By Akira / 最後の更新 2022年09月15日

SSDについて

SSD(ソリッドステートドライブ)は、読み取りと書き込みの速度が速くて、ストレージスペースが大きいため、PCユーザー、特にゲーマーにとって非常に魅力的です。ただし、すべての機器は適切なメンテナンスが必要です。SSDのスペースはいっぱいになると、アプリまたはゲームの実行速度が低下します。この時SSDのスペースを解放することで、SSDのパフォーマンスを向上させます。

SSD

この記事では、Windows内蔵機能とサードパーティーソフトを使用して、SSDの領域を解放する方法について紹介します。

Windows 10内蔵機能でSSD領域を解放する対策

対策1.システムの保護を無効にする

システムの保護は、PCの問題を修復するためのものであり、多くのスペースを占有します。したがって、システムの保護を無効にしてスペースを解放することができます。

1. 「PC」を右クリックし、メニューの「プロパティ」をクリックします。

プロパティ

2. 左側の「システムの保護」を選択します。

システムの保護

3. ターゲットディスクを選択し、「構成」をクリックします。

構成

4. 「システム保護を無効にする」を選択し、「OK」をクリックします。

OK

対策2.ごみ箱をクリーンアップする

いくつかの大きなファイルを削除した後は、ごみ箱を空にすることを忘れないでください。自動クリーンアップを設定してごみ箱を定期的に空にすることができます。

1. 検索バーで「タスクスケジューラ」を検索し、「Enter」を押します。

2. 「タスクスケジューラライブラリ」を右クリックし、「新しいフォルダー」を選択します。フォルダに名前を入力し、「OK」をクリックします。

新しいフォルダー

3. 次に、新しく作成したフォルダを右クリックして、「タスクの作成」を選択します。

タスクの作成

4. 「ごみ箱のクリーンアップ」などのタスクの名前を入力します。

名前

5. 「トリガー」タブで、「新規」をクリックします。定期的にクリーンアップするようにスケジュールを設定し、「OK」をクリックします。

トリガー

スケジュール

6. 「操作」タグで、「新規」をクリックします。

操作

7. 「プログラム/スクリプト」にcmd.exeと入力します。「引数の追加」に/c "echo Y|PowerShell.exe -NoProfile -Command Clear-RecycleBin"と入力し、「OK」をクリックします。

cmd

8. 自動的「操作」タグ画面に戻り、「OK」をクリックして保存します。

OK

対策3.ハイバネーションを無効にする

ハイバネーションモードでは、システムドライブに「hiberfil.sys」が生成されます。SSDのスペースを解放するために無効にすることができます。

1. Windowsキー+Xキーを押して、「コマンドプロンプト(管理者)」を選択します。

2. powercfg.exe /hibernate offを入力し、Enterキーを押します。

無効

3. exit を入力し、Enterキーを押します。

対策4.ディスクをクリーンアップする

1. エクスプローラーを開けます。

2. ディスククリーンアップしたいドライブを選択し、ウィンドウ上部に表示される「管理」をクリックしメニューを表示させてから「クリーンアップ」をクリックしてください。

クリーンアップ

3. ファイル一覧のチェック項目を確認し、削除するファイルにチェックしたら「OK」をクリックして実行します。

ok

便利なツールでSSDディスク領域を解放する

上記の方法でSSDの容量を解放できますが、プログラムがディスク上のスペースを占有しすぎていることがあります。ただし、Windowsでインストールされたプログラムを移動するには多くの制限があり、起動に失敗するリスクが非常に高いです。アンインストールして、再インストールするのに時間かかります。プログラムを十分な空き容量のある別のハードドライブに移行して、多くの容量を解放できます。

ここで、強力なサードパーティーソフトAOMEI Partition Assistant Professionalを紹介します。「アプリ引っ越し」機能を使用すると、インストールしたプログラムをすばやく安全に移動し、以前と同じように完全に実行できるようになります。その他、その「PCクリーナー」機能は、コンピュータのすべてジャンクファイルを見つけて、クリーンアップできます。これにより、容量がほぼいっぱいコンピュータのストレージ容量を解放し、コンピュータのパフォーマンスを良好な状態に保つことができます。

以下はこの二つの機能を分別を紹介します。

Proのデモ版 Win 11/10/8.1/8/7/XP
安全かつ高速
動作確認の目的でのみ使用される

1. 「アプリ引っ越し」機能

1. AOMEI Partition Assistant Professionalをインストールして起動します。「全てのツール」⇒「アプリ引っ越し」をクリックします。

アプリを引っ越し

2. 「アプリを移動」と「フォルダを移動」2つのオプションがあります。ここでは「アプリを移動」を選択します。

ノート: 「フォルダを移動」を選択すると、アプリ関連のキャッシュやダウンロードフォルダ、その他大きなフォルダを別ドライブに移行することができます。

アプリを移動

3. 各パーティションの移行可能なアプリの数と容量が表示されます。どのパーティション上のアプリを移行したいか選択して「次へ」をクリックします。

選択

4. 選択したパーティション上のすべての移行可能なアプリが表示されます。移動したいアプリと移動先を選択して「移行」をクリックします。

アプリを選択

5. 移行中に実行中のアプリを強制終了するという警告メッセージが表示されます。問題なければ「はい」をクリックして操作を実行します。

開始

完了までお待ちしてください。また、「大容量ファイルを削除」機能により、SSDを効果的に解放することができます。

大容量ファイルを削除

2. 「PCクリーナー」機能

1. AOMEI Partition Assistantをインストールして起動し、「すべてのツール」>「PCクリーナー」をクリックします。

PCクリーナー

2. ポップアップウィンドウで、「スキャン開始」をクリックして、ンピュータをスキャンして不要なファイルを探します。

スキャン開始

3. ジャンクファイルのスキャンが完了するまで、しばらくお待ちください。

4. スキャンが完了すると、システムのジャンクファイルとレジストリのジャンクファイルが一覧表示されます。不要なデータが自動的に選択されます。「すべてをクリーン」を直接クリックして削除できます。他に不要なファイルがある場合は、対応するファイルのボックスにチェックを入れることができます。

すべてをクリーン

結語

この記事はWindows内蔵ツールでSSDのスペースを解放する四つ対策とサードパーティーソフトで解決する方法について紹介しました。AOMEI Partition Assistant Professionalはアプリ移行だけでなく、OSのクローン、MBRの再構築、空き領域の割り当て、SSDの完全消去など強力な機能もあります。

AOMEI Partition Assistantそのほかのバージョン:Windows Server 2003、2008(R2)、2011、2012(R2)、2016、2019、2022のユーザーの場合、AOMEI Partition Assistant Server版を使用してください。また、社内の台数無制限のPC&Serverで利用可能なAOMEI Partition Assistant Unlimited版もあります。更に、AOMEI Partition Assistant Technician版を購入するIT専門家、システム管理者、技術者はクライアントに技術サポートを有償サービスとして提供することができます。ニーズに応じて適切なバージョンを選択しましょう~▶AOMEI Partition Assistant異なるバージョンの比較