By Akira / 最後の更新 2021年11月09日

実例

ディスクの管理で、HDD上の未割り当て領域で新しいパーティションを作成する時、「選択されたGPT形式のディスクには、種類が 'PARTITION_BASIC_DATA_GUID' ではないパーティションがあります。このパーティションの前後には、種類が 'PARTITION_BASIC_DATA_GUID' のパーティションがあります!」というエラーメッセージが表示されます。どうすればよいでしょうか?ありがとうございました。

- ユーザーからの質問

選択されたgpt形式のディスクには、種類が…

「選択されたgpt形式のディスクには、種類が…」エラーの原因

MBR環境では、最大4つのパーティションを作成できますが、5番目のパーティションを作成しようとすると、このエラーメッセージが表示されます。

以下の例では、すでに4つのパーティションがあり、5番目の「新しいシンプルボリューム」を作成しようとしているため、オペレーティングシステムは自動的にディスクタイプをダイナミックディスクに変換します。その後、「選択されたGPT形式のディスクには、種類が 'PARTITION_BASIC_DATA_GUID' ではないパーティションがあります。このパーティションの前後には、種類が 'PARTITION_BASIC_DATA_GUID' のパーティションがあります!」というエラーメッセージが表示されます。

原因

「選択されたgpt形式のディスクには、種類が…」時の解決策

この問題を修正するために、まず、パーティションスタイルがMBRかどうかを確認します。MBRの場合は、パーティションを4つに減らす必要があります。GPTの場合は、GPTをMBRに変換する必要があります。

1. パーティションスタイルのチェック

手順 1. 検索ボックスに「ディスクの管理」と入力して、Enterキーを押します。調べたいディスクを右クリックして、「プロパティ」を選択します。

プロパティ

手順 2. 「ボリューム」タブをクリックするとパーティションスタイルの項目があります。下図は、MBRとなっているスクリーンショットです。

ボリューム

2. パーティションの削除

パーティションスタイルがMBRの場合、1つのパーティションを削除するだけで、4つのパーティションになります。ここで、専門的なディスクマネージャーAOMEI Partition Assistant Professionalを使用することをお勧めします。このソフトを利用して、データを消去せずにパーティションを削除することができます。このソフトのデモ版を無料でダウンロードして、以下の手順に従ってください。

Proのデモ版 Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速
動作確認の目的でのみ使用される

手順 1. AOMEI Partition Assistantを起動し、メイン画面で削除したいパーティションを選択し、右クリックして「パーティションを削除」をクリックします。

パーティションを削除

手順 2. 次のポップアップウィンドウで、1つの削除方法を選択します。ここでは2つのオプションがあります。

√パーティションの高速削除(データを消去せずにパーティションを削除します):このオプションを選択すると、削除されたデータは復旧/回復可能です。

√パーティションを削除して、そのデータを消去します:このオプションを選択すると、AOMEI Partition Assistantはパーティションを削除するだけでなく、その上のデータもすべて完全消去します。削除されたデータは、如何なるデータ復旧ツールにより回復できません。

必要に応じて、1つの削除方式を選んでください。そして「はい」をクリックして続行します。

削除方法

手順 3. 最後は仮想結果を確認し、問題なければ「適用」をクリックしてパーティション削除操作を実行します。

適用

ヒント:OSが正常に起動することを確保するために、AOMEI Partition Assistantは、システムパーティションを直接削除することを許可しません。システムパーティションを削除したい場合には、AOMEI Partition Assistantでブータブルメディアを作成し、ブータブルメディアから起動し、システムパーティションを削除することができます。

3. GPTからMBRへの変換

パーティションスタイルがGPTの場合、起動ディスクのようなMBRディスクが確かに欲しいなら、ディスクを簡単にMBRに変換できます。ディスクの管理またはDiskPartユーティリティを利用して、MBRディスクにGPTを変換するのはHDD上のすべてのパーティションを削除する必要があります。幸いなことに、AOMEI Partition Assistantはデータが紛失し、OSに影響を与えずに、GPTをMBRに変換できます。MBRをGPTに変換するのも適用します。変換の後、Windows 11/10/8/7でGPT保護パーティションを取り除くことができます。

以下の手順に従って、データ損失なしにGPTをMBRに変換しましょう!

手順 1. AOMEI Partition Assistantを実行して、エラーを与えたディスクを右クリックして、「MBRディスクに変換」を選択します。

MBRディスクに変換

手順 2. 「はい」をクリックして、このプロセスを確認します。

MBR変換を確認

手順 3. そして、変換後のパーティションのレイアウトをプレビューすることができます。それらは自分の要求のようになる場合、「適用」をクリックして、操作を行います。

MBRへの変換を実行

このプロセスはAOMEI Pre-OSモードで完了されているため、コンピューターが再起動します。それが完了するかぎり、Windowsはもう一度ロードされます。

まとめ

そして、MBRのパーティションを4つに減らすことで、種類が 'PARTITION_BASIC_DATA_GUID' ではないパーティションがありますというエラーは解決しました。また、AOMEI Partition Assistantを利用して、新しいパーティションを作成し、既存パーティションの一つに未割り当て領域を結合することができます。今すぐダウンロードしてお試しください!

AOMEI Partition Assistantそのほかのバージョン:Windows Server 2003、2008(R2)、2011、2012(R2)、2016、2019、2022のユーザーの場合、AOMEI Partition Assistant Server版を使用してください。また、社内の台数無制限のPC&Serverで利用可能なAOMEI Partition Assistant Unlimited版もあります。更に、AOMEI Partition Assistant Technician版を購入するIT専門家、システム管理者、技術者はクライアントに技術サポートを有償サービスとして提供することができます。ニーズに応じて適切なバージョンを選択しましょう~▶AOMEI Partition Assistant異なるバージョンの比較