By Asher / 最後の更新 2022年04月15日

案例

Windows10でパーティションをプライマリに変換できない

私のコンピューターはWindows10を実行しています。コンピューターでデュアルブートするために、論理ドライブをプライマリパーティションに変更する予定です。しかし、論理ドライブを右クリックすると、プライマリパーティションに変更するオプションがないことがわかりました。論理ドライブをプライマリパーティションに変更するにはどうすればよいですか?ご助言ありがとうございます。

- あるユーザーからの質問

プライマリパーティションVS論理ドライブ

論理ドライブとプライマリーパーティションは、日常生活で最も見られるパーティションのタイプですが、多くのユーザーは、この2つのタイプの定義や相違点などについてよく分かっていません。

定義

プライマリパーティション」はシステム起動が可能なパーティションで、作成すると、1つのパーティションに1つのドライブ名が割り当てられます。プライマリパーティションの場合、作成可能な数に制限があり、Windows XPでは1つのディスクの中に最大4個まで作成が可能です。プライマリパーティションを4個作成すると、そのディスクにはそれ以上パーティションを作成することができなくなります。

論理ドライブ」は、物理ドライブを論理的に(パーティションによって)区切った仮想的なドライブのことです。論理ドライブは「拡張パーティション」の中に作成できるドライブです。しかも拡張パーティション領域では、多くの論理ドライブを作成できます。

相違点

重要性:プライマリーパーティションは論理ドライブよりもっと重要です。レガシーMBRのブートローダーはプライマリーパーティションのみから起動できる空です。MBRディスクに対して、プライマリーパーティションは不可欠なものであり、プライマリーパーティションがないと、コンピューターを起動することができません。

作成のパーティション数:MBRディスクには、最大4つのプライマリーパーティションを作成することができます。ただし、拡張パーティションを作成すると、プライマリーパーティションの最大数は3つとなります。拡張パーティションには、無数の論理パーティションが作成することができます。だから、4つ以上のパーティションを作成して各種のデータを格納したい場合は、MBRディスクに3つのプライマリパーティションと1つの拡張パーティションを作成することをお勧めします。

補充:「拡張パーティション」はシステム起動ができないパーティションで、作成しただけではドライブとして認識されません。パソコンにドライブとして認識させるには、拡張パーティション作成後に、「論理ドライブ」を作成する必要があります。拡張パーティションを作成するメリットは、拡張パーティションの中に複数の「論理ドライブ」を作成することができる点にあります。拡張パーティションの中に論理ドライブを作成すると、作成した論理ドライブそれぞれにドライブ名が割り当てられます。1つのディスクの中に作成できる論理ドライブ数には、ドライブ文字(アルファベット)の限界内で制限がありません。

プライマリパーティションに設定する原因

基本MBRディスクには、4つのプライマリパーティションまたは3つのパーティションに加えて、複数の論理パーティションを保持できる拡張パーティションを含めています。Windowsオペレーティングシステムはプライマリパーティションまたは論理パーティションにインストールできますが、ブートファイルはプライマリパーティションにある必要があります。したがって、パーティションを使ってブートする場合は、それをプライマリパーティションに設定します。

または、もう一つのOSをコンピューターにインストールしようとしますが、プライマリパーティションの領域が足りない場合、論理ドライブをプライマリパーティションに変換しなければなりません。なぜなら、全てのシステムファイルとブートファイルはプライマリパーティションに保存しなければならないからです。

Windows7でプライマリパーティションに設定する方法

プライマリパーティションと論理パーティションが何か、およびパーティションをプライマリパーティションに変更する理由を理解した後、パーティションをプライマリパーティションに変更する三つの方法を紹介します。論理ドライブのデータを気にしない場合は、方法1または方法2を選択できます。データの損失に悩まされたくない場合は、方法3に選んでください。

方法1.ディスクの管理でプライマリパーティションに設定する

注意:この方法では、これらの論理パーティション上のすべてのデータを削除します。データの損失を防ぐために、大切なデータを事前にバックアップしてください。

手順 1. デスクトップの「コンピューター」または「PC」を右クリックして「管理」→「記憶域」→「ディスクの管理」を選択します。あるいは、「Windows+R」キーを押し、「Diskmgmt.msc」と入力し、「はい」をクリックします。そして、論理ドライブを右クリックして、「ボリュームの削除」を選択します。

