、遠慮なくご質問ください。弊社のメールは:[email protected]。ここまでありがとうございました。