ByAOMEI / 最後の更新日時 2020年08月04日

移動できないファイルとは

移動できないファイルはWindowsによって生成されたデータを指します。Windowsの内蔵ツール「ディスクの管理」はそれらを自動的に移動できません。例えば、ハイバネーション、ページファイルやシステムの保護です。デフォルトで隠されるので、ファイルエクスプローラーでそれらのファイルを見つけられません。そのため、移動できないファイルがあるボリュームを縮小している時、「Windows 10のディスクの管理」は縮小するのにほんの少しのスペースが利用可能です。時には、スペースを全然与えません。この問題を解決するために、手動でハイバネーション、ページファイルとシステムの保護を無効にできます。あるいは、サードパーティ製のパーティションソフトウェアを使用して、移動できないファイルを自動的に移動できます。

縮小

移動できないファイルを手動で無効にします

表示されていたヒントのように、移動できないファイルが格納されている場所までも含めて、ボリュームを縮小することはできません。この時、移動できないファイルを手動で移動する必要があります。まず、移動できないファイルをビューできるために、隠しファイルを表示させる必要があります。Windows 7/8/10で簡単かつ普通な方法はWindowsの検索を介することです。Windows 10である場合、ファイルの「フォルダーと検索のオプションの変更」をクリックして、「表示」を開きます。「保護されたオペレーティングシステムファイルを表示しない(推奨)」をチェックしません。

そして、「隠しファイル、隠しフォルダー、および隠しドライブを表示する」をチェックします。この問題を解決するために、できる限り沢山のシステムファイルを無効にする必要があります。次は、システムの保護を無効にして、「ディスク領域の解放」と「ドライブのデフラグと最適化」を実行します。Windowsの検索ボックスから、それらを簡単に見つけられます。

第三、コマンドプロンプトから「powercfg /hibernate off」コマンドを実行して、ハイバネーションを無効にします。第四、カーネルメモリダンプを無効にします。詳細設定/起動と回復/設定に移動して、「デバイス情報の書き込み」のドロップダウンメニューを「なし」に変更します。第五、コントロールパネル\システムとセキュリティ/システム/システムの詳細設定/パフォーマンス下の設定/詳細設定/変更のページングファイルを無効にします。またファイルエクスプローラーでc:\pagefile.sysファイルを削除します。

ページングファイルなし

その後、より多いスペースが利用可能で、パーティションを縮小できます。

移動できないファイルがある場合直接にパーティションを縮小します

AOMEI Partition Assistant StandardはWindows 10/8/7向けのフリーソフトであり、移動できないファイルが格納されている場所までも含める場合、移動できないファイルを手動で無効にする必要がないで、ボリュームまたはパーティションを簡単に縮小することはできます。AOMEI Partition Assistantで行うのはどんな便利ですか見てみましょう。

1. この無料パーティションマネージャソフトウェアをダウンロードして、インストールし、起動します。

2. 縮小されているパーティションまたはボリュームを右クリックして、「パーティションをリサイズ/移動」を選択します。

パーティションをリサイズ

3. 次のスクリーンで、スライダーを左側に向けてドラッグして、パーティションを縮小します。

パーティションを縮小

4. 「はい」をクリックして、パーティションのレイアウトをプレビューできます。問題が無いなら、「適用」をクリックして、操作を実行します。

適用

移動できないファイルがあるボリュームを縮小した後、未割り当て領域を得るはずです。AOMEI Partition Assistantはパーティションをマージ機能を提供して、未割り当て領域を任意のパーティション(連続、または同じディスクではない)に追加できます。また、AOMEI Partition Assistantはデータ損失なしにGPTディスクにMBRを変換、ブータブルメディアを作成、USBドライブからWindows 8/10を起動、OSに影響を与えずにダイナミックディスクをベーシックディスクに変換することもできます。