ByAOMEI / 最後の更新日時 2020年08月04日

状況

「ディスクの管理」を使用して、一つのボリュームまたはパーティションを縮小している時、縮小されたパーティションは沢山の未使用領域があっても、縮小可能な領域のサイズが0と出てしまうことを見つけるかもしれません。ユーザーはシステムパーティション(C:ドライブとして知られる)のサイズを変更してみる時、常にこの問題に遭います。

縮小可能な領域ない

原因

「ディスクの管理」のボリュームの縮小のウィンドウで「縮小後の合計サイズ」の下にある「移動できないファイルが格納されている場所までも含めて、ボリュームを縮小することはできません。」という警告ノートによると、縮小してみるパーティションの末端に必ず移動できないファイル(ページファイルやシステムファイル)が存在することが分かります。

ソリューション

この問題を修正するために、縮小可能な領域を増加するのに移動できないファイルを削除したり、無効にしたりできますが、難しいことはボリュームの縮小を止めるファイルを見つけることです。そのため、多いシステムファイルをできるだけ無効にする必要があります。まず少なくともシステムの保護、休止状態(ハイバネーション)、カーネルメモリダンプとページファイルを無効にすることができます。そして、「ドライブのデフラグと最適化」、「ディスククリーンアップ」を実行します。これらの操作は「ディスクの管理」にある縮小可能な領域を増やすことができます。実は、縮小可能な領域がないことを心配せずにボリュームを縮小するにはよりシンプルかつ安全な方法があります。それはサードパーティ製のフリーウェアAOMEI Partition Assistantを使用することです。このツールは移動できないファイルを持つボリュームを縮小するのに問題がありません。AOMEI Partition Assistant StandardはWindows 10/8/7向けの無料パーティションマネージャーソフトウェアであり、移動できないファイルがどこにあるか関係なくボリューム/パーティションを縮小できます。

AOMEI Partition Assistantを使用して、パーティションを縮小します:

1. このパーティションソフトウェアをダウンロードして、起動します。

2. 縮小の必要があるパーティションを右クリックして、ドロップダウンメニューで「パーティションをリサイズ/移動」を選択します。

パーティションをリサイズ

3. それはパーティションを移動/リサイズできるスクリーンに移動します。スライダーをドラッグして、両側からパーティションを縮小できます。縮小したいパーティションのサイズを入力することもできます。

パーティションを縮小

4. 縮小後のパーティションのレイアウトをプレビューします。問題がないなら「適用」をクリックして、操作を実行します。

適用

縮小のプロセスはすぐに完了します。ディスクに未割り当て領域が出ます。未割り当て領域を利用して、新しいパーティションを作成、隣接したパーティションを拡張、またはAOMEI Partition Assistant ProfessionalやServerエディションのような有料版がある 「パーティションをマージ」機能で隣接しないパーティションに未割り当て領域を追加できます。また、AOMEI Partition Assistantは他の有用な機能が沢山あります。例えば、SSDへOSを転送、データ損失なしでベーシックディスクへダイナミックを変換、ブータブルメディアを作成することです。結論として、AOMEI Partition Assistantを試した後、縮小可能な領域のサイズが0と出てしまいますという問題を二度と心配する必要がありません。