Byゆき / 最後の更新日時 2020年08月03日

状況

ディスクの管理で、rawスペースをフォーマットし、またはHDD上の未割り当て領域で新しいパーティションを作成する場合、以下のエラーメッセージを取得するかもしれません:

選択されたGPT形式のディスクには、種類が 'PARTITION_BASIC_DATA_GUID' ではないパーティションがあります。このパーティションの前後には、種類が 'PARTITION_BASIC_DATA_GUID' のパーティションがあります!

原因

このエラーメッセージを得る前に、より小さなGPTディスクからのバックアップを復元するかもしれません。それに宛先のディスクは以前MBRパーティションテーブルを使用します。この復元プロセスはGPTパーティションテーブルで大容量ディスクのデータを上書きします。問題は、それがHDDの一部だけをGPTに変換して、残りのスペースをクリーンアップしないことです。システム復元の他に、宛先ディスクを上書きして、GPTパーティションテーブルでシステムをインストールする任意のプロセスは、全体HDDをGPTパーティションスタイルに変換するのに失敗します。そのため、このエラーメッセージを取得します。このHDDにGPT保護パーティションをフォーマットしたら、それをアクセスする時こんなエラーも現れます。

ソリューション

この問題を修正するために、起動ディスクのようなMBRディスクが確かに欲しいなら、ディスクを簡単にMBRに変換できます。ディスクの管理またはDiskPartユーティリティを利用して、MBRディスクにGPTを変換するのはHDD上のすべてのパーティションを削除する必要があります。幸いなことに、AOMEI Partition Assistant Professionalはデータが紛失し、OSに影響を与えずに、MBRにGPTを変換できます。GPTにMBRを変換するのも適用します。変換の後、Windows 10/8/7でGPT保護パーティションを取り除くことができます。

データ損失なしにMBRにGPTを変換します

ステップ1:コンピューターにAOMEI Partition Assistantをダウンロードして、実行します。この主なインターフェイスで、コンピューター上のHDDとパーティションの状態をすべて見られます。

ステップ2:エラーを与えたディスクを右クリックして、「MBRディスクに変換」を選択します。

MBRディスクに変換

ステップ3:「はい」をクリックして、このプロセスを確認します。

MBR変換を確認

ステップ4:そして、変換後のパーティションのレイアウトをプレビューすることができます。それらは自分の要求のようになる場合、「適用」をクリックして、操作を行います。

MBRへの変換を実行

このプロセスはAOMEI Pre-OSモードで完了されているため、コンピューターが再起動します。それが完了するかぎり、Windowsはもう一度ロードされます。そして、選択されたGPT形式のディスクには、種類が 'PARTITION_BASIC_DATA_GUID' ではないパーティションがありますというエラーなしで、新しいパーティションを作成し、既存パーティションの一つに未割り当て領域を結合することができます。