ByAOMEI / 最後の更新日時 2020年02月16日

Windows 7/8/10でSilicon Power(シリコンパワー)USBメモリー/ SDカード/メモリカードをフォーマットする時、「このディスクは書き込み禁止になっています」というメッセージが出てきましたか?最高のシリコンパワー書き込み禁止を解除するツールを試してください。

シナリオ

シリコンパワー64GBのUSB3.0フラッシュドライブを持っていると、書き込み禁止になっていますことを示すが、他のUSBメモリーは、このPC上で正常に動作できます。ファイルをコピーしている間にシリコンパワーUSBを取り外した後に問題が発生したようですが、私はどのように書き込み禁止を解除しますか、Silicon Power書き込み禁止を解除するツールはありますか?助けてください。

書き込み禁止

おそらく、ディスクが書き込み禁止になっているように、シリコンパワー8GB USBフラッシュドライブの書き込み禁止になっているエラーが発生する可能性があります。シリコンパワーSDカードは書き込み禁止になっており、フォーマットすることはできません。

なぜシリコンパワーのUSBメモリーが書き込み禁止になっていますか?

シリコンパワーUSBメモリーが書き込み禁止になっていることは、USBメモリー/メモリカード/SDカードが壊れていることを示しますか?書き込み禁止は、読み取り専用とも呼ばれ、シリコンパワーストレージデバイスのデータを読み取ることができますが、USBメモリー/ SDカード/メモリカードで新しいファイルを変更、削除、または作成する権限はありません。データのセキュリティのために設計されています。

ここでは、シリコンパワーUSBメモリが書き込み禁止になっている理由と、高速ソリューションで問題を解決する方法を説明します。

1.シリコンパワーUSBフラッシュドライブ/SDカード/メモリカードは、ライトプロテクトスイッチによってロックされています。問題を解決するには、シリコンパワーUSBフラッシュドライブ/SDカード/メモリカードのロックを解除するだけです。

2.シリコンパワーにはファイルがいっぱいになっていて、それを確認して不必要なファイルを取り除き、少しでもスペースを解放します。

3.シリコンパワーストレージデバイスがウイルスによって攻撃された可能性があります。ウイルス対策ソフトウェアを使用してウイルスを除去し、シリコンパワーUSBメモリー、SDカード、またはメモリカードなどから書き込み禁止になっています。

4.もし、お使いのシリコンパワーUSBフラッシュドライブが物理的に損傷すれば、別のUSBドライブを試してみてください。

5.Windowsレジストリキーの値が正しくありません。

6.いくつかの未知の理由によりファイルシステムが壊れています。

シリコンパワーUSBフラッシュドライブの書き込み禁止を解除する方法

高速ソリューションを除いて、シリコンパワーが書き込み禁止を解除するための信頼できる方法がいくつかあります。シリコンパワーUSBフラッシュドライブ/SDカード/メモリカードの書き込み禁止機能を解除するための最良の方法を2つ紹介します。1つはCMDコマンド、2つ目は強力なシリコンパワーライトプロテクトソフトウェアです。

DiskPartコマンドで読み取り専用のクリア

1. 「Win+R」キーを押してダイアログボックスに入ります。

2. 「diskpart」と入力します。

3. 次に、以下のようにコマンドを入力します。

list disk

select disk n(nは書き込み保護されたSilicon Power USBフラッシュドライブ、SDカード、メモリカードなどの順番です。)

attributes disk clear readonly

その後、シリコンパワーUSBメモリーまたは他のディスクストレージデバイスをコンピュータに再接続して、問題が解決しないかどうかを確認します。動作しない場合は、次に試してください。

Windowsレジストリキーの編集

シリコンパワーUSBメモリーは、Windowsレジストリキーの値が正しくないために書き込み禁止になっている可能性があります。書き込み禁止を無効にするには、Windowsのレジストリキーを編集する必要があります。方法は次のとおりです。

1. Windowsの検索ボックスに「regedit」と入力し、「regedit.exe」を選択してレジストリエディタに入ります。

2. 次は: Computer\HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\StorageDevicePolicies。(StorageDevicePoliciesが存在しない場合は、手動で作成します)

3. WriteProtectをダブルクリックし、値を1から0に変更し、はいをクリックしてUSBメモリーの書き込み禁止を解除します。

その後、コンピュータを再起動し、USBフラッシュドライブをもう一度挿入すると、USBが書き込み保護されていないことがわかります。 問題がまだ存在する場合は、次の方法で試してください。

USB書き込み禁止を解除するソフト-AOMEI Partition Assistant

お使いのUSBメモリーにファイルシステムが破損している場合は、USBメモリーをフォーマットすることが、書き込み禁止を解除するのは最も良いなことだと思います

AOMEI Partition Assistantは、Windows 7,8,10の強力なUSBディスクストレージデバイスフォーマットツールで、Silicon Power USBドライブ、SDカード、またはメモリカードをすばやくフォーマットすることができます。手順は次のとおりです。

1. USBメモリーをコンピュータに挿入します。AOMEI Partition Assistantを無料でダウンロードし、インストールして起動します。メインウィンドウで、USBメモリーを右クリックして、「パーティションフォーマット」を選択します。

フォーマット

2. 必要に応じて、Silicon Power USBドライブのパーティションラベル、ファイルシステム、およびクラスターのサイズを変更します。

ファイルシステム

3. 「適用」を押します。

適用

また、AOMEI Partition Assistantでは、USBメモリーの書き込み禁止を解除し書き込み禁止になっているSDカードをフォーマットすることもできます。このソフトウェアは、Kingston USB、SanDisk USB、Toshiba USB、Corsair USB、PNY USBなどにも適用されます。

関連記事:

Windows 10/8/7でKingston USB書き込み禁止を解除する最高のソフトウェア

Windows 10/8/7でUSB メモリーの書き込み禁止の解除

Imation USBから書き込み禁止(読み取り専用)を解除する方法