By Jun / 最後の更新 2021年07月30日

Windows 7をインストールしたところ、次のようなエラーメッセージが表示されます。

「新しいシステムパーティションを作成できなかったか、既存のシステムパーティションが見つかりませんでした。」

既存のシステム パーティションが 見つかりませんでした。

エラーの原因はUSBメモリ(余計なストレージ)が挿さっていたことで上手くインストーラーが動作しませんでした。

上記の解決策は、ディスクに操作する必要があります(例えばパーティション構造等の変更、フォーマットなど)。次の方法に従ってください。

方法1.Windows 7を再インストールする

1. エラー情報が表示されたら、コンピュータからフラッシュドライブを取り外してください。

2. 「閉じる」をクリックします。(右上隅にある赤い十字です。)

3. 最初からインストールを開始します。

4. Windows 7エディションを選択した後、新しいエラーが発生します。それを無視してください。

5. エラーウィンドウで「OK」をクリックします。すると、インストールメインメニューに移動されます。

6. コンピュータにUSBフラッシュドライブを挿入します。

7. Windowsをインストールします。

方法2.ブータブルCDで修復する

方法1はWindows 7で使えますが、Windows 8、Windows 8.1または Windows 2008の場合使えません。では他のWindowsバージョンで解決できる方法をご紹介します。

USBフラッシュドライブからHDD(またはSSD)ドライブにすべてのインストールファイルをコピーして、ブータブルCDを作成します。その後、HDDからインストールを続行します。

詳細手順:

1. USBフラッシュドライブからWindowsインストールを起動し、F10キー+Shiftキーを押してコマンドプロンプトにアクセスします。

2. 「diskpart」と入力して「Enter」キーを押します。次のコマンドを実行します:(各コマンドを入力した後、Enterキーを押してください。)

● list disk(PC上のすべてのディスクを表示します。)

● select disk=0(ディスク0は宛先ドライブです、そして、このドライブ上のすべての情報が削除されます。)

● clean(ディスク0上のすべてのデータが消去されます。)

● create partition primary size=x(xは新しいパーティションのサイズです。)

● format fs=ntfs quick(パーティションはNTFSとしてフォーマットされます。)

● assign(ドライブ番号をパーティションに割り当てます。)

● active(パーティションをアクティブとして設定します。)

● exit(Diskpartを終了します。)

ブータブルCDを作成

3. 次に、コマンド「cd:d」を実行して、セットアップUSBドライブに移動します。(dはUSBドライブのドライブ番号です。)

4. 「cdboot」と入力し、「Enter」キーを押して、ブートフォルダーに移動します。

5. 「bootsect/nt60 c:」と入力して、新しく作成したパーティションを起動可能にします。

6. PCからUSBドライブを取り外します。コンピュータを再起動し、Windowsセットアップに入り、Windowsをインストールします。

7. ターゲットデバイスへのインストールが完了したら、そこからコンピュータを起動します。

8. 検索ボックスに「CMD」と入力し、リストされた結果の中から右クリックして、「管理者として実行」を選択します。

9. CMDウィンドウで、「list bcdedit」と入力し、Enterキーを押します。

10. リストされたコンテンツで、Windowsセットアップを見つけて識別子(PCのID、identifierの省略です。)をコピーします。

11. 「bcdedit/delete {identifier}」と入力して、起動画面から不要なメニュー項目を削除します。

この記事は、主に「新しいシステムパーティションを作成できなかった」のことを記載していますが、「ディスクの管理」、「diskpart」などのツールも言及しました。二つともパーティション管理のツールです。

コンピュータを使用している時に、ディスクパーティションの最適化とパーティション管理が非常に重要です。Windows「ディスクの管理」と「diskpart」は多くの制限があります。ここで、プロのディスクパーティション管理ソフトAOMEI Partition Assistant Professionalを紹介します。

AOMEI Partition Assistantが完全にWindows「ディスクの管理」と「diskpartコマンド」を代替できるプロのパーティション・ソフトウェアです。多くの便利な機能を備えています。

Proの無料体験版 Win 10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速

AOMEI Partition Assistantでパーティションを作成

AOMEI Partition Assistantの詳細機能については、ここをご参照ください

主な機能:

パーティションのリサイズ

MBRの再構築

Windows To Go Creator

SSD/HDDへとのOS移行

アクティブパーティションの設定

結語

この記事は「新しいシステムパーティションを作成できなかったか、既存のシステムパーティションが見つかりませんでした。」エラーを修復する方法について紹介しました。また、AOMEI Partition Assistant Professionalという強力な管理ソフトを紹介しました。是非使って見てください。

AOMEI Partition Assistantそのほかのバージョン:Windows Server 2003、2008(R2)、2011、2012(R2)、2016、2019のユーザーの場合、AOMEI Partition Assistant Server版を使用してください。また、社内の台数無制限のPC&Serverで利用可能なAOMEI Partition Assistant Unlimited版もあります。更に、AOMEI Partition Assistant Technician版を購入するIT専門家、システム管理者、技術者はクライアントに技術サポートを有償サービスとして提供することができます。ニーズに応じて適切なバージョンを選択しましょう~ ▶AOMEI Partition Assistant異なるバージョンの比較