パーティションの削除

手順 2. パーティション上のすべてのデータを消去するように求められます。続行するには、「はい」をクリックします。

手順 3. 上記のように、論理パーティションは拡張パーティション上にあります。したがって、拡張パーティションを右クリックして、「ボリュームの削除」を選択します。

手順 4. 「はい」をクリック、スペースは未割り当て領域としてマークされます。

手順 5. 未割り当て領域を右クリックし、ポップアップメニューから「新しいシンプルボリューム」をクリックします。ポップアップウィンドウのウィザードに従ってプライマリパーティションを作成します。

新しいシンプルボリューム

PS:拡張パーティションに複数の論理パーティションがある場合は、すべての論理パーティションと拡張パーティションを削除し、プライマリパーティションを作成できます。

補充:ディスクに未割り当て領域がない場合は、既存のパーティションを縮小または削除して、未割り当て領域を作成する必要があります。

方法2.Diskpartでプライマリパーティションに設定する

手順 1. 「Windows+R」キーを押して、ボックスに「diskpart」と入力します。

手順 2. ポップアップウィンドウで、次のコマンドを入力し、各コマンドの後に「Enter」を押します。

list disk

select disk n(「n」は、プライマリパーティションに変換する必要のある論理パーティションを含むディスク番号です。)

list partition(すべてのパーティションの番号を一覧表示します。論理パーティション番号と、論理パーティションがある拡張パーティションの番号を覚えます。)

select partition m(「m」は変換する論理パーティション番号です。)

delete partition(すべての論理パーティションを削除します。)

select partition g(「g」は拡張パーティションの番号です。)

delete partition(拡張パーティションを削除します。)

create partition primary(プライマリパーティションを作成します。)

format fs=ntfs quick(「ntfs」はファイルシステムフォーマットで、「quick」フォーマットプロセスを高速化します。)

✎...ヒント:
ファイルエクスプローラーから作成されたプライマリパーティションにアクセスするには、ドライブ文字を割り当てることができます。
拡張パーティションに複数の論理パーティションが含まれている場合は、最初にすべての論理パーティションを削除する必要があります。

方法3.データを失うことなくプライマリパーティションに設定する

データを失うことなく論理ドライブをプライマリパーティションに変換する場合は、強力で信頼性の高いサードパーティのGUIパーティションツールであるAOMEI Partition Assistant Professionalを使用できます。Windows Serverを使用している場合は、AOMEI Partition Asssitant Serverを試してください。

Pro版をダウンロードして試してみてください。以下の手順を参照してください。

Proのデモ版 Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速
動作確認の目的でのみ使用される
注意:✎...
この変換方法でデータを破損しませんが、突然の停電やその他の人為的エラーによりデータが失われた場合があるので、事前に重要なデータをバックアップしてください。
変換するパーティションで他のアプリケーションが実行されている場合は、AOMEI Partition Assistantはそれらを閉じるか、操作をPre OSモードで実行するように求めています。

手順 1. AOMEI Partition Assistant Professionalをインストールして起動し、変換が必要な論理ドライブを右クリックして、「詳細設定」>「プライマリパーティションに変換」を選択します。

プライマリパーティションに変換

手順 2. 「はい」をクリックして続行します。

はい

手順 3. メインインターフェイスに戻り「適用」をクリックして操作を実行します。

適用

★注意事项:
間違ったパーティションを選択した場合は、「キャンセル」をクリックして操作を中止できます。
パーティションレイアウトの制限により、拡張パーティションに複数の論理パーティションがある場合、このソフトウェアでは、エッジの論理パーティションのみをプライマリ論理パーティションに変換できます。

まとめ

この記事では、パーティションをプライマリパーティションに設定する3つの異なる方法を示します。ただし、前述のように、基本のMBRディスクは最大4つのプライマリパーティションをサポートします。ディスクに多くのプライマリパーティションが必要な場合はどうなりますか?

幸い、GPTディスクは最大128のプライマリパーティションをサポートしているため、MBRディスクをGPTに変換することで問題を解決できます。パーティションを削除せずにMBRをGTPに変換するには、AOMEI Partition Assistantを使用してGPTに変換できます。MBRシステムディスクをGPTに変換する場合は、オペレーティングシステムとマザーボードがUEFIブートをサポートしていることを確認してください。

AOMEI Partition Assistantそのほかのバージョン:社内の台数無制限のPC&Serverで利用可能なAOMEI Partition Assistant Unlimited版があります。