Byゆき / 最後の更新日時 2020年08月04日

ディスクの管理でボリュームを縮小

空き領域より少ないボリュームを縮小するソリューションが沢山ありますが、多くのユーザーはWindowsの内蔵ツール「ディスクの管理」を使用するほうが好きです。「ディスクの管理」を開くために、「コンピューター」、「管理」をクリックするか、検索ボックスに「diskmgmt.msc」を入力してEnterを押すことができます。

「ディスクの管理」でボリュームを縮小します:

1. 縮小したいボリュームを右クリックし、「ボリュームの縮小」を選択します。

ボリュームの縮小

2. このプログラムは縮小可能な領域を照会し、次のポップアップは縮小に利用可能な領域のサイズを表示します。縮小する領域のサイズを入力して「縮小」をクリックします。

縮小

一般的に、「ディスクの管理」は入力したパーティションのサイズを正常に縮小できます。でも残念ながら、このボリュームにある縮小可能な領域のサイズは空き領域より少なくて、または操作は十分な空き領域がないで失敗するかもしれません。こういう時Diskpartを使用してみます。

Diskpartでボリュームを縮小します

Diskpart.exeツールを開くために、実行ボックスに「diskpart」を入力してEnterを押すことができます。またはコマンドプロンプトで「diskpart」コマンドを実行します。ボリュームを縮小するために次のコマンドを参照できます。

DISKPART> list disk

DISKPART> select disk「ディスクの番号」

DISKPART> list partition

DISKPART> select partition「パーティションの番号」

DISKPART> shrink desired=「MB単位のサイズ」

例えば、ディスク1上のパーティション2を縮小するために、次のコマンドを入力します:

list disk

select disk 1

list partition

select partition 2

shrink

Diskpartで縮小

もし縮小に望んだサイズのパラメータを指定しないなら、それは選択されたパーティションの最大サイズを縮小します。おそらく、「指定された縮小サイズは大きすぎます。ボリュームが、最小ボリュームサイズよりも小さくなります」というエラーを受けるかもしれません。縮小可能なサイズは空き領域よりはるかに少ない原因は「ディスクの管理」が警告したようにパーティションのサイズを最初の移動できない/ロックされたファイルの位置までに縮小できるだけです。ボリュームをデフラグして縮小可能な領域を少し増加できるかもしれません。また、システム復元ポイントを一時的に無効にするのは役立ちます。もしまだ好きなサイズにパーティションを縮小できないなら、サードパーティ製のパーティションマネージャーフリーソフトを使用する必要があります。

AOMEI Partition Assistantでボリュームを縮小します

ディスクおよびパーティションの無料管理プログラムとしてAOMEI Partition Assistant Standardは「ディスクの管理」があるすべての制限を解除します。移動できないファイルの位置と関係なく、それはパーティションのすべての空き領域をほとんど縮小できます。パーティションのより多い容量を縮小する方法を見つける場合、AOMEI Partition Assistantは良い選択肢です。

AOMEI Partition Assistantでパーティションまたはボリュームを縮小します:

1. このパーティションマネージャープログラムをダウンロードし、インストールして開きます。

2. 縮小したいパーティションを右クリックして「パーティションをリサイズ/移動」を選択します。

パーティションをリサイズ

3. 次のスクリーンで、パーティションの末端を左にドラッグするか、望んだ特定のパーティションサイズを入力します。そして「はい」をクリックします。

パーティションを縮小

4. HDDに任意の変更を適用する前に、このプログラムはパーティションレイアウトをプレビューできます。問題がないなら、「適用」をクリックして操作を実行します。

適用

それで終わります。AOMEI Partition Assistantで空き領域より少ないボリュームを縮小するのは簡単です。未割り当て領域で新しいパーティションを作成したり、パーティションを拡張したりしたい場合、このフリーソフトを使用してそれらを完成できます。また、AOMEI Partition Assistant Professionalは他の沢山の機能を持っています。例えば、ベーシックへダイナミックディスクの変換、GPTとMBR間のシステムディスクの変換、空き領域の割り当て、Windows 10/8 to Goの作成などです。サーバーユーザーについて、AOMEI Partition Assistant Serverを試すことができます。