By Asher / 最後の更新 2021年10月13日

Windows Server 2016をSSDドライブにインストールしましたが、どういうわけかブートモードはLegacy BIOSになりました。使用しているマザーボードはUEFIをサポートしています。したがって、SSDをUEFIブートモードをサポートするGPT形式に変換できますか?正しい形式で再インストールできることがわかっていますが、Server 2016を構築するのに数時間かかり、最初からやり直したくないので、再インストールせずにServer 2016でUEFIに変更する方法はありますか?

- あるユーザーからの質問

Server 2016におけるLegacyに対するUEFIの利点

UEFIとLegacy BIOSは、コンピューターを起動するための2つの異なる方法です。Legacy BIOSはマスターブートレコード(MBR)を使用してハードドライブに関する情報を保存しますが、UEFIはGUIDパーティションテーブル(GPT)を使用します。Legacy BIOSと比較して、UEFIはより強力で、次のようなより高度な機能を提供します。

UEFIブートモードはPCの起動を高速化するのに役立ちます。これは、より標準化された方法でPCを起動し、ドライブのマスターブートレコードからコードを実行する代わりにEFI実行可能ファイルを起動するためです。

UEFIファームウェアは2.2TB以上のハードドライブから起動できます。これは、UEFIはMBRではなく、GPTパーティショニングスキームを使用しているためです。

UEFIは1つのドライブ上の4つ以上のプライマリパーティションもサポートします。GPTパーティションスタイルのおかげです。

UEFIはセキュアブートをサポートし、コンピューターがマルウェアの攻撃や感染から防御できるようにします。OSの有効性をチェックし、起動プロセス中にマルウェアが影響を受けていないことを確認できます。

UEFIブートモードの利点により、多くのユーザーは、従来のLegacy BIOSをUEFIブートモードに変更することを決定します。しかし、OSを再インストールせずにServer 2016、2019、2022、Windows 10、11またはその他のオペレーティングシステムでUEFIに変換するにはどうすればよいですか?読み続けてください!

OSを再インストールせずにServer 2016でUEFIに変更する方法

UEFIとLegacy BIOSの簡単な紹介を通じて、UEFIはGPTディスクを使用し、LegacyはMBRを使用することがわかります。したがって、ブートモードを変換する前に、MBRディスクをGPT形式に変換する必要があります。

MBRをGPTに変更するには、最も一般的な方法は、Windows RE環境に入り、コマンドプロンプトを起動して、空のシステムディスクをGPT形式に変換することです。つまり、プロセス中にシステムパーティションと他の既存のパーティションを削除する必要があります。その後、ディスク上のすべてが消去され、オペレーティングシステムを再インストールするのに、余分な時間がかかる必要があります。

幸い、MBRをGPTに変換し、再インストールせずにServer 2016でLegacy BIOSをUEFIに変換するのに役立つ別のより良い方法があります。これは、信頼性の高いパーティションマネージャーであるAOMEI Partition Assistant Serverを利用して、ディスク上のパーティションに損傷を与えることなく、ディスクをMBRからGPTに、またはGPTからMBRに変換できます(インストールメディアを使用せずに、直接変換するためのWin Pre OSモードに入ることができます)。

PS:デモ版が付属しています。ボタンをクリックして今すぐダウンロードしてください。

Serverの無料デモ版 動作確認の目的でのみ使用
安全かつ高速
  • ✍先に進む前に、停電や操作エラーなどの予期しない問題によってデータが失われた場合に備えて、必要なすべてのデータをバックアップすることをお勧めします。

手順 1. AOMEI Partition Assistant Serverをインストールして起動します。システムディスクを右クリックし、「GPTディスクに変換」を選択します。

GPTディスクに変換

手順 2. ポップアップウィンドウで「はい」をクリックして操作を確認します。

はい

手順 3. メインインターフェイスに戻り、「適用」をクリックして変換を実行します。

適用

BIOS設定でLegacy BIOSからUEFIに変更する方法

MBRからGPTへの変換が完了したら、Server 2016でUEFIブートモードに変更します。

手順 1. Windows Server 2016を再起動し、BIOS画面でプロンプトが表示されたら、F2(コンピューターブランドによって、BIOS画面の起動、呼び出しキーは異なります。通常はESC、F1、F2、F8、F9、F10、F11、F12、ESC、Delete)を押し続けて、しばらく、BIOSセットアップユーティリティが表示されます。

手順 2. BIOSセットアップユーティリティで、上部のメニューバーの「ブート」タブに移動します。

手順 3. ブートメニュー画面が表示されます。UEFI/BIOSブートモードを選択し、「+/-」キーを使用して設定をUEFIに変更します。

レガシーBIOSからUEFIに変更する

手順 4. 「F10」を押して変更を保存し、画面を終了します。

その後、Windows Server 2016は設定したUEFIモードで起動します。

帰納

したがって、OSを再インストールせずにServer 2016でUEFIに切り替えるには、やることが2つあります。Server 2016システムディスクをMBR形式からGPT形式に変換してから、BIOS設定でブートモードをLegacyからUEFIに切り替えて、Server OSを起動します。AOMEI Partition Assistant Serverを使用して、この変換は非常に安全かつ簡単になります。さらに、サーバーを新しいハードディスクに転送したり、MBRを再構築したり、起動可能なメディアを作成したりするなど他のすばらしい機能があります。このようなソフトウェアを台数無制限のコンピューターにインストールするには、AOMEI Partition Assistant Unlimitedを試してください。