Byゆき / 最後の更新日時 2019年12月19日

Samsung data migrationはクローンに失敗しました。このデータ移行ソフトウェアはSamsung SSDだけに適用できるためです。今のHDDをアップグレードする必要がある場合、Samsung SSDを使用しないでどのようにSSDへHDDをクローンしますか。

なぜHDDのクローンが必要ですか

HDDのクローンはHDD上のすべてのデータを他のHDDに転送することを指します。それは「コピー」および「貼り付け」と異なります。コピーして、貼り付けする時一部のデータはアクセスされることができません。例えば、一部のシステムファイルです。更に、移動の必要があるデータが沢山あるならそれは難しい仕事です。

通常に、毎日増加している一時ファイル、キャッシュと他のデータが伴って、空き領域は益々少なくなります。更に悪いことに、ディスクの容量不足という警告が出ます。それはコンピューターの速度に悪い影響を与えます。この状況で、今のHDDをより大きいHDDまたはSSDへアップグレードするのは賢い選択肢であるかもしれません。要求を満たすために、ユーザーにとってシステムと他のアプリケーションを再インストールせずにHDDをクローンするのは必要です。

HDDをクローンする方法

ご存知のように、Samsung Data Migrationは簡単にSSDへデータをクローンできますが、移動中で一部のユーザーは「Samsung Data Migration複製に失敗しました」ということを見つけます。データは望むようにSSDへ移動されることができません。実はSamsung Data MigrationはSamsung SSDだけに適用できるので、他のブランドのSSDを使用する場合、何のデータをクローンできません。

心配しないで、AOMEI Partition Assistant Professionalというサードパーティ製のソフトウェアを使用することができます。それはパーティションの管理を専攻します。使用しているSSDはどんなブランドであってもこのソフトを使用してデータ損失なしでSSDへHDDをクローンできます。

また、このソフトウェアはGPTへMBRを変換、SSDへOSを転送、CDブータブルを作成、ベーシックへダイナミックディスクを変換できます。すべての機能はWindows 10、Windows 8.1/8、Windows 7/VistaとWindows XPで働けます。Samsung Data Migrationよりそれは強力であり、互換性があります。

HDDのクローンの詳細手順

ステップ1:AOMEI Partition Assistant Proの体験版を無料ダウンロードして、インストールし、開きます。表示されるパーティションからクローンしたいパーティションを右クリックして、「ディスククローン」ウィザードをクリックします。ここでソースディスクが選択されました。

ディスクのクローンウィザード

ステップ2:ディスクの高速クローン」を選択して、「次へ」をクリックします。

ディスクの高速クローンを選択

ステップ3:他のディスク(ここではディスク2です)をクローン先ディスクとして選択します。そして「次へ」をクリックします。

ターゲットディスクを選択

NOTE:パーティションを選択する場合、次の警告が表示されます。データ損失を予防するために、その上の大切なデータを予めバックアップすることをお勧めします。もしそんなことをしたくないなら、未割り当て領域を選択したほうがいいと思います。

データ損失の警告

ヒント:

選択された宛先ディスクはSSDである場合、「SSDの性能を最適化」をチェックして、SSDの読み込みと書き込みの速度を向上させます。

ステップ4:ポップアップで、宛先ディスク上のパーティションのサイズを調整できます。ここでは3つのオプションがあります。「パーティションサイズを変更せずにコピー」、「ディスク全体にパーティションをフィット」、「ディスク上のパーティションを編集する」です。調整した後、「次へ」をクリックしてください。

パーティションの設定

ステップ5:ノートを読んだ後、「完了」をクリックします。

クローンノート

ステップ6:この操作を実行するために、「適用」をクリックしてください。

ディスクコピーを実行

ノート:

● クローンしたいHDDはシステムパーティションを含むなら、操作はPreOSモードで完了されます。

●「セクタ単位のコピー」方法を通して、削除、紛失されたファイルまでも宛先HDDにコピーされます。

●「ディスクの高速コピー」はソースディスクの使用した領域だけをコピーするので、以上の画面のように、宛先ディスクの容量はソースディスクより少なくてもいいです。「セクタ単位のコピー」は領域が使用されたかどうか関係なく全体ソースディスクをコピーするので、このモードで宛先ディスクはソースディスクより大きい、または宛先ディスクと等しい必要があります。それにそれはより長い時間がかかります